越後妻有で3年に一度行われるトリエンナーレとは別に毎年夏に小規模ながら大地の芸術祭を開催している。そして、この夏で「再構築」という僕の好きな作品が公開終了するということもあり、この夏も越後妻有へと行ってきた。

早朝に家をでて、まずやってきたのは「たくさんの失われた窓のために」という作品。越後湯沢方面から車でやってきて最初に出会うあたりにある作品なのでみる機会が多いのだが、里山が一望できる風景を借景にした大きな窓枠とカーテンは、色んなことを考えてしまう。

このブログを確認したら結構前から何度も訪れているアート作品のひとつだ。

僕にとっては越後妻有にある作品群のなかで、再構築とともに好きなものなのだけど、なんで好きなのかってことを考えてみると、これがよくわからない。なんとなく、作品名にもついているけれど、この窓からみえる風景は美しいけれど、色んなものが失われてきていてその

ここからみえる里山の風景は決して昔の里山じゃなくて、ちょっと失われつつある風景に「もののあはれ」みたいなものを感じているのかなってことだ。山並みには、柏崎から東京までのびる高圧線がひかれていたり、田園のなかにはまっすぐにアスファルトの道路が敷かれていたり、便利さと引き換えに結構いろいろなものを失っているような気がする。でも、もうこの便利さを返してもとに戻すってこともないんだよなあ、とも思う。なので、もう戻らない失われたものを感じる。

丘の上にたっていることもり、風にゆれるカーテンは涼しげで、その風景も含めて里山から失われた風景を通して、自分のなかで失ったものを考えているのかもしれないな。そんなことを考えていた。

Related Post

早春の秋山郷、見倉橋あたりを散歩してきた... 雪解けしたばかりの越後妻有、秋山郷のあたりをトレッキングというほどではないが、散歩してみることにした。このあたりは名水百選にも選ばれた龍ヶ窪とか豊かな自然や里山の風景が残っている。 ただ、冬は相当に厳しい季節なんだろうなあって思わせるものがあった。そして、この秋山郷を奥に進んでいくと山の向こう...
源光庵のふたつの窓「迷いの窓」「悟りの窓」をみてきた... 京都で紅葉となると寺院になることもあり、今回の旅では、ひさびさに寺院をめぐる旅をしている。ここ数年の京都旅では「寺院めぐりなんて修学旅行っぽい」とあまり見てまわらなかったのだが、ひさびさに来てみると新しい発見があったり、思いがけず美しい風景にめぐり会ったりと楽しめるものだなと改めて実感する。 ...
二ヶ領用水(川崎)の桜並木をみてきた 関東圏の花見シリーズ、最近になって話題になってきている二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)の桜をみてきた。江戸時代に多摩川から引き込んだ用水路で南武線の登戸駅から宿河原駅の間くらい。 みどころは宿河原駅にほど近いところにある。あたりは普通の住宅地で南武線が通っているので桜と南武線という組み合わせをなが...
とんかつ つまりへの再訪、やっぱり抜群に美味しい... 前回の訪問から3ヶ月ちょっと経って再び、とんかつ つまりへ訪問。近所のお店より来ている気がするな。 店名が変わっても食事の品質に変わりはなく、豚肉の美味しさを楽しむことができる。僕としては越後妻有エリアのなかで由屋とともにおすすめしたい地元のお店。 津南産の妻有ポークを熟成させたものは、...
美瑛の絶景「青い池」はお昼くらいに行くのもいいかと思う。... 美瑛にある奇跡のように美しい「青い池」。前にいったときには全然人がいなくて、こんな狭いところ入っていくのかよと思ったのだが、いまではカーナビに場所が示されているし、観光バスが止まれるような駐車場まで整備されている。すっかり美瑛の観光地として定着している。 今回ひさびさに訪れたけれど、みやすいよ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください