今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。

思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみるとまわりの風景を反射してそこに溶け込んでいるみたいにみえる。ときおり吹く風で草原の緑がそよぐ動きが映り込み、それはなんだか現実世界がちょっとゆがんでいるかのような感じがする。

この作品をつくった行武治美さんはガラスや鏡をつかったインスタレーションを作り出すアーティストであり、普段つかっているものが形をかえてみえることで世界まで変わってしまうかのようだ。小屋の老朽化が進んでしまい、2017年の夏で最後の公開となることが決定。撤去されてしまう前に、もう一度じっくりと作品に向き合ってみたいなあと思ってここまでやってきた。

雑誌の表紙とかでも何度か見かけたこの建物は、赤い屋根もかわいくて絵本のなかの風景みたいだ。小屋は外側だけでなく、内側にも楕円形の鏡がびっしりと貼り付けてある。建物の内側についている鏡はちょっと揺れる取り付け方になっていて、人が歩いた拍子や風が通り抜けると、ゆらゆらと鏡が不規則にゆれて、風や光の動きがみえるかのようだ。

外側の鏡はなんかいままで一番くっきりときれいに磨かれていたと思うのだが、外の風景をうつしこんでいて、遠目にながめると草原のなかに溶け込んでいるかのようだ。近くにくると空の光がはいってきたり、やはり風の動きで草が動くと小屋の鏡にも動きがあって現実世界がすこし浮遊しているかのようにみえる。この揺らいだ感覚がとても好きな作品なのだが、この夏で見納めになるとは。とても残念だけど、夢のように美しい作品だったと思う。

 

 

Related Post

アジアソサイエティーセンター香港で写真展をみてきた... 旅先でみる現代アートってその国がもっている感性の一端がみえるようでなんだか楽しい。同じものを扱っていても情報のまとめ方なんかが違っていて、ちょっと新鮮な感覚がある。それが全てなわけではないけれど、少しその国に対して理解が深まったような感じがする。 今回の旅では金鐘にあるアジアソサイエティセンタ...
スイティエン公園は強烈な体験だった・・... 世界でトップクラスに有名で、「狂ったディズニーランド」ともいわれているスイティエン公園にいってきた。 場所はホーチミン シティの北東9区にあって、ベンタイン市場のバスターミナルから19番のバスに揺られること60~90分ほど。バスの車掌に「スイティエン」っていうとバス料金教えてくれるのでそのまま...
市原湖畔美術館で「ロマネコンティ・ピクニック」をみてきた... 市原湖畔美術館 市原湖畔美術館で開催されているEAT&ART TAROの「ロマネコンティ・ピクニック-美味しいの探し方-」という展覧会をみに行ってきた。 市原湖畔美術館といえば、去年の「いちはらアートミックス」の会場だったのだけど、駐車場が高くてスルーしたところ。 しかし...
まさに「秋はもみじの永観堂」という必見の豪華さ... 南禅寺から10分くらい歩いて行くと禅林寺という名前が本来の呼称だが、永観堂の通称で知られているお寺にやってくる。ここは「秋はもみじの永観堂」として有名なお寺らしい。僕はもともと京都にすごく詳しいわけではないが、ここには初めてきた。 拝観料は特別展だか特別期間とかで1,000円(2017年現在)...
清水寺の紅葉は2020年までおあずけという感じ... この京都旅行は2016年に行ったものなのだが、たしかに一部で修繕工事をしていた記憶がある。そして、この旅のあと2017年2月からは本堂を覆う本格的な修復工事に入ったみたいで、現在はすっぽりと覆いに被さっているらしい。 工期は2020年までかかる大規模な工事とのことで、覆いが被さった清水寺の風景...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください