今回の越後妻有への旅で、「再構築」とともに気になっていたレアンドロ・エルリッヒの新作を観に行くことができた。三省ハウスという廃校をリノベーションしたドミトリーの宿泊施設があるのだが、そこの共有スペースに作られた「Lost Winter」という常設の作品となる。レアンドロ・エルリッヒらしい、さっかくやギミックがあふれた作品になっている。

三省ハウスは越後妻有の松之山地区にあって、松代の農舞台から車で15-20分くらいのところにある。近くには松之山名物の「志んこ餅」というコシヒカリから作った和菓子をつくっている小島屋製菓店があるので、忘れずに買っておきたい。三省ハウス自体はドミトリーがメインの宿泊施設になっているので、僕はあまり興味がないのだが、このエリアを安く旅するには便利そうなところだと思う。

三省ハウスの周囲は山深い山村という感じ。

レアンドロ・エルリッヒはアルゼンチン生まれの現代美術のアーティストで、金沢にある21世紀美術館の「スイミング・プール」という作品が有名。越後妻有だと十日町のキナーレに「トンネル」という、これもまた目の錯覚のような不思議な遠近法の作品があってこれもおもしろい。レアンドロ・エルリッヒは「思い込みの積み重ねこそが現実だ」という言葉を残しているようだけど、たしかに自分のみている世界はじつはちょっとゆがんでいて、こうに違いないっていう思い込みが、作品を通してさらっとあしらわれていて、それがちょっと楽しい。

Lost Winter
真夏にみる電子暖炉がシュール
窓の外には雪景色

「Lost Winter」は真夏にみる冬の幻影みたいなところがあって、窓の外は真夏の日差しで緑がしげっている。そして室内も日陰とはいえ結構あついのだけど、部屋には電子暖炉がついていて部屋の中にあるもう一つの窓からは雪景色がみえる。暖炉は別に暑くもなく、普通なのだけど真夏なのにあたたかい光があったり、ラウンジは落ち着いた雰囲気があって夏なのに冬っぽい。

そして、窓をのぞき込むと、向かい側ではなく、なんか窓の向こうの変な方向から僕がこちらをのぞき込んでいる。なので、身体を動かして場所を確認しようとするとまたずれていくという変な感覚がある。たまに木が風にそよぐかのように動いたりもして、ほんとうに真冬の夜に小さな中庭の風景を眺めているかのようだ。この錯覚した感覚がレアンドロ・エルリッヒの作品の面白さだなって思う。この作品はほかのものと比べるとまったく写真映えしないのだが(真夏なのに真冬というのは絵で表現しづらい)、これこそ体験してこそのアートなのだろうな。

この松之山も8月から半年も経てば雪に閉ざされたエリアになるのだが、そんなことを考えながら暖炉の光を不思議な感じで眺めたりするのもまた楽しい時間だと思う。真夏なんだけど。

三省ハウス
新潟県十日町市松之山小谷327

Related Post

水戸芸術館で開催していた石川直樹個展「この星の光の地図を写す」を観てきた。... 今回の旅における大きな目的のひとつは、水戸でやっている石川直樹の個展を観にいくこと。ちょっと意外だったのは初の大規模個展ということだ。登山家や探検家として有名になった人だけど、僕が思う印象は人を撮るカメラマンという感じ。 グラビア写真を撮るということではないけれど、各地を旅していきながら人を撮...
VVG Something 好様本事 – 独特の世界観がある美しい書店... たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にする...
春の北信州日帰り旅 ゴールデンウィークには予定がなかったのだが、あまりにも天気がよかったので1日だけ日帰りで旅をしてきた。向かったのは長野の飯山から新潟の越後妻有にかけての北信州エリア。 2年前の夏にやはり日帰りでいった越後妻有の旅とは逆のルートで長野から新潟へ千曲川沿いにくだっていった。 まず訪れたのは飯...
美しい森の奥に神秘的な池がある – 龍ヶ窪... 津南の奥の方にあるのは知っていて、その水の美味しさから気になっていた龍ヶ窪へ行ってみた。 津南の市街地からだとクルマで10分くらいだろうか。それほど奥地というわけでもない感じ。意外に開けているなっていう場所にあった。駐車場も整備されていて、協力費を支払う必要がある。 ゴールデンウィーク...
中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください