松代でランチを食べてから、例年の小旅行コースで定番の小布施方面へと向かおうかと思ったのだけど、ちょうどひまわりのシーズンだったので少し寄り道して津南のひまわり広場へと行ってみることにした。

津南のひまわり広場は秋山郷へ向かう方面にあって龍ヶ窪の近くにある。龍ヶ窪と一緒に行ってもいいかも。少し山道をあがっていくのでその途中の風景も美しい。ひまわり広場は広い駐車場が用意されていて、有料だけど車で行くのが便利。

ひまわり畑はかなり広くて、迷路みたいなものもある。昼間に行くとうんざりするくらいに暑くてうんざりするくらいだが、夕方くらいに行くとひまわり畑の向こうに沈む夕陽がみえたりして美しい。夕方にいくのも悪くはない。

今回はランチあとすぐのまさにいまが一番暑い時間!というタイミングで訪れたのでひまわりを眺めて早々に日陰に逃げ込んだ。広場には出店があって、ちょっとしたお祭り会場みたいになっている。かき氷はシロップかけ放題!というので、ハワイにあるマツモトシェイブアイスみたいな感じにしようかとちょっとずつ色んなものをかけてみたのだが、色合いのバランスとかをとったりするのが案外難しくて、あの丸いカラフルなかき氷作るのにも技術は必要なんだなとか妙なところで思い出したりした。

僕としてはかき氷よりも、地元の野菜をつかった「津南野菜のジェラート」というものが気になった。枝豆やかぼちゃ、雪の下にんじんなどのフレーバーがあってちょっと前衛的な感じもある。

いくつかは売り切れてしまっていたので「スイートコーン、かぼちゃ、雪の下にんじん」の似たような色合いセットになってしまったのだが、とくにスイートコーンのジェラートはびっくりするくらい美味しかった。冷製コーンスープみたいな感じもあってデザートのような食事のような美味しさがある。これ、普段から食べたいなあって思える美味しさだった。

ひまわりもきれいだし見どころあるけれど、こんな出店を食べ歩いてまわるのも津南ひまわり畑の楽しみ方かもしれない。

津南ひまわり広場

Related Post

中之条ビエンナーレ2013(六合編) 季節はすっかり秋めいてきて、芸術の秋っていう雰囲気。 ということにつられてってことではないのだが、群馬の中之条で2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観に行ってきた。僕のなかでは、数ある地方芸術祭のなかでは最も好きなもののひとつ。 美しい秋の里山風景とともにホスピタリティを感じ...
アンコール遺跡巡り(マイナー編) アンコール遺跡群巡りについて、メジャーどころをまわってみて、興味が出てきた!とか、もっと他にもみてみたいと思ったときに僕がおすすめしたい遺跡の紹介。 学術的とか、パワースポット的とかそういうのは抜きにして、僕が居心地いいなと思える場所なので偏りはあるし、そもそもそんなにマイナーでもない遺跡なの...
大地の芸術祭 2015 – 松之山エリア編 大地の芸術祭の松之山エリア編。 大地の芸術祭では最後に見てまわったところ。このエリアは僕のなかでは新しい作品ではあまり見たいと思ったものがなく、いままでみてきたものをもう一度見られればくらいの印象だった。 このエリアには大地の芸術祭の象徴的な作品であるクリスチャン・ボルタンスキーの「最後...
クレマチスの丘とヴァンジ彫刻庭園美術館とベルナール・ビュフェ美術館... 日本にある美術館でもっとも好きなところのひとつ。春から夏にかけて定期的に訪れているのは、沼津にあるクレマチスの丘というところ。 ここは、スルガ銀行を作ったいくつかの美術館が集まっていて、とくにクレマチスが咲く春~夏は通り過ぎる風すら美しく香っているかのようで居心地がよくて好きな場所。沼津って漁...
金瓜石で古きよき日本家屋を探訪する... 九分行きのバスで知り合った日本人に「九分の先にある金瓜石に行かれるということですが、そこはどういったものがあるんですか?」と聞かれたのだが、僕はそれに対して答えをもっておらず、ずいぶん怪しい回答をしたと思う。 しかし実際問題として金瓜石になにがあるのか知らなかったのだから、それは仕方が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください