松代でランチを食べてから、例年の小旅行コースで定番の小布施方面へと向かおうかと思ったのだけど、ちょうどひまわりのシーズンだったので少し寄り道して津南のひまわり広場へと行ってみることにした。

津南のひまわり広場は秋山郷へ向かう方面にあって龍ヶ窪の近くにある。龍ヶ窪と一緒に行ってもいいかも。少し山道をあがっていくのでその途中の風景も美しい。ひまわり広場は広い駐車場が用意されていて、有料だけど車で行くのが便利。

ひまわり畑はかなり広くて、迷路みたいなものもある。昼間に行くとうんざりするくらいに暑くてうんざりするくらいだが、夕方くらいに行くとひまわり畑の向こうに沈む夕陽がみえたりして美しい。夕方にいくのも悪くはない。

今回はランチあとすぐのまさにいまが一番暑い時間!というタイミングで訪れたのでひまわりを眺めて早々に日陰に逃げ込んだ。広場には出店があって、ちょっとしたお祭り会場みたいになっている。かき氷はシロップかけ放題!というので、ハワイにあるマツモトシェイブアイスみたいな感じにしようかとちょっとずつ色んなものをかけてみたのだが、色合いのバランスとかをとったりするのが案外難しくて、あの丸いカラフルなかき氷作るのにも技術は必要なんだなとか妙なところで思い出したりした。

僕としてはかき氷よりも、地元の野菜をつかった「津南野菜のジェラート」というものが気になった。枝豆やかぼちゃ、雪の下にんじんなどのフレーバーがあってちょっと前衛的な感じもある。

いくつかは売り切れてしまっていたので「スイートコーン、かぼちゃ、雪の下にんじん」の似たような色合いセットになってしまったのだが、とくにスイートコーンのジェラートはびっくりするくらい美味しかった。冷製コーンスープみたいな感じもあってデザートのような食事のような美味しさがある。これ、普段から食べたいなあって思える美味しさだった。

ひまわりもきれいだし見どころあるけれど、こんな出店を食べ歩いてまわるのも津南ひまわり畑の楽しみ方かもしれない。

津南ひまわり広場

Related Post

潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...
対潮楼 – 鞆の浦のビューポイントでの絶対的なおすすめ... 鞆の浦に行く前にはほとんど事前の予備知識がなくて訪れて、道に迷って辿りついたところが、ここ福禅寺の対潮楼だった。 拝観料に200円とられるのか・・とあまり乗り気じゃなかったのだが、入ってみて200円払ったことを感謝したくらいの絶景。建物内にある座敷の一角が全て開け放たれていて、そこからみえるミ...
絵本と木の実の美術館 – 夏に来るのがおすすめの美術館... 絵本作家である田島征三氏が廃校を舞台に監修した美術館。大地の芸術祭の作品のひとつとして作られたものだけど、雪深くなる冬期をのぞいて継続して開館している。大地の芸術祭のパスポートがない場合は、入場料700円が必要。 水を動力にして動くオブジェがおもしろい。これは海に流れ着いた流木や木の実などに絵...
花よりビリヤニな千鳥ヶ淵の桜とインド大使館のフェスティバル... 千鳥ヶ淵の桜を観に行ったら、まだあまり咲いていなかった。しかし、九段下のインド大使館では「さくらフェスティバル2016」をやっていたので、これはいかなくては!と訪問。 これってまさに花より団子みたいな状態。とはいえ、インド大使館のこのイベントは面白いので外せない。都内のインド料理の名店が大使館...
中之条ビエンナーレ2015 – 伊参エリア編... 中之条ビエンナーレで巡る里山の旅。四万温泉の東側にある伊参エリア編。この辺りは、伊参スタジオが有名なところだけど、今回は新たな廃校が増えていたのが、ビエンナーレとしてはいいのだろうけれど、地域としてはどうなんだろうって思うところ。 旧伊参小学校 旧伊参小学校にあった作品。なんかぞわぞ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください