松代でランチを食べてから、例年の小旅行コースで定番の小布施方面へと向かおうかと思ったのだけど、ちょうどひまわりのシーズンだったので少し寄り道して津南のひまわり広場へと行ってみることにした。

津南のひまわり広場は秋山郷へ向かう方面にあって龍ヶ窪の近くにある。龍ヶ窪と一緒に行ってもいいかも。少し山道をあがっていくのでその途中の風景も美しい。ひまわり広場は広い駐車場が用意されていて、有料だけど車で行くのが便利。

ひまわり畑はかなり広くて、迷路みたいなものもある。昼間に行くとうんざりするくらいに暑くてうんざりするくらいだが、夕方くらいに行くとひまわり畑の向こうに沈む夕陽がみえたりして美しい。夕方にいくのも悪くはない。

今回はランチあとすぐのまさにいまが一番暑い時間!というタイミングで訪れたのでひまわりを眺めて早々に日陰に逃げ込んだ。広場には出店があって、ちょっとしたお祭り会場みたいになっている。かき氷はシロップかけ放題!というので、ハワイにあるマツモトシェイブアイスみたいな感じにしようかとちょっとずつ色んなものをかけてみたのだが、色合いのバランスとかをとったりするのが案外難しくて、あの丸いカラフルなかき氷作るのにも技術は必要なんだなとか妙なところで思い出したりした。

僕としてはかき氷よりも、地元の野菜をつかった「津南野菜のジェラート」というものが気になった。枝豆やかぼちゃ、雪の下にんじんなどのフレーバーがあってちょっと前衛的な感じもある。

いくつかは売り切れてしまっていたので「スイートコーン、かぼちゃ、雪の下にんじん」の似たような色合いセットになってしまったのだが、とくにスイートコーンのジェラートはびっくりするくらい美味しかった。冷製コーンスープみたいな感じもあってデザートのような食事のような美味しさがある。これ、普段から食べたいなあって思える美味しさだった。

ひまわりもきれいだし見どころあるけれど、こんな出店を食べ歩いてまわるのも津南ひまわり畑の楽しみ方かもしれない。

津南ひまわり広場

Related Post

安平老街のカフェでクマと和む 安平老街を散歩しているときに見つけた小さなカフェ。目印はこの常連客のクマ。 最初、お店の外からみかけたときは、ずんぐりしたおじさんがカフェのテーブルで落ち込んでいるのかと思った。。 本当に小さなカフェで趣味でやっているのか?くらいなので食事をするまでもないし、ドリンクの種類もあまりないの...
大地の芸術祭への旅 2015年 この夏にもっとも長い旅。新潟の越後妻有で3年に一度開催されている大地の芸術祭へ行ってきた。なんだかんだと毎年のように来ているので、だんたんなじみ深い地域になっているのだが、それでもこのトリエンナーレの時期は特別な雰囲気。 今回の旅ではいつも泊まっているベルナティオを拠点に2泊3日まるまる全部、...
まさに吊り橋理論みたいな「もみじ谷大吊り橋」は那須でデートに最適そうなところな気がする... 那須の那須千本松牧場をあとにして、さらに山の方へ車を走らせていくとある「もみじ谷大吊り橋」。後日、このルートは那須から尾瀬にいく道路になっていることを知る。 ここは塩原渓谷をかこむ公園になっていて、有料でわたれる歩行者専用の吊り橋がかかっている。有料だけど、ここの吊り橋から眺める紅葉の風景は美...
木崎湖を眺める 安曇野から信濃大町を通りすぎて木崎湖まで。ここは、「おねがいシリーズ」というアニメのモデル(聖地)となっていて、結構前のアニメらしいのだがいまだに多くのファンがやってきている。僕は見たことないけれど、ここの風景は美しくて好きな場所。今回は湖を見下ろす場所を通ってぐるっと一週してきた。 ...
彩虹眷村はカオスで騒々しかった 台南から台中へ移動。 新幹線の窓からみえる台中は、高層ビルがどんよりとした空の下に乱立していて、なんだか近寄る気にはならない街という印象があった。 周囲は公園みたいに整備されている でも、今回この街に来たのは、彩虹眷村という場所に描かれている前衛的なアートが気になったから。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください