たいたた旅行をする目的って色々あると思う。そのなかでよく(まあ、あれだテレビとか雑誌のインタビューとかで)いわれているのは「世界遺産を巡る旅」だったりするのだけれど、あれってもはやスタンプラリーみたいだし、日本でいうところ「グッドデザイン賞」みたいな存在なんじゃないか?と思ってしまう。旅の目的にするには幅が広すぎるし、雑多すぎるし、なにせやたらと数が多くて大変。

そんななかで、世の中には色んなリストがあって、たとえば「世界でもっとも美しい20の書店」なんていうリストがあったりする。僕がこれを知ったのは、foursquareで今回行ったお店にチェックインしたからなんだが(よくできたサービスだ)、日本に戻って調べてみるとたしかにどれも美しい書店で旅に出たくなる(行ったばかりだという事実はさておき)。なにが素晴らしいってランキングではないところがいい。

ということで、この書店。本当にちいさなちいさな書店なのだけど、独特の価値観をもって運営されている。

言語や形態にとらわれずセレクトされた書籍、絵本、写真集などが雑多に配置されていて、なにか特定の本を探すためにくるのではなく、自分にあった本との出会いを探すような感覚でお店を探検。

店内の一番奥にはちょっとしたカフェスペースがあってコーヒーくらいなら出てきそう。書籍以外にもアンティークな雰囲気の雑貨や、文房具などもあってそういったものを眺めてお気に入りを見つける作業もまた楽しい。夕方に訪れたのだけど、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

通りをはさんだ向かい側には同じ系列のカフェ・レストランと雑貨店(洋裁用品が激かわいい)があって、そちらもかなり魅力的。このあたりはこのほかにもおもしろそうな場所がたくさんあるので、探検しがいがあるエリアだと思います。

VVG Something 好様本事

保存

Related Post

海安珈琲(上環)の老舗カフェで昔ながらの香港の空気を感じる... 昔ながらの冰室のスタイルを守っている老舗の香港カフェ。「冰室」とは日本語で書くと氷室になると思うのだが、その名の通り氷を保管している冷たい部屋のこと。 1950年代のくらいの香港ではエアコンが珍しく、冰室のエアコンで涼みながら過ごす時間が流行っていたみたい。 でも、いまではこの古い「冰室...
Winstons Coffee(西營盤)は本格的なフラットホワイトが楽しめるカフェ... 地下鉄の延伸で再開発がすすんでいる西營盤エリア。下町っぽい雰囲気がありつつ、感度の高い人たちが集まってきていて新しいお店もオープンしてきている。そのなかでも、2016年1月にオープンしたWinstons Coffeeはニュージーランド人がやっているカフェで朝7:00から夜23:00までやっているとい...
不思議な路地裏の珈琲店。ソルズコーヒースタンド(SOL’S COFFEE)で飲むラテは絶品です。... 清澄白河とともに東京の下町エリアに現れた新名所の蔵前。清澄白河よりもさらに狭いエリアに小さなギャラリーや美味しいコーヒーを出すカフェが密集している。天気のいい日には浅草からのんびりと散歩しながら来てみるのも楽しいところだ。 そのなかで、春日通りから少し入った路地裏にあるソルズコーヒーは路上にソ...
鳳冰果舖はいま一番台南でおすすめしたいフルーツ専門カフェ... いま台南でどこのエリアに興味があるかといえば新美街のエリアで、そのなかでも一番好きなのは鳳冰果舖というフルーツ専門のカフェ。ここで美味しい果物たちに出会ってからというもの、すっかり果物好きになった僕は日本でも美味しい果物屋さんを巡るようになってしまった。それくらい僕のライフスタイルにインパクトがあっ...
【閉店】AMATAK(アマタ)の刺し子バッグ... 前回の訪問 シェムリアップの中心街にあるAMATAK(アマタ)というお土産物屋さんに再訪。アマタとは永遠という意味らしい。 まあたしかに、ここにある織物たちは僕らがこの世から去っても、後世まで永遠に残るものもあるかもしれない。それくらい気合い入ったものもある。(前回の訪問) 前回...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください