早朝からひたすら乗り鉄旅をしてきて、天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅でちょうどランチの時間ということもあり、天竜二俣駅のすぐ横にある「十文字屋」という食堂に行ってみることにした。

もともとは広めのコンビニだったのだろうか、明るい店内はちょっと学食みたいな雰囲気もある。ただ、ここ以外にはまわりには食事をする場所は存在しなさそうなので、ここで食べるのがよい。

お店は天竜二俣駅の隣にある
コンビニ居抜きみたいなお店

名物は転車台カレーというもので、細長いお皿にカレーがよそられていて、列車の形をしたご飯がまんなかに並んでいる。天竜二俣駅にある機関車の転車台にあやかったものらしい。車両の全面がプリントされたものが貼り付けられたりして、意外とディテールが細かい。

なんだか、信濃大町で食べた黒部ダムのダムカレーを思い出させるものがあるな。「観光名所×カレー」というご当地料理的なものが流行りつつあるのだろうか。

転車台カレー

で、この転車台カレーなのだけど、列車が二両編成ということもあり結構、いやかなり量が多い。でも、カレーとしては結構美味しい。見た目以外のご当地感というものはあまりないし、なんなら子供向けっぽい感じもあるが、今回の乗り鉄旅の食事としてはとてもあっているなと思った。天竜浜名湖鉄道の旅に転車台カレーは結構いいと思います。

食の駅 十文字屋
住所:静岡県浜松市天竜区二俣町阿蔵
時間:11:00-14:30
休み:水曜日

Related Post

老舗の陸羽茶室で楽しむ飲茶は高いが雰囲気いい... 香港随一の老舗で高級店の部類に入る陸羽茶室。朝食に行ってもいいし、ランチに行っても楽しめる。 僕にとっては飲茶といえば蓮香樓なのだけど、陸羽茶室は同じジャンルの料理なのか?っていうくらい雰囲気が違う。 アンティークな感じの店構え、案内してくれるスタッフの洗練された身のこなし、やたらと高級...
広尾で中東シリア料理を食べる。「アラビアレストラン ゼノビア」のランチはコストパフォーマンスよくて美... ランチ時に広尾商店街あるいていると、インド料理店であるプリヤの客引きを見かけるのだけど、そのすぐ隣にアラビア料理の看板があり、やはり客引きをしているのを見かけていた。 いつの間に出来たんだろうと思っていたのだが、行こうとするとランチがお休みしていたりして縁がなく、ようやく訪れることができた。中...
そば処 くれさか – 中之条で一番好きな蕎麦屋になった... 今回の旅での発見。いままで食べてきた蕎麦屋さんのなかでもすごく好きな方。 しかし、お店の場所は六合と中之条の間にある峠の茶屋みたいなところにあるので、中之条ビエンナーレの時期でもない限りなかなか来る機会がなさそうなところ。 おまけにその日の蕎麦の量が限られているので、売り切れちゃうとお店...
「とんかつ つまり」で妻有ポークのとんかつを食べる... 津南の物産館の隅ある僕のなかでの人気店である「とん豚」がなんとリニューアルしていた。 場所もスタッフも、食事の内容も変わってなくて店名だけが「とんかつ つまり」に変更されている。どうやら、津南ポークから妻有ポークへとブランド変更したのかな?そんな感じ。 店名かわっても、このお店の人気は変...
煉瓦亭のポークカツレツを食べてきた... 池波正太郎のエッセイを読んでいると、どうにもお腹が空いてくるのだが、そのなかで思い出のメニューとしてたびたび登場してくるのが、煉瓦亭のポークカツレツ。 その表現があまりにも魅力的で、かつ抗いがたいものだったので週末のランチに訪れてみた。 ランチの予約は4人以上ということで予約は出来なかっ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください