佐兵衛寿しで寿司をちょっとつまんでさらにジャンジャン横丁の商店街を奥にすすんでいく。将棋をうっている人たちを窓の外から眺めている人たちがいたりして、なんていうかこう、すごく独特の世界観と時間が流れているなって思う。通りのまん中くらい、大きな天狗の置物が目印になっているのが、大阪の串カツで有名な「てんぐ」というお店。

結構並ぶ人気店なのだけど、回転はやいので並んででも食べてみた方がいいお店だと思う。

この天狗が目印
雰囲気ある店構え

串カツとは、肉や野菜などを串に刺して衣を付けて揚げた料理のことで豚肉が定番だけど、それ以外にもアスパラとかいろいろな具材がある。カウンターの前に置かれたソースにつけて食べるのが、二度漬けは厳禁です。うっかり二度漬けしそうな人はキャベツでソースをすくって串カツにかけて食べればいいと思う。

「てんぐ」で絶対に食べたいのはどて煮。甘めの味噌につけこまれたモツ煮の串なのだが、すぐに出てくるし、くせになる美味しさなので何本か頼んでお酒を飲みながら串カツ待つ作戦がいいと思う。

とりあえず、すぐ出てくるどて煮を頼む
謎のブドー酒

串カツは何食べてもうまい。駄菓子みたいなローカルフードのスタンスっぽい低価格で、ちょっとジャンクだけど衣もふくめて揚げたては本当に美味しいと思う。この衣のさくさくとした感じなんなのって思ってしまう。美味しいという言葉以外ないな。

東京の立石とかで食べるのも安くてうまいと思っていたが、てんぐのは別格だな。お酒は謎のワイン「ブドウ酒」という甘めのワイン(これって赤玉ポートワインみたいなもの?)とかビール以外にもおもしろい。

串揚げは出てくるまで少し時間かかるが絶品だ
ソースになみなみ

80年近くつづく老舗店で、大阪でも屈指の名店なのにチェーン展開しないでつづける味わいは大阪に来なければ食べられない。商店街やお店の雰囲気はまさに思い描く大阪そのもの。近くの通天閣を散歩するのにあわせて串カツを食べるのは外せないイベントだと思う。

てんぐ
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東3-4-12
時間:10:30-21:00
休み:月曜日

Related Post

勝浦の「はらだ」で担々麺の食べくらべ... 「江ざわ」で勝浦担々麺の美味しさに感動して、再訪しようと行ってみたのだが臨時休業だったのでもう一つの人気店である「はらだ」へ行ってみた。 「はらだ」へのアクセス 「江ざわ」から車で5分くらいのところ。市原方面から来ると、江ざわよりも手前の方にあって、大多喜街道(国道297号)から少し細い脇道を入...
魚源でランチ、そして魚屋の軒先で岩牡蠣... 京都丹後鉄道の「あかまつ号」に乗って西舞鶴に到着。舞鶴というと、宮本輝の「錦繍」(好きな作品なのです)に出てくる寂れた風景を思い出してしまう。 西舞鶴は駅舎は新しいけれどロータリーからみえる風景は古びたデパートや、シャッター通りになったアーケードの商店街など昭和っぽさがある。真夏のさなかに来た...
「元祖串かつ だるま」の味は大阪のスタンダード... ジャンジャン横丁の「てんぐ」で串カツ食べたばかりなのだけど、大阪に来たら一度くらいは「だるま」で串カツ食べておけというおすすめもされたのと、通天閣の方へ歩いて行ったら、たまたま本店があったのでちょっと混雑していたが寄ってみることにした。 大阪の新世界だけでも複数の店舗があり、大阪ではもっとも成...
天竜二俣駅前「食の駅 十文字屋」で転車台カレー... 早朝からひたすら乗り鉄旅をしてきて、天竜浜名湖鉄道の天竜二俣駅でちょうどランチの時間ということもあり、天竜二俣駅のすぐ横にある「十文字屋」という食堂に行ってみることにした。 もともとは広めのコンビニだったのだろうか、明るい店内はちょっと学食みたいな雰囲気もある。ただ、ここ以外にはまわりには食事...
佐兵衛寿しが圧倒的なコストパフォーマンスいい寿司屋だ... 青春18きっぷ旅。まさかローカル線だけで東京から大阪までやってくるなんて。 大阪駅近くのホテルに荷物をおいて、そのあとすぐ環状線にのって新今宮までやってきた。大阪でも治安に問題があるなんていわれているけれど、普段から東京を歩いているのであれば全然そんなことないのどかさだと思う。なんだか近未来感...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください