ジャンジャン横丁の「てんぐ」で串カツ食べたばかりなのだけど、大阪に来たら一度くらいは「だるま」で串カツ食べておけというおすすめもされたのと、通天閣の方へ歩いて行ったら、たまたま本店があったのでちょっと混雑していたが寄ってみることにした。

大阪の新世界だけでも複数の店舗があり、大阪ではもっとも成功している串カツのチェーンだと思う。チェーンだけどアットホームな感じもある。創業が1929年というから90年近い歴史がある老舗なのか。

だるまの本店

串カツとどて焼きを頼むと、ファーストフード店並のはやさでどて焼きが登場。てんぐのものとは異なり、牛すじの煮込みで甘い味噌味が美味しい。

串カツもかなりすぐやってくるので、並んでいても店に入れればすぐに食事ができる。スタンス的にはせんべろなのだが、揚げ物のレベルが高いので大阪がうらやましい。てんぐの串カツも美味しいが、ここのもまたコストパフォーマンス高いよなあ。てんぐよりも串カツの種類が多いので、あれこれ楽しむという点でいうと「だるま」はいいと思う。

どて焼きというかすじ煮
串カツもはやく出てくる、てんぐと比べると・・好みの問題かなあ。

大阪を代表するお店のひとつだと思うので、串カツ食べるということであれば、市内に何店舗かある「だるま」に行っておけば間違えないなって思った。

元祖串かつ だるま
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-9
時間:11:00-22:30
休み:1月1日

Related Post

博多の屋台「松っちゃん」で観光客気分を味わう。... 自分ひとりの旅だったら、博多の屋台は一杯だけ飲んで雰囲気味わって終わりにしただろうなあ。台湾の夜市みたいなもので、観光客がひしめきあってああだこうだするところかなって思う。でも、川沿いに建つ屋台の通り道や椅子に座って賑やかにやっているお客さんをみると、なんだかすごく楽しそう。 ということで、今...
「牛肉どまん中」弁当を食す。 車での旅だったのだけど、これだけは食べておこうかと米沢駅へ向かう。駅の駐車場は短時間なら無料なのがありがたい。山形新幹線の開業でずいぶん立派な駅になったみたいだが、ここに全国的にも人気の「牛肉どまん中」弁当というのがあるのです。 お弁当は駅のなかでも買えるのだけど、駅の正面にお弁当を製造してい...
魚源でランチ、そして魚屋の軒先で岩牡蠣... 京都丹後鉄道の「あかまつ号」に乗って西舞鶴に到着。舞鶴というと、宮本輝の「錦繍」(好きな作品なのです)に出てくる寂れた風景を思い出してしまう。 西舞鶴は駅舎は新しいけれどロータリーからみえる風景は古びたデパートや、シャッター通りになったアーケードの商店街など昭和っぽさがある。真夏のさなかに来たので...
てんぐで串カツ、大阪ローカルフードざんまい... 佐兵衛寿しで寿司をちょっとつまんでさらにジャンジャン横丁の商店街を奥にすすんでいく。将棋をうっている人たちを窓の外から眺めている人たちがいたりして、なんていうかこう、すごく独特の世界観と時間が流れているなって思う。通りのまん中くらい、大きな天狗の置物が目印になっているのが、大阪の串カツで有名な「てん...
唐戸市場の「活きいき馬関街」は圧倒的に楽しい海鮮パラダイス。... 門司港から船に乗って対岸の下関までやってきた目的は連絡船の船着き場に隣接している唐戸市場に来るため。ここは観光客にも優しい海鮮市場で一般人には敷居の高い築地なんかと比べても圧倒的に楽しめる。 地元の人にいわせると観光客価格だという人もいるけれど、どれにしようか目移りしてしまうくらいの品揃えや、...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください