ジャンジャン横丁の「てんぐ」で串カツ食べたばかりなのだけど、大阪に来たら一度くらいは「だるま」で串カツ食べておけというおすすめもされたのと、通天閣の方へ歩いて行ったら、たまたま本店があったのでちょっと混雑していたが寄ってみることにした。

大阪の新世界だけでも複数の店舗があり、大阪ではもっとも成功している串カツのチェーンだと思う。チェーンだけどアットホームな感じもある。創業が1929年というから90年近い歴史がある老舗なのか。

だるまの本店

串カツとどて焼きを頼むと、ファーストフード店並のはやさでどて焼きが登場。てんぐのものとは異なり、牛すじの煮込みで甘い味噌味が美味しい。

串カツもかなりすぐやってくるので、並んでいても店に入れればすぐに食事ができる。スタンス的にはせんべろなのだが、揚げ物のレベルが高いので大阪がうらやましい。てんぐの串カツも美味しいが、ここのもまたコストパフォーマンス高いよなあ。てんぐよりも串カツの種類が多いので、あれこれ楽しむという点でいうと「だるま」はいいと思う。

どて焼きというかすじ煮
串カツもはやく出てくる、てんぐと比べると・・好みの問題かなあ。

大阪を代表するお店のひとつだと思うので、串カツ食べるということであれば、市内に何店舗かある「だるま」に行っておけば間違えないなって思った。

元祖串かつ だるま
住所:大阪府大阪市浪速区恵美須東2-3-9
時間:11:00-22:30
休み:1月1日

Related Post

阿憨鹹粥にふたたび行ってきた 魚のお粥ってなんだよって思いつつ訪れてみて、はじめて食べたサバヒーのお粥の美味しさに感動した前回。ちょっと旧市街から離れていることもあり、遠いなあと思うところはある。でも、街中で阿堂鹹粥に行って食べるよりこっちの阿憨鹹粥で食べるお粥の方が美味しいのは事実としてある。早朝のお粥を楽しみにふたたび訪れる...
台南式な茶碗蒸し富盛號碗粿に行ってみた。... 数ある台南小吃のなかでも歴史がある一品、碗粿(ワーグイ)の名店である富盛號碗粿は1947年創業の老舗だ。ここも永楽市場を通る国華街の通りにあっていつも賑わっている。 碗粿とはライスプディングとも訳されるがお米をすりつぶして、茶碗蒸しのようにした料理で、具材には豚肉や海老、椎茸などが入っている。...
サムージャイのこってりカオソイ サムージャイの店舗外観 カオソーイ ラムドゥアンから歩いて数分のところにあるので、カオソイ食べ歩きができる。店名はタイ語でしか書かれていないけれど、店内にはお客さんがたくさんいるので、すぐ分かると思う。 店の雰囲気はラムドゥアンとよく似た感じだけど、メニュー表がでっかく写真付きで壁に貼...
いたる 本店にも行ってみた。ごく普通の居酒屋さん。... 今回、金沢での夕食はきく家に行くことができたのだけど、もともとは「いたる」でちょっと地元の料理を食べようかなって思っていた。でも、予約をとることができず、きく家に行ったのだが、これは本当に僥倖ともいえることだと知った。 きく家に行ったあと、まだ夜もはやかったのと、いたるの近くまで来たこともあり...
さすけ食堂の黄金あじのフライは神がかり的な美味しさ... 千葉の浜金谷へ行ってきた。この町の港からは横須賀との間を結ぶフェリーが出ているのだけど、火力発電所があったりする横須賀の風景と比べて、浜金谷のひなびた雰囲気はそのコントラストがすごいある。 その浜金谷の港からほど近いところにある食堂。本当に小さな食堂なのだけど、駐車場からは車があふれるばかりに...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください