西舞鶴から北陸線を乗り継いで福井まで到着。この日の最終目的地は金沢なのだが、福井で乗り継ぎの待ち時間が1時間近くあり、せっかくなので途中下車して街へ出てきた。

福井駅はもうすぐ(とはいえまだ数年後)新幹線が延伸するらしいが、前のめりに駅前をリニューアルしていて、恐竜が闊歩する奇妙な駅前の風景が広がっている。すごく不思議、すごく変。

どうした福井駅

駅の端っこからは路面電車が走っている。ちょっと乗ってみたい気持ちもあるのだが、そこまで時間もないのでGoogle mapでみつけたお店に行ってみることにした。駅から歩いて数分のところにある「ぼく、ラブリー」というお店なのだが、店名がもうすごい。デトロイトメタルシティに出てくる主人公が働いていそうな店名だ。残念ながら愛想のあまりない人が店員だったので、お店のインパクトは店名だけだったのだが。

ぼく、ラブリー

この店名は、福井市の郊外にあるラブリー牧場というところが直営しているお店で「ぼく、ラブリー」ということになっているみたいだ。牧場の名前もふくめて福井のセンスの底力を感じる。もう一度覚えたら忘れないし、なんなら人にも教えたい。

お店はイートインらしきものはあるが、基本的にはテイクアウト。ただ、目の前にベンチがあったりするので雨が降っていなければどこでも座って食べることができる。

ソフトクリーム、ラブリー

重要なのはここで売っているものなのだが、ソフトクリームのほかにクレープとか野菜が売っている。なぜかわいいカフェで野菜。とりあえずソフトクリームを食べることにした。ジャージー牛の生乳から作られたソフトクリームはちゃんと本格的ですごく美味しい。甘さが控えめですっきりしている。牛乳の美味しさを感じることができる味だ。盛り付け方にはラブリーさをかろうじて感じるところもいい。

福井には途中下車の旅でここしか来ていないのだけど、ちょっと気になるところがある。今度はもっとちゃんと訪れてみることにしよう。

ぼく、ラブリー
住所:福井県福井市中央1-5-1 U-CANビル1F
時間:11:00-19:00
休み:無休(夏期間中)

Related Post

奈川で本場の「とうじそば」を楽しむ... 今年の年初に松本の番所で食べた「とうじそば」。寒い時期にはうってつけの食べ物で感動的に美味しかったのだけど、その蕎麦のルーツはここ奈川地区にあるみたい。ということで、せっかく奈川に来たならば!ということで「そばの里奈川」というところに行ってチャレンジしてみることにした。お店は結構広くて、端の方にはお...
天文館むじゃきで本場であり元祖の「白くま」を食べてきた... 鹿児島市内の中心地は鹿児島中央駅ではなく、天文館というエリアになっている。ここは仙台の国分町みたいなところで、アーケードの商店街のまわりに歓楽街やら飲食店が密集しているところ。 観光客にとってはこの天文館のなかでは「むじゃき」というレストラン兼カフェで食べる「白くま」というかき氷が有名。ここが...
大口屋の麩まんじゅうは名古屋駅で買えるお土産としておすすめ... 名古屋に住んでいた友人から大口屋の麩まんじゅうが美味しいから買ってきてといわれ、名古屋駅のキヨスクギフトステーションで取り扱いがあったので購入。 キヨスクでは1日2回。朝イチとお昼過ぎに入荷するとのことで、週末の夕方遅い時間とかでもなければ買えると思う。 この麩まんじゅう、正式には「餡麩...
カフェ ドロール中目 – 落ち着いて休めるカフェ... アパレルとかも展開しているブランドがやっているカフェ。「ドロール」には「おもしろい、こっけい、ひょうきん」という意味があるみたいだが、そんな風情はお店にはなくて、いい意味でちゃんとしたカフェだと思う。 同じビルの5階にあるビストロハムサもお気に入りなのだが、混んでいることが多いので、そうしたと...
小布施堂の夏はかき氷を楽しめる! 津南でランチを食べて、そのまま信濃川沿いに国道をさかのぼっていく。津南から飯山にかけてのこの国道は運転もしやすくて、なによりこの里山の風景が美しい。いつ来ても感動する。 途中の道の駅でキュウリを買ったりして、小布施までやってきた。公営の駐車場に車をとめて少し散歩することにする。まず向かったのは...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください