早朝に大阪を出て快速電車で福知山まで、そこから列車を乗り継いで夜には金沢までやってきた。すごい非日常で旅行している感じがある。乗り鉄旅、移動ばかりだけど、その移動自体が楽しい。

金沢駅では駅前のアパホテルに泊まっていて(やはり翌朝早いので)、チェックインしてたらすっかり夜になってしまった。金沢の街はJR駅と繁華街は結構離れていて、バスで移動するかタクシーということになる。今回は時間もなかったのでタクシーで移動。鉄道での移動は青春18きっぷで節約しているが、現地の移動はタクシーで贅沢している。

夕食前にみておきたかったのは21世紀美術館。繁華街の香林坊や片町からも徒歩圏内にあって、駅からは遠いけれど街歩きをするなかではアクセスしやすい。美術館自体は上からみると円形になっていて、ちょっと離れたところからみると宇宙船みたいだ。エリアによって照明の光の色合いが違っていて、それがまた美しいと思う。夜に来てみたのは初めてだけどこれは必見だな。

金沢21世紀美術館
エリアによって照明の色合いがことなる

今回は時間があまりないので有料エリアをゆっくりみる時間がなくて、無料エリアを見てまわったのだけど、それでもかなり充実した展示があって楽しめる。

代表的なのはジェームズ・タレルの「ブルー・プラネット・スカイ」で、似たようなものは直島の地中美術館や、越後妻有の光の館にもあるのだが、21世紀美術館のものがひときわ巨大で圧倒的。天井にあいた窓から、昼にくると鳥が飛んでいくのがみえたりするのだが、今回のようにどんよりした夏の夜だとただ真っ暗なだけで湿度の高い静かな部屋で上を眺めるだけになってしまった。でも、ちょっとまわりとは違う時間が流れている、そんな感じがある。光をテーマにした作品は直島にあった南寺フランクフルト現代美術館でみたタレルの作品と通じるもので、普段なにげなく感じているものが視点を変えるとうける印象が全然違ってくることに気づく。

ブルー・プラネット・スカイ

もうひとつはレアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」を上から眺められる。21世紀美術館を代表する作品のひとつで、プールの内側には有料エリアになっているのだが、上から眺める分には無料となっている。越後妻有で最新作の「Lost Winter」をみてきたのだが、「スイミング・プール」の方がよりキャッチーで体験していてもみていても楽しめる。でも、ふたつの作品はともに日常の感覚のゆがみみたいなものを取り出している感じがあり、体験していて楽しくもある。昔の絵画をおとなしくみてまわるのもいいけれど、現代アートを体験して、みて楽しむという美術館があるのはいいことだよな。僕はすごく好きな美術館です。

このほかにもパブリックアートがたくさんあって、無料でも十分楽しめるいいところだと思う。

レアンドロ・エルリッヒの「スイミング・プール」

見どころが多い

金沢21世紀美術館
住所: 石川県金沢市広坂1-2-1
開館時間、休みなどは施設によって異なるので公式サイトで確認ください。

Related Post

アジアソサイエティーセンター香港で写真展をみてきた... 旅先でみる現代アートってその国がもっている感性の一端がみえるようでなんだか楽しい。同じものを扱っていても情報のまとめ方なんかが違っていて、ちょっと新鮮な感覚がある。それが全てなわけではないけれど、少しその国に対して理解が深まったような感じがする。 今回の旅では金鐘にあるアジアソサイエティセンタ...
美しい森の奥に神秘的な池がある – 龍ヶ窪... 津南の奥の方にあるのは知っていて、その水の美味しさから気になっていた龍ヶ窪へ行ってみた。 津南の市街地からだとクルマで10分くらいだろうか。それほど奥地というわけでもない感じ。意外に開けているなっていう場所にあった。駐車場も整備されていて、協力費を支払う必要がある。 ゴールデンウィーク...
小布施の葛飾北斎巡り(岩松寺、北斎ミュージアム)... 葛飾北斎は晩年の頃、小布施にパトロンがいたということで、定期的に訪れていては作品を残していた。小布施って長野にしてはすごく垢抜けている印象をもっているのだが、こうした文化が背景にあるからなのかもしれない。 その、北斎の作品がみられるのが小布施郊外にある岩松寺と、町の中心部にある北斎ミュ...
花見山はやっぱり桃源郷だと思う 今年のお花見はかなり充実している。千鳥ヶ淵で花見をして(桜ほとんど咲いてなくてインド大使館でビリヤニ食べたけれど)、目黒川に沿ってお花見散歩をして(これは豪華だった)、さらには浅草の隅田公園に行って、幕張のさくら広場ではまるであの世みたいな不思議な桜の光景を眺めていた。 そして、わずか一週間ほ...
佐賀でシチメンソウの紅葉を楽しむ 佐賀バルーンフェスタの競技が中止となってしまい、失意のうちに佐賀に戻ってきた。 佐賀が地元の友人と一緒だったので、なにをしようかと途方に暮れていたのだが、そういや有明海の干潟をみるのもいいかもなって思って、東与賀にある干潟よか公園に行ってみることにした。 佐賀駅から干潟よか公園までは車で...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください