べるもんたで高岡と城端を往復してきて、今度は海のみえる駅である氷見線の雨晴駅へ行ってみることにする。雨晴駅は「あまはらし」駅と読むのだが、これは駅の隣にある雨晴海岸に由来している。雨晴(あまはらし)という言葉は源義経がこの地で雨宿りをして晴れを待ったことからつけられている。

そして、今回訪れたときも遠くに雨雲がみえたと思ったら、さっと一雨降ってまた晴れるということが起きた。このあたりも金沢と同じく、後ろにそびえる立山連峰が影響して晴れ間と雨が交互に訪れる気候があるみたいだ。雨が降ったかと思ったら晴れる、まさに雨晴な気候。

雨晴駅
着いたときには曇り空

雨晴駅は高岡から氷見線で20分くらいのところにある。1時間に1-2本は走っているので、高岡からここまでやってきてしばらく駅のまわりを散歩してまた高岡に戻るということが可能。ちょっと海岸に降りてみたりもできるので、ちょうどいい時間の感覚がある。駅の前は国道が走っているのでバスで移動することも可能そうだ。

かわいい駅舎
雨晴海岸にでてみる
遠くに雨が降っているのがみえる

絵になる駅だ

氷見線は雨晴までの間は普通に田舎の風景を走っているのだが、雨晴駅の手前になると急に海がひらけてきて、ほとんど海すれすれのところを走っている。この風景は美しい。駅舎もホームの裏手がすぐ海岸になっているのだが、海岸側には出口がなくて、いったん国道側の駅舎をでてまわりこむ必要がある。海岸からは冬場だと3,000m級の立山連峰を眺めることができる絶景がある。

ホームでまっているとさっと雨が降り出して、またすぐにやむ通り雨に遭った。晴れていると思ったら雨が降り出したり、まさに雨晴な風景。旅情のあるいい駅だなあ。何があるわけではないけれど、夏のひとときをこんな場所で過ごすというのも贅沢なものだなって思った。

雨晴駅

Related Post

林百貨の屋上から眺める景色について... 1932年に創業、1945年に一度つぶれてそれから紆余曲折を経て長いこと廃墟のようになっていたけれど、2014年に復活していまでは台南のランドマークのひとつになっている林百貨。 屋上から眺める景色が美しいらしく、前回は行きそびれていたので改めて行ってみることにした。 前回の訪問:林百貨で...
魚源でランチ、そして魚屋の軒先で岩牡蠣... 京都丹後鉄道の「あかまつ号」に乗って西舞鶴に到着。舞鶴というと、宮本輝の「錦繍」(好きな作品なのです)に出てくる寂れた風景を思い出してしまう。 西舞鶴は駅舎は新しいけれどロータリーからみえる風景は古びたデパートや、シャッター通りになったアーケードの商店街など昭和っぽさがある。真夏のさなかに来たので...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
旅の締めくくりはここ「たくさんの失われた窓のために」... 今回の旅の締めくくりは大地の芸術祭の作品で「たくさんの失われた窓のために」にしてみた。 いつも真夏とか、秋口くらいに来ることが多くて春に訪れるのははじめて。里山の風景は長い冬がようやく終わってひと息ついた感じ、これから本格的に春になるのだろうなという風景だった。 鉄枠にカーテンがかけられ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください