べるもんたで高岡と城端を往復してきて、今度は海のみえる駅である氷見線の雨晴駅へ行ってみることにする。雨晴駅は「あまはらし」駅と読むのだが、これは駅の隣にある雨晴海岸に由来している。雨晴(あまはらし)という言葉は源義経がこの地で雨宿りをして晴れを待ったことからつけられている。

そして、今回訪れたときも遠くに雨雲がみえたと思ったら、さっと一雨降ってまた晴れるということが起きた。このあたりも金沢と同じく、後ろにそびえる立山連峰が影響して晴れ間と雨が交互に訪れる気候があるみたいだ。雨が降ったかと思ったら晴れる、まさに雨晴な気候。

雨晴駅
着いたときには曇り空

雨晴駅は高岡から氷見線で20分くらいのところにある。1時間に1-2本は走っているので、高岡からここまでやってきてしばらく駅のまわりを散歩してまた高岡に戻るということが可能。ちょっと海岸に降りてみたりもできるので、ちょうどいい時間の感覚がある。駅の前は国道が走っているのでバスで移動することも可能そうだ。

かわいい駅舎
雨晴海岸にでてみる
遠くに雨が降っているのがみえる

絵になる駅だ

氷見線は雨晴までの間は普通に田舎の風景を走っているのだが、雨晴駅の手前になると急に海がひらけてきて、ほとんど海すれすれのところを走っている。この風景は美しい。駅舎もホームの裏手がすぐ海岸になっているのだが、海岸側には出口がなくて、いったん国道側の駅舎をでてまわりこむ必要がある。海岸からは冬場だと3,000m級の立山連峰を眺めることができる絶景がある。

ホームでまっているとさっと雨が降り出して、またすぐにやむ通り雨に遭った。晴れていると思ったら雨が降り出したり、まさに雨晴な風景。旅情のあるいい駅だなあ。何があるわけではないけれど、夏のひとときをこんな場所で過ごすというのも贅沢なものだなって思った。

雨晴駅

Related Post

アンコール遺跡巡り(基本ルートとメジャー編)... 今回は現地で友人と合流して、ツアーガイド的なことをしたので、ひさびさにアンコール遺跡群を巡ってきた。 昔にきたときと比べると随分整備されてもう地雷注意の看板もなければ、内戦時の銃弾の跡を見つけることもない。 でも、世界屈指のパワースポットであり神聖な場所に圧倒される感覚は変わりがない。...
名古屋駅新幹線ホームのきしめんは本当に美味しかった。... 今回の青春18きっぷ旅もいよいよ終わり。名古屋から東京までは「ぷらっとこだま」の各駅停車の旅で帰ることにする。 名古屋では新幹線のなかで食べるため、コンパルでサンドイッチを買ったのだけど、どうしても新幹線ホームのきしめんも気になってしまい食べてきた。もうお腹いっぱいだ。。 友人などから名...
長崎鼻と龍宮神社、どちらも有名なパワースポットで有名... 指宿あたりまでやってきたら訪れてみたいのは薩摩半島の突端である長崎鼻という岬。 このあたりは古くからの観光になっていて、あれこれ開発されていたり、風光明媚とはこのことをいうのだなというくらいに美しい風景がひろがっている。 そして、日本の岬といえばパワースポットになっているところが多く、こ...
台北地下鉄の乗り方 悠遊カード もういまさら書くこともないかもしれないが、どうもこのブログへは台北情報へのアクセスが多いので、自分用のメモ書き的なところもあるけれど書いておく。 まず、台北で公共交通機関を利用するのであれば迷わず「悠遊カード」を持ってのがおすすめ。 カードの購入はお金かかるけれど、こ...
「ぼく、ラブリー」でソフトクリーム。... 西舞鶴から北陸線を乗り継いで福井まで到着。この日の最終目的地は金沢なのだが、福井で乗り継ぎの待ち時間が1時間近くあり、せっかくなので途中下車して街へ出てきた。 福井駅はもうすぐ(とはいえまだ数年後)新幹線が延伸するらしいが、前のめりに駅前をリニューアルしていて、恐竜が闊歩する奇妙な駅前の風景が...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください