今回の青春18きっぷ旅もいよいよ終わり。名古屋から東京までは「ぷらっとこだま」の各駅停車の旅で帰ることにする。

名古屋では新幹線のなかで食べるため、コンパルでサンドイッチを買ったのだけど、どうしても新幹線ホームのきしめんも気になってしまい食べてきた。もうお腹いっぱいだ。。

友人などから名古屋では新幹線ホームにあるきしめんが一番うまいと口をそろえていっている。ある人は何番線ホームのものが一番うまいのだという人もいたのだが、何番線だったか忘れてしまった。たしかに、あとで調べてみるときしめんのお店はすべて同じ系列店ではあるものの、店ごとに出汁をとって天ぷらも店内で揚げているらしく、ホームごとに味が少し違うということもあるかもしれない。

きしめんのお店を探してホームをさまよう。新幹線のホームってすごい長い。

今回は東京方面にいくホームだったのだけど、もっとも東京寄りのあたりにお店があって結構遠く感じた。ホームにあがると「きしめん屋はこっち」みたいな案内があって人気店なのだなって思う。

頼んだのは肉入りきしめん。きしめんというと鍋にいれる印象があるのだけど、こうして普通にうどんのように出てきてもあまり違和感がない。そして、食べてみて麺はやわらかいようでして、コシがあるという不思議な感じ。この極太さがその風合いを出しているのだろうか。

これが、食べたかったきしめん。

出汁はちょっと濃いかなと思うところはあるものの、駅ホームの立ち食いというレベルではなくかなり美味しい。たしかに、旅の最後に食べたくなる気持ちはわかる。僕もしっかり食べきって新幹線に飛び乗って東京へ帰ることができた。いや、ほんと食べてばかりだったけどいい旅だったな。

Related Post

勝浦の「はらだ」で担々麺の食べくらべ... 「江ざわ」で勝浦担々麺の美味しさに感動して、再訪しようと行ってみたのだが臨時休業だったのでもう一つの人気店である「はらだ」へ行ってみた。 「はらだ」へのアクセス 「江ざわ」から車で5分くらいのところ。市原方面から来ると、江ざわよりも手前の方にあって、大多喜街道(国道297号)から少し細い脇道を入...
「あげ処 ぶんごや」は本店で品切れ中のから揚げもあったので行ってみるべし... 中津城もみたし、そろそろ福岡に戻ろうかと思ったのだが帰りの特急までまだすこし時間があったので、中津駅の反対側にある「あげ処 ぶんごや」に行ってみることにした。国道沿いにある平屋建てプレハブの集合体みたいな場所があって、歩いて行くには結構遠い、自転車で行くにはぎりぎりのところ。 中津の人たちは駅...
台北の度小月にも行ってみた お店の外観 永康街を歩いていたら度小月に遭遇。ちょうど小腹も空いていたので立ち寄ってみた。 店内は台南で行った本店にそっくり。全体的にアンティーク調なインテリア、入口に担仔麺を作るところがあるところとか共通している。結構高級そうな雰囲気なのに、出てくる料理が手頃なのがいい。 とい...
さすけ食堂の黄金あじのフライは神がかり的な美味しさ... 千葉の浜金谷へ行ってきた。この町の港からは横須賀との間を結ぶフェリーが出ているのだけど、火力発電所があったりする横須賀の風景と比べて、浜金谷のひなびた雰囲気はそのコントラストがすごいある。 その浜金谷の港からほど近いところにある食堂。本当に小さな食堂なのだけど、駐車場からは車があふれるばかりに...
JR最南端の西大山駅はなかなかの秘境駅... 指宿温泉から車で20分くらいと近いのだけど、列車の本数は1日数本というその少なさから鉄道でのアクセスが難しい秘境駅のひとつにあげられる西大山駅。ここは指宿枕崎線の鉄道駅としては日本最南端にあたり、ホームからは開聞岳がみえるのどかな駅で有名になっている。 ただし、無人駅で周囲にはなにもなく、鉄道...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください