今回の青春18きっぷ旅もいよいよ終わり。名古屋から東京までは「ぷらっとこだま」の各駅停車の旅で帰ることにする。

名古屋では新幹線のなかで食べるため、コンパルでサンドイッチを買ったのだけど、どうしても新幹線ホームのきしめんも気になってしまい食べてきた。もうお腹いっぱいだ。。

友人などから名古屋では新幹線ホームにあるきしめんが一番うまいと口をそろえていっている。ある人は何番線ホームのものが一番うまいのだという人もいたのだが、何番線だったか忘れてしまった。たしかに、あとで調べてみるときしめんのお店はすべて同じ系列店ではあるものの、店ごとに出汁をとって天ぷらも店内で揚げているらしく、ホームごとに味が少し違うということもあるかもしれない。

きしめんのお店を探してホームをさまよう。新幹線のホームってすごい長い。

今回は東京方面にいくホームだったのだけど、もっとも東京寄りのあたりにお店があって結構遠く感じた。ホームにあがると「きしめん屋はこっち」みたいな案内があって人気店なのだなって思う。

頼んだのは肉入りきしめん。きしめんというと鍋にいれる印象があるのだけど、こうして普通にうどんのように出てきてもあまり違和感がない。そして、食べてみて麺はやわらかいようでして、コシがあるという不思議な感じ。この極太さがその風合いを出しているのだろうか。

これが、食べたかったきしめん。

出汁はちょっと濃いかなと思うところはあるものの、駅ホームの立ち食いというレベルではなくかなり美味しい。たしかに、旅の最後に食べたくなる気持ちはわかる。僕もしっかり食べきって新幹線に飛び乗って東京へ帰ることができた。いや、ほんと食べてばかりだったけどいい旅だったな。

Related Post

「ホテルモントレ大阪」雨の日でも大阪駅まで傘をささずに行けるおしゃれホテル。... 今回の青春18きっぷ旅はひたすらローカル線に乗っていく旅なので、どうしてもターミナル駅近くのホテルに泊まることになる。大阪では駅から地下街をとおって天候に関係なく近くアクセスできそうな「ホテルモントレ大阪」にしてみた。夏場のシーズンでもたまたまなのか結構安く泊まれることができてラッキーだった。 ...
博多の屋台「松っちゃん」で観光客気分を味わう。... 自分ひとりの旅だったら、博多の屋台は一杯だけ飲んで雰囲気味わって終わりにしただろうなあ。台湾の夜市みたいなもので、観光客がひしめきあってああだこうだするところかなって思う。でも、川沿いに建つ屋台の通り道や椅子に座って賑やかにやっているお客さんをみると、なんだかすごく楽しそう。 ということで、今...
芋けんぴを名古屋土産に買ってみるのはおすすめ... 名古屋土産はなににしようかなあって悩んで結局買ってみたのは、名鉄百貨店の地下に入っている覚王山 吉芋の芋けんぴ。 パックに入っていてあまり日持ちしないので、お土産にはどうかと思ったのだが、あまりの美味しさにあっという間になくなってしまいお土産には最適だった。 この芋けんぴは、商品...
いたる 本店にも行ってみた。ごく普通の居酒屋さん。... 今回、金沢での夕食はきく家に行くことができたのだけど、もともとは「いたる」でちょっと地元の料理を食べようかなって思っていた。でも、予約をとることができず、きく家に行ったのだが、これは本当に僥倖ともいえることだと知った。 きく家に行ったあと、まだ夜もはやかったのと、いたるの近くまで来たこともあり...
姨捨駅から眺める善光寺平の夜景(そして翌朝も訪れた)。... 冬に通った松本から長野までの篠ノ井線。途中でとおった姨捨駅からの風景は「日本三大車窓」というだけあって雄大で美しいものだった。 前回の旅:篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅 今回は青春18きっぷも使えることだし、ちょっと夜景を見てみようではないかと、松本から姨捨まで...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください