2017年の夏は青春18きっぷを使って旅行をしてきた。移動をする旅っていままであまりしなかったけれど、興味があったスタイルではある。そして各駅停車の旅というのもおもしろそう。

ということで、すっかり青春ではないのだけどこのきっぷを使って旅行をしてきた。きっとこの種類の旅行は旅程が重要そうな気がするので、細かいルートをまとめてあります。

1日目:青春18きっぷでローカル線の旅(東京から大阪まで)
2日目:青春18きっぷでローカル線の旅(大阪から金沢まで)
3日目:青春18きっぷでローカル線の旅(金沢から名古屋、そして東京まで)

旅のはじまりは東京駅

やたら移動ばかりしている乗り鉄旅。でも、鉄道での旅もいいなと改めて感じた。車で移動する旅とは全然違う風景を見ているような感覚がある。

車だと国道にそって走って行き、通りの両側にはお店があったり、家の門があったりして賑やかだけど、どこまで行っても似たような風景がつづく。

電車では、駅以外の場所では乗り込むこともできないので、通り抜ける町にとっては裏側をぬけている感じで、国道沿いの建物の裏側や田園、庭を眺めたりして過ぎていく。

これはなんだか、途中で降りる自由さはないけれど、みえている風景はとても生活感があったり、変化があったりする。車窓からの眺めこそが旅の醍醐味なんだろうな。

1日目の旅程では天竜浜名湖線の風景がハイライト、旅情のある天竜二俣駅など見どころが多い。そし普通列車だけで大阪まで着いたときの不思議な感覚は新しい旅だなと思った。

天竜二俣駅

大阪の街

2日目は盛りだくさん。京都丹後鉄道の「あかまつ」「あおまつ」や西舞鶴、福井での途中下車。小浜線からみえた海の風景、夜は金沢の「きく家」で絶品の寿司など、二日目だけでももう一度してみたい旅だと思える。

あかまつに乗って眺めた日本海

きく家の寿司

3日目はちょっと疲れが出つつあったけれど、べるもんたから眺めた田園風景や、氷見線の雨晴駅でみた雨と晴れの風景。富山から高山本線乗っていたら、猪谷駅あたりまで行くともう秘境みたいな感じですごい風景。時間があったらちょっと降りてみたかったなあっていまでも思う。

雨晴駅
猪谷駅の近く
高山本線

川沿いにすすむ鉄道路線やいつの間にか流れの向きが変わる川とか見ていて飽きない風景だった。飛騨高山駅で買ったお弁当の美味しさも忘れられないな。

2泊3日だけどすごく移動した旅だと思う。いろいろと楽しいけれど、乗り鉄旅はやはり3日くらいがちょうどいいのかもな。

この旅の記録:青春18きっぷでローカル線の旅(2017年8月編)

Related Post

冬の京都を旅してきた 2016年編 新幹線で京都への移動、あっという間 ちょっと思い立って冬の京都へ行ってみることにした。 この冬は厳冬のヨーロッパでビール飲んだりコンサートでも行ってみるかとか考えてもいたのだが、よくよく考えてみると、そんな体力も時間もなかったので手軽な京都へ・・というところ。 荷物をまとめたら、...
台南小吃旅シーズン2 2016年の3月、ひさびさに台南を旅してすっかり気に入ってしまう(詳しくは「台南小吃グルメを食べ歩く散歩旅(2016年3月) 」にて)。そして、その2ヶ月後にはやくもまた来てしまう。タイガーエアというLCCが味方してくれているとはいえ、まあ結構な頻度だよなって自分でも思う。 でも、台南という街...
伝統の森滞在ふたたび カンボジアで機織りをやっているNGOの組織があって、それが結構面白くて僕も少しだけそこに関わっている。僕自身はたいしたことはしていないのだが・・・。(前回の訪問はこちら) 自家製のレモンと蜂蜜のドリンク 今回はバンテアイスレイから伝統の森までわりと近いこともあり、ランチを食べるがてら立...
金瓜石で古きよき日本家屋を探訪する... 九分行きのバスで知り合った日本人に「九分の先にある金瓜石に行かれるということですが、そこはどういったものがあるんですか?」と聞かれたのだが、僕はそれに対して答えをもっておらず、ずいぶん怪しい回答をしたと思う。 しかし実際問題として金瓜石になにがあるのか知らなかったのだから、それは仕方が...
小豆島への旅と瀬戸内国際芸術祭2013夏編... 豊島から小豆島の土庄港までフェリーで移動して、はじめての小豆島への上陸。いままで通ってきた島と比べてだいぶ大きな島だなあとう印象。実際、携帯ショップがあったりチェーン店があったりと普通の街という感じだった。 小豆島ではレンタカーを借りて行動することにしていたので、まずはレンタカーの受け取り。今...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください