池袋というと、山手線圏内のなかでも治安が悪い方で、騒がしくてチェーン系のお店が多いという印象がある。

東口からサンシャインの方に歩いて行くとその印象は間違ってないなと思えるのだが、そこから少し路地に入ったところにあるCOFFEE VALLEY は落ち着いた一軒家のカフェでまわりの喧噪とは異なり静かで居心地のいい空間になっている。

COFFEE VALLEY、静かでおしゃれな店内

場所は池袋の東口から少し歩くところで、サンシャイン60へ向かう通りの交差点を少しそれたところにある。表通りから路地に入った立地なので見逃さないようにしたい。

ランチタイムにはサンドイッチのセットがあり、玉子サンドと好きなコーヒー頼んでも1,000円しないというお得さがある。香味野菜がちょっとしたアクセントに聞いていてちゃんと美味しい。

コーヒーはマキアートをお願いしたのだけど、豆を選ぶことができる。今回はミルクの甘みを引き出すということで、エチオピアのフルーティーなものにしたのだが、この風味の豆をエスプレッソで飲むことがなかったので新鮮な感じがした。そして、お店の人がいうとおりミルクの甘みを引き出す香りだ。こういうマキアートもありだなって思える。

マキアートとたまごサンド

COFFEE VALLEY では二杯目以降のコーヒーは100円引きになるので、さらに試してみてもらいたいのは同じコーヒー豆をエスプレッソ、マキアート、コーヒーの三種類で飲み比べができるThree Peaksというもの。同じお題目を三種類の解釈で楽しめるというのは、コーヒーというものは手段によって全然異なる顔をもつものなのだなって改めて実感できる。利き酒みたいなこのメニューはおもしろいなあ。

Three Peaksという同じ豆をエスプレッソ、マキアート、コーヒーと三種類の飲み方で比べることができる

静かで居心地のいい空間というだけでなく、美味しいコーヒーを味わえる幸せな場所だ。池袋の喧噪につかれたら立ち寄ってみてもらいたい。

COFFEE VALLEY
住所:東京都豊島区南池袋2-26-3
時間:8:00(土日祝9:00)-22:00
休み:無休

Related Post

來了はカフェとしての利用もおすすめ... 2016年現在、台南でおもしろくなってきそうなエリアのひとつは新美街という小さな路地が通るエリア。台南のよさである古い建物をリノベーションして居心地のよい空間をつくり出していて、新しい文化の発信地になってきている。そして、今回訪れた來了はそんななかでも有名なところのひとつ。 來了へのアクセス...
代々木上原で楽しむエチオピアコーヒーのお店、トモカコーヒーへ行ってきた... ひさびさに代々木上原へ行く用事があって、そのついでに時間つぶし出来るところないかなと見つけたところ。 エチオピアコーヒーといえば、ギルドコーヒーにあるイルガチェフG-1には衝撃をうけた。最初はあまりにも独特な香りで「この豆は大丈夫なんだろうか」って思ったものだが、いまではあの香りが好きになって...
the GATE – ワットポー近くの朝から営業しているカフェ... ワット ポーからワット アルンへと向かう桟橋のすぐ近くにあるカフェ。チャオプラヤ川沿いではないのだけど、雰囲気がよくて朝から営業しているので便利ではある。 メニューはイタリアンの軽食がメインになっているのだが、朝はあまり料理は提供していない。また、二階からはワット ポーが望めるみたいなのだが、...
井上誠耕園とカフェ忠左衛門 小豆島といえばオリーブと醤油じゃないかと思っている。今回は滞在時間が短かったので、どちらも堪能しきる!ということは難しかったのだが、オリーブ関連でいえばここ井上誠耕園と、この会社が運営しているカフェ忠左衛門は素晴らしいと感じた。 とくに、カフェ忠左衛門は小豆島での必須じゃないかと思ったのだが、...
エド – 東日本橋にある格安な喫茶店... 東日本橋に用事があって、朝から利用できるカフェや喫茶店みたいなのあるかなと思って探し当てたところ。 店名からしてインパクトがあるのだが、中身はいたって普通の喫茶店という感じ。古めかしい木目調の店内はイスがややくたびれているものの、居心地が悪いというほどではない。 そして、朝8:00からや...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください