冬に通った松本から長野までの篠ノ井線。途中でとおった姨捨駅からの風景は「日本三大車窓」というだけあって雄大で美しいものだった。

前回の旅:篠ノ井線の姨捨駅「日本三大車窓」を通って長野までの列車旅

今回は青春18きっぷも使えることだし、ちょっと夜景を見てみようではないかと、松本から姨捨まで夜景を見るためだけに電車を乗ってきた。

北アルプスの信濃大町呑み歩きから松本まで戻ってきて、少し酔いをさまして、松本発 19:14の篠ノ井線に乗ると約40分ほどで姨捨まで行くことが出来る。姨捨着は19:56。姨捨から松本までは 20:22発で松本着は 21:04となる。

松本発 19:14の篠ノ井線
クラフトビール飲みながら行くことにする

僕は松本から普通列車で行ったのだけど、ちょうどついたタイミングで長野からは夜景をみる観光列車が来るところだったみたいで駅は賑わっていてなんかちょっとよかったなと思う。普段であればすごく静かな駅で20分ほど夜景を見ることになっていたと思う。

9月のはじめの姨捨駅はすでに秋で、電車を降りるとひんやりとした空気だった。乗っている電車も人はまばらで松本で遊んでどこかで降りていく人ばかり。姨捨に着くころにはほとんど乗っている人もいなかった。

空気が澄んでいたこともあり、善光寺平の夜景はキラキラとしていて、まるで粉砂糖をまぶしたような風景だ。サンテグジュペリが「南方郵便機」で書いたんだっけかな、この光のひとつひとつに家があって生活があるのかと思うとすごく神聖で大切な風景のような気がする。

夜の姨捨駅
姨捨駅からの夜景

ひらけた昼間の風景もいいけれど、この夜の風景もまた人の暖かさを感じる美しいものだなあ。ちょっと酔っ払っていたけれど、わざわざやってきてよかったと思えるものだった。車だとだいぶアクセスするのが面倒そうな場所なので、列車でやってくるのが一番いいと思う。そして、他の日本三大車窓がどんなものなのか気になってきた。

翌朝、ふたたび篠ノ井線に乗って姨捨駅
秋の善光寺平も美しい

Related Post

高雄と台南の移動について タイガーエアで高雄に到着して台南までの移動。地下鉄と台湾鉄道を乗り継ぐことになるのだけれど、それほど難しいことはなく移動できるので、高雄へのフライトからでも台南への旅をしてみてもらいたいところ。 高雄国際空港から高雄駅まで 高雄国際機場から高雄車站まではMRTの紅線で一本で行ける...
ヴァンクリーフ&アーペルのプロジェクションマッピングをみてきた... 去る2013年12月11日、12日の2日間、恵比寿にあるジョエル・ロブションの建物を利用したプロジェクションマッピングが上映されていたのでみてきた。 クリスマスシーズンだったこともあり、ロブションがある恵比寿ガーデンプレイスも巨大なツリーやイルミネーションの並木道があってかなり煌びやかな雰囲気...
ルアンパバンお寺巡り ルアンパバンの観光となると、朝の托鉢がおわれば自転車を借りて市内のお寺を巡ってみるのがいいと思う。なにせ80あまりもあるので、名前を覚えきれないくらいたくさんある。 寺院によっては、僧侶と結構気さくに話せたりするところもあったり、雰囲気も異なるので、自分が好きだなって思う場所を探してみるのがい...
赤城自然園で圧倒的な紅葉を堪能する... 利用しているクレジットカードの会員誌で紹介されていて、気になっていた赤城自然園に行ってみた。 紅葉のシーズンにあわせて訪れてみたのだが、ピークには少しはやいもののそれでもところどころで圧倒的な美しさを実感した。 渋川の町を見下ろすところにある 紅葉するというのは花が色づくとはちが...
アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみてきた... 去年に続いて今年もアートアクアリウムを観てきた。 去年も来ているのに、開催場所のことをすっかり忘れてコレド日本橋に行ってしまったのだが、正しくはコレド室町となる。 普段来なれない場所にくるとこうなるわけです・・・。 しかし、平日のアートアクアリウムは空いていてゆっくり鑑賞できるのが...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください