佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。

食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので書いてみる。

お店はそれほど広くなさそうで、料亭というか小料理屋さんのような雰囲気。座敷が仕切られた席の構造で、昔の居酒屋ってこんな感じだったのだろうなと思ったりする。

料理はどれも佐賀の逸品ぞろい。とくに、海鮮については本当においしい。季節があえば烏賊の刺身をいただくことができるのだが、これがもう甘みがあって都内で食べるものとは全然違うし、札幌で食べたものとも違う。まさに烏賊の本場ともいえる味。ちょっと申し訳ない気持ちもありつつ食べた。
残ったゲソなどは天ぷらにして食べるのがおすすめ。これはこれで、また違った雰囲気でうまい。

20131102-1744-13-04624

そして、今回もっとも美味しかったのは、鯖の刺身。鯖というとしめ鯖のように酢でしめてしまうことが多いのだが、ここではそのまま頂くことができる。これが脂がのっていて、その甘みを感じてうますぎる。これはかなり鮮度がよくないとできないものなので、まさに地産地消ならではのものだと思う。

20131102-1820-26-04625

日本酒も佐賀のものを中心に幅広くそろえているので、佐賀に来たからには奮発するときには是非こちらをおすすめしたい。予約してから行くのが無難。

鍋家 花たろう
住所:佐賀県佐賀市白山2丁目5−8

佐賀県佐賀市白山2丁目5−8

Related Post

一平(船橋) – 古きよき庶民的な居酒屋... 千葉にある船橋は、いまもむかしも料理待ち的なところがあって、昔の海岸線である国道14号線の近くは路地が迷路みたいに入り組んでいたり昔の名残が残っている地区がある。 整理された状態よりもこういう混沌とした状態の方が好きな僕としては、好きな街のひとつなのだけど駅前からちょっと外れたところに一平とい...
ふくの家(佐賀)で激安だけど質の高いラーメンを食べる... いつものごとく、旬の蔵パセリで飲み明かしたのだけど、まだ夜もそこまで深夜ってほどじゃないなと思って、夜の街を散歩してみた。24時くらいだったと思うが、もう街にはほとんど人が歩いていない。 ちょこっと九州のラーメンでも食べようかなあと思って、佐賀駅周辺で深夜まで営業しているところを探したら出てい...
旬菜中華屋 龍房 – 佐賀ちゃんぽんの名店... 佐賀ちゃんぽんフリークの知り合いに連れてきてもらったお店。ここのちゃんぽんはうまい!ということで、佐賀駅から車にのってやってきたのは、佐賀大学近くにある中華屋さん。 見た目は普通の郊外にある中華料理店で、店内もちょっとオシャレなチャイニーズレストランといった雰囲気。 料理人の方は台湾出身...
へぎそばならば「由屋」 はやはり美味い... 「へぎそば」とはつなぎに「ふのり」を使っていて独特の強いコシがあるのが特徴の蕎麦。かなり食べ応えがある蕎麦で、越後妻有に来たら津南の「とんかつ つまり」とともにおすすめのグルメ。 へぎそばのお店はいくつかあるのだけれど、なかでも評判がいいのは土市にある由屋。ひさびさに食べログでチェックしたら、...
痺れるほどに美味い四川料理は目黒にあり。「龍門」で堪能してきた。... 世界三大料理である中華料理のなかで、四川料理はもっともメジャーなもののひとつである。北京、上海、広東、四川を並べて中華四大料理と呼ぶらしい。 そのなかの四川料理は旨くて辛いイメージが強くちょっと敬遠してしまいがちだが、目黒にある龍門の四川料理は山椒のぴりっとしたスパイスが効いていて、これはこれ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください