佐賀の地元の人に連れて行ってもらったお店。今回で2回目なのだけど、豪華な食事といえばここっていう感じ。日本酒の種類も豊富だし、なにより佐賀の新鮮な魚を食べることができる。

食べログには全然クチコミないのだが、隠れた名店で、できればそのままにしておきたい存在であるけれど、あまりに美味しかったので書いてみる。

お店はそれほど広くなさそうで、料亭というか小料理屋さんのような雰囲気。座敷が仕切られた席の構造で、昔の居酒屋ってこんな感じだったのだろうなと思ったりする。

料理はどれも佐賀の逸品ぞろい。とくに、海鮮については本当においしい。季節があえば烏賊の刺身をいただくことができるのだが、これがもう甘みがあって都内で食べるものとは全然違うし、札幌で食べたものとも違う。まさに烏賊の本場ともいえる味。ちょっと申し訳ない気持ちもありつつ食べた。
残ったゲソなどは天ぷらにして食べるのがおすすめ。これはこれで、また違った雰囲気でうまい。

20131102-1744-13-04624

そして、今回もっとも美味しかったのは、鯖の刺身。鯖というとしめ鯖のように酢でしめてしまうことが多いのだが、ここではそのまま頂くことができる。これが脂がのっていて、その甘みを感じてうますぎる。これはかなり鮮度がよくないとできないものなので、まさに地産地消ならではのものだと思う。

20131102-1820-26-04625

日本酒も佐賀のものを中心に幅広くそろえているので、佐賀に来たからには奮発するときには是非こちらをおすすめしたい。予約してから行くのが無難。

鍋家 花たろう
住所:佐賀県佐賀市白山2丁目5−8

佐賀県佐賀市白山2丁目5−8

Related Post

月島の「えびすや」でもんじゃと鉄板焼き... 海外に住んでいる友人が日本に一時帰国してきて夜にご飯をすることになったのだが、月島でもんじゃ焼きということで選んだお店。僕が好きなのは「いろは」なのだが、予約がとりづらくこの日も満席。 すぐ近くにある「えびすや」に行ってみることにした。どうでもいいことだが、「いろは」に行くと毎回いい感じに酔っ...
小布施堂で究極のモンブラン「朱雀」をいただく... 前から気になっていたんだけど、なかなかタイミングがあわずに逃していた小布施堂の朱雀。2週間の期間限定とか短い。 今回、意を決して、このためだけに行ってみよう!と小布施へ行ってみた。深夜に家を出発して、関越道から上信越道へと抜けていく。小布施サービスエリアのETC出口から小布施堂までは車で5分く...
セララバアド 2016 Winter Menu を楽しむ モダンガストロノミーにおける日本の名店であるセララバアド。春と秋を体験して、次は冬メニューを楽しんできた。 結構前のことなのだけれど、ここの料理は出会いの新鮮さが面白いので、メニューが終わってからブログの記事を書くようにしている。手品の種明かしを先に知ってしまったら悲しいじゃないか。 今...
おきな屋で富翁の日本酒を試飲しながら購入... 油長で呑んだ富翁の日本酒がハッとするくらい美味しくて、ちょっと調べてみたら酒蔵の直営店がすぐ近くにあって、試飲しながら買うことができるとのこと。さっそく行ってみることにした。 おきな屋へのアクセス 京阪の伏見桃山駅からつづく伏見大手筋商店街のアーケードを抜けたさらに先にある。アーケードか...
Barrio(バリオ)はシェムリアップで気軽にいけるビストロ的な存在... シェムリアップで夕食を食べるときに、手軽に美味しいビストロとして行ってみたところ。 ワインリストはそれなりに豊富だし、料理も数百円レベルでちゃんとしたフレンチ出てくるので、行かないという選択肢が思い浮かばないくらいのレストランだった。 問題点をしいていえば、エリアがちょっと離れているので...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください