小海線に乗って小淵沢までやってきた。列車は小淵沢駅近くまで来ると、なにを思ったのか突然ほぼ反対方向まで大きくカーブをしながら小淵沢駅に向かっていく。

この突然の急カーブの理由は直線の傾斜がきついとか巨大な石があったとか、政治的な絡みだとか諸説あるみたいだけど、電線もなにもない築堤の上を甲斐駒ヶ岳をバックに走る小海線はすごいきれいだった。

通称「小渕沢大カーブ」には小渕沢駅から歩いて20分くらいで行くことができる。駅から大カーブまでの間は小さなスーパーが一軒あるけれど、大カーブ付近にはお店もトイレもなにもないので長い時間粘る場合にはあらかじめ用意をしておいた方がいいと思う。大カーブの入口くらいのところには路肩に何台か車をとめる場所があるけれど、週末は混み合うこともあるので、駅前あたりの駐車場に車をとめて歩いて行くのもいいかと。

小淵沢の駅から大カーブまで歩いて行く
雄大な風家

小渕沢から大カーブへの道は雄大な南アルプスの風景を眺めながらの散歩道ですごく気持ちがいい。途中にある踏切もまた雰囲気があってフォトジェニックだ。

大カーブの写真を撮る場合なのだけど、甲斐駒ヶ岳を眺める方向はカーブの内側で東から西の方角を望むため、午前中の方がきれいに写真映えするんじゃないかと思う。僕は午後3時くらいに訪れたので、ちょっと太陽が西に傾きつつありやや逆光気味になってしまった。それでも、この雄大な風景は鉄道がなくても見ごたえがある。

ここを通り抜ける小海線はかなりスピードを落としてすすむので写真に収めやすい。僕みたいにあまり鉄道写真になれていない場合でも、雰囲気的に撮りやすい場所だと思うので、きれいな風景に興味があったら訪れてみるのがいいかと思う。

ということで大カーブに到着
しばらくすると列車がやってきた
ものすごいゆっくりすすむ列車
気持ちよさそうだなあ
雰囲気ある踏切

小淵沢大カーブ

Related Post

京都丹後鉄道「丹後あおまつ号」に乗ってきた。... 青春18きっぷの旅2日目。大阪から福知山までJRで移動して福知山からは青春18きっぷの適用外である京都丹後鉄道の乗り鉄旅。 京都丹後鉄道は高速バスで有名なウィラートラベルが運営している鉄道で、「丹後くろまつ号」「丹後あかまつ号」「丹後あおまつ号」という観光列車のトリオが有名なのです。 このなかで...
香港の珍名所、萬沸寺参拝 香港でカルト的な人気を誇っている萬沸寺。写真をみせてもだいたいは「まあ・・面白そうなところだよね」という反応で終わるわけだ。 しかし、ホーチミン シティでは狂ったディズニーランドともいわれているスイティエン公園にも行き、この香港の珍名所ともいえる場所へ行ってみることにした。ちなみに、数年前にも...
六花の森ほど心地よい場所はない まったく事前になにも調べずに訪れた今回の旅での発見のひとつだと思う。 中札内の町のはずれにある六花の森。六花亭がこの地に製菓工場を作るとき、自らのお店の包装紙にもなっている花柄の風景を実際に作りたいってことで、あれた耕地をこんな森に変えてしまった。 ちなみに、六花亭という社名の由...
鎌倉の大仏をみてきた 年末の昼過ぎから鎌倉をちょこっと日帰りで散歩みたいな旅してきた。僕にとっては鎌倉って近すぎてなかなか行かないところだけれど、なんだろう、色んな要素があって面白いところだった。 ただし、年末の時期に行くには寒い。もっと光の強い時期に改めて行ってみたいところ。 まずは、鎌倉駅から江ノ電に乗り...
二ヶ領用水(川崎)の桜並木をみてきた 関東圏の花見シリーズ、最近になって話題になってきている二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)の桜をみてきた。江戸時代に多摩川から引き込んだ用水路で南武線の登戸駅から宿河原駅の間くらい。 みどころは宿河原駅にほど近いところにある。あたりは普通の住宅地で南武線が通っているので桜と南武線という組み合わせをなが...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください