東京三大ジャンボ餃子の一角、上野の昇龍へ行ってきた。以前は複数の店舗があってパート1,パート2とかなっていたのだが、肉の大山のすぐ横にあったパート2は閉店していて、現在はパート1のお店のみ。ということで、「昇龍」という番号なしの店名になっている。

「昇龍」へのアクセス

上野のアメ横商店街のなかにある。まさにガード下というところで、「カドクラ」や「たきおか」がある通りのすぐ近くの場所。間口が狭いお店なのだけど、意外にも奥行きがあり、さらには二階もあるので混雑していても案外入れてしまう。店先ではお持ち帰りの餃子も売っている。

お店はガード下にある

「昇龍」について

銀座の天龍、池袋の開楽とともに東京三大ジャンボ餃子のお店。とにかく具だくさんで食べ応えのある餃子を食べることができる。餃子といえばビールということで、生ビールを飲みながら餃子を待つことにする。申し訳程度につまみが出てくるのだが案外美味しい。そして、餃子とビールって本当に定番の組み合わせだ。

生ビール飲んで待つ
餃子はでかい!そしてうまい。

餃子はかなり大きいのだが、天龍や開楽よりかは少し小ぶりでまだ食べやすい。野菜たっぷりの餡が後味も残らずばくばくと食べられてしまう。パート2で食べたときよりも優しい感じがする。このあたりは立ち飲み屋も多いのでシメの餃子というのもいいよな。

渋い作りのお店はリニューアルされたばかりでわりと清潔。ちょっとした休日のランチから、昼のみのシメまでいろんな活用ができるいい店だ。

昇龍
住所:東京都台東区上野6-10-14
時間:11:30-20:00
休み:月曜・第2火曜・年末年始

Related Post

東京にいるのに完全に台湾の味。「台湾麵線」で麺線&魯肉飯を堪能する。... ここはすごい。ここの麵線食べたとき、西門にある阿宗麺線の風景が目の前に広がっていた。一瞬で台北の下町に行ってしまえる味だ。 新橋駅から少し歩くこの界隈はビジネス街で休日には人も少なくなる。台湾麵線のある場所は地下鉄の御成門からの方が近いくらい。すぐ近くに全然違う台湾麵線のお店があって驚くが、本物の...
添好運に寄らずして香港を後にするのは不幸だと思う。... 今回の旅もいよいよラスト。ミニホテルセントラルに荷物を受け取りに行き、そして香港駅からエアポートエクスプレスに乗りこむことにする。 しかし、ここで忘れていけないのは添好運に立ち寄る時間をとっておくこと。待ち時間含めて1時間くらいとっておけば充分に楽しむことができる。空港に行って高い食事をとるく...
焼肉 やまだ(上野) – カジュアルで美味しい焼肉... 店のロケーションは怪しい 焼肉といえば、渋谷の鉢山に対して真逆の雰囲気なのだけど、美味しい焼肉を食べるという点においてはひけをとらないと思っている。 お店のロケーションは上野広小路のちょっと怪しい路地にあるので、若干いくのをためらいそうなところではある。 でも、美味しさには変えら...
杭州小籠湯包(台北)は定番な小籠包を手軽に食べられる... 中正記念堂の近くにあって、MRT東門駅からも近い小籠包の名店。ガイドブックにも載っている有名店なのだが、有名なだけあるなってところで安定の美味しさ。 すべての小籠包は店内で手作りされていて、テイクアウトもできるのだが、ピークタイムに関係なく、ひっきりなしに人が来ているので地元でも評価されている...
尖沙咀の美味厨はなにか違う気がする... 香港に詳しい友人にどういうところでご飯食べたら美味しい?って尋ねてみて真っ先に回答されたのが美味厨の排骨菜飯は絶対に食べた方がいい!っていう熱狂的な推薦。 本店は香港島の銅鑼湾にあってちょっと行きづらいなあと思っていたのだが、尖沙咀(チムサーチョイ)側にもお店が出来たみたいなので、そっちに行っ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください