東京三大ジャンボ餃子の一角、上野の昇龍へ行ってきた。以前は複数の店舗があってパート1,パート2とかなっていたのだが、肉の大山のすぐ横にあったパート2は閉店していて、現在はパート1のお店のみ。ということで、「昇龍」という番号なしの店名になっている。

「昇龍」へのアクセス

上野のアメ横商店街のなかにある。まさにガード下というところで、「カドクラ」や「たきおか」がある通りのすぐ近くの場所。間口が狭いお店なのだけど、意外にも奥行きがあり、さらには二階もあるので混雑していても案外入れてしまう。店先ではお持ち帰りの餃子も売っている。

お店はガード下にある

「昇龍」について

銀座の天龍、池袋の開楽とともに東京三大ジャンボ餃子のお店。とにかく具だくさんで食べ応えのある餃子を食べることができる。餃子といえばビールということで、生ビールを飲みながら餃子を待つことにする。申し訳程度につまみが出てくるのだが案外美味しい。そして、餃子とビールって本当に定番の組み合わせだ。

生ビール飲んで待つ
餃子はでかい!そしてうまい。

餃子はかなり大きいのだが、天龍や開楽よりかは少し小ぶりでまだ食べやすい。野菜たっぷりの餡が後味も残らずばくばくと食べられてしまう。パート2で食べたときよりも優しい感じがする。このあたりは立ち飲み屋も多いのでシメの餃子というのもいいよな。

渋い作りのお店はリニューアルされたばかりでわりと清潔。ちょっとした休日のランチから、昼のみのシメまでいろんな活用ができるいい店だ。

昇龍
住所:東京都台東区上野6-10-14
時間:11:30-20:00
休み:月曜・第2火曜・年末年始

Related Post

「餃子の王さま」は最高の触感を残す野菜餃子だった... 東京で美味しい餃子を食べ歩いているのだけど、浅草にも老舗があって行ってみた。店名の「餃子の王さま」ってなんだか似たような名前のチェーン店があるなと思ってしまうのだが、全然関係なくて創業は1954年(昭和29年)と60年以上もつづく浅草の名店のひとつだ。神保町のスヰートポーヅが1936年(昭和11年)...
製麺会社が営む本格中華!広尾の「はしづめ」でのランチはこだわりの一品が味わえる... 広尾の地元に愛されている中華料理店。こじんまりとした雰囲気は上品な感じがある。カウンター席もあって一人でも行きやすい。そして、2017年のミシュランガイドでビブグルマンを獲得しているお店で、手頃な価格でランチを提供してくれているのが嬉しい。手軽にミシュランの味を楽しめる。 はしづめ広尾店へのア...
鼎泰豐の定番小籠包を試してみた 台北の代表的存在のレストランというだけでなく、世界的にも有名な鼎泰豐の小籠包。お店の外はいつも大賑わいでよやくせずにお店にいくと30分くらいは待つことになる。 でも、便利にできてる感じで調剤薬局の順番待ちみたいに受付で名前と引き替えに予約番号をもらって、そこらへん一通り散歩してお店にもどってお...
上野のアレンモクでサムギョプサルざんまい... 上野で食事しようってことになって、お気に入りのタイ料理店「サワディー」へ行ってみたら扉はしまっているし、閉店していてショックを受けた。すごく美味しいお店だったのに・・、まあお客さん少なかったものな。本場の味が食べられるお店だっただけに残念。 はやくも夕食難民になってしまい、あてどもなく訪れてみ...
小杜意麵 – 台南B級グルメのおすすめ店... あまり明確な目的もなく台南に来てみて、いつの間にか夜。 今回泊まっている正興咖啡館はカフェなんだけど食事できるようなところじゃないので、部屋でネット接続しながらなにを食べようかなあと調べていて発見したお店。 タビアルキ☆タベアルキさんで紹介していた「小杜意麵」というお店がすごくおいしそう...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください