東京の東側では清澄白河につづいたコーヒー激戦区の蔵前エリア。僕のなかではソルズコーヒーの美味しさは別格なのだが、近くにある「コフィノワ」もまたゆっくりとした時間が流れる裏通りにあるいいカフェだなあって思う。この場所に美味しいコーヒー店が集まってきた理由はよくわからないけれど、のんびりした下町の風景によくあっていると思う。

「コフィノワ (COFFEE NOVA)」へのアクセス

ソルズコーヒースタンドの隣の路地にある。蔵前駅を出て春日通りからちょっと路地を入ったところ。なんなら浅草駅からも歩いてくることができる。このまわりにはカフェのほかにもクラフトチョコレートのダンデライオンとかもあったりして散歩してひと休みできるところが多い。

お店の外観
店内

「コフィノワ (COFFEE NOVA)」について

スペシャリティコーヒーを楽しむことができるのと、コーヒー豆や器具の販売などもしている。豆はちょっと高めだけどこだわった品揃えになっていると思う。自分のところで焙煎もやっているので、ここでしか飲めないコーヒーがある。

天気がよくあたたかい日にはお店の入口にあるテラス席でのんびりするのが好きだ。裏通りなので車の往来もなく、近所の人が散歩していたりするのをなんとなしに眺めていたりする。コーヒー以外のスイーツも充実していて、冬場は苺のあまおうを使ったサンドイッチが人気らしいのだが、僕が好きなのはコーヒーゼリーなのです。濃厚なコーヒーを感じるゼリーはちょっとただ者ではない味わい。

コーヒーとコーヒーゼリーの組み合わせが最強

もちろん、コーヒーもまた美味しい。さっぱりというのでもなく、雑味がないクリアなコーヒーってこういうことかって思えるものだ。蔵前界隈のカフェとしては比較的ゆったりした店内もまたのんびりできていいところ。ソルズコーヒーで通りに座って飲むコーヒーもいいけど、ちゃんとしたところでゆっくりした時間を過ごしたいときにはコフィノワを選択したい。

コフィノワ (COFFEE NOVA)
住所:東京都台東区蔵前3-20-5 ハッピーメゾン蔵前 1F
時間:8:30-18:00(土日祝11:00)
休み:木曜日

Related Post

茶湯會 Teapateaで手軽に中国茶 台湾の人ってよく大きめの容器に入ったお茶を飲んでいるイメージがあって、あれいいなと思っていたのです。で、福州胡椒餅を買ってホテルへの帰り道にちょっとシックな雰囲気のお茶スタンド的なものがあったので買ってみた。 あとで知ったのだが春水堂の系列で、ここはなんていうか廉価版でカジュアルスタイルといっ...
サフランコーヒーでラオスのシングルオリジンなコーヒーを楽しむ... ラオスでオーガニックなコーヒー豆を作っている会社があって、その直営店がルアンパバンにある。ルアンパバンについて調べているときにみつけて、ちょっと気になっていたところだったので寄ってみた。 場所はメコン川沿いの道路脇にあって店内の雰囲気もよさそうだが、道路を挟んで反対側にあるメコン川を望めるテラ...
Cupping RoomのNitro Coffeeは全く新しい飲物である... PMQからほど近いところにあるカフェ。コーヒーが美味しくて有名なところで15:00過ぎにいったら店内は満席だった。 香港といえば、例えば美都餐室みたいな、出てきた時点でミルク入っているインスタントコーヒー、みたいなイメージだったのだけどすっかり変わったようだ。 ここでのおすすめは...
甘單珈琲館は台南でも有名な古民家カフェ... 古民家をリノベーションした台南のカフェのなかでも、有名なお店のひとつ。本の表紙になったりすることもあるし、地元の人でも人気のお店。 ここの特徴はなんといってもこだわりのあるコーヒーだろうなというところ。人気店なので、入れないこともある。 甘單珈琲館へのアクセス 台南駅からのびる中山...
銅鑼湾で美味しいコーヒーを楽しむならば、食事もいけるThe Coffee Academicsの旗艦店... 美味しいコーヒーを出すカフェが香港にも増えてきていて、中国茶だけじゃない楽しみが増えてきている。銅鑼湾(Causeway Bay)のエリアではThe Coffee Academicsの旗艦店があり、朝から深夜までさまざまな種類のコーヒーのほか、イタリア料理を中心とした食事も充実していて楽しむことがで...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください