東京発のクラフトチョコレートのブランド。カカオ豆から余計な添加物やミルクなどを加えず、カカオと砂糖のみという必要最低限の素材でチョコレートを作る“Bean to Bar Chocolate”の専門店。東京にしかお店がないのでお土産にもいいと思う。

銀座にもショップがあって白金にはファクトリーストアがあるのだけど、代々木上原(富ヶ谷)にあるお店はちょっとしたカフェも併設されていて、品揃えも豊富なので訪れてみる価値があると思う。

クラフトチョコレートといえば蔵前にあるサンフランシスコ発の「ダンデライオン・チョコレート」とか有名だし美味しいのだけど、Minimalのチョコレートはカカオ豆や砂糖を荒く砕いているのか、ちょっとさくっとした食感もあったりして独特の美味しさがある。ちょっと高いけれど、とっておきのチョコレートとして買いたい。

山手通り沿いにお店がある
店内

カカオ豆のフレーバーによって、果実のような爽やかな甘みがあるフルーティーとかいくつかの分類があって最初はフルーティーがいいなと思っていたのだけど、あれこれ食べていくとスパイスっぽいセイボリーの複雑さが美味しいなと思えるようになったり、コーヒー豆と同じように原産地による異なる味わいといった嗜好性が出てくる。これは贅沢な趣味だなあって思えるものだ。

ちょっとしたスイーツもある
チョコレートの風味があるここだけのスイーツは試しておきたい

富ヶ谷のお店では試食もできるので自分の好きなフレーバーや原産地のものを探すことができる。そして、チョコレートを使ったスイーツもあったりするのでちょっと駅から遠いけれど、訪れてみるのもいいと思う。自分用にも新しい東京土産としてもおすすめできるものだ。

Minimal – 富ヶ谷本店
住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
時間:11:30-19:00
休み:定休日はなし

Related Post

三軒茶屋で台南の味「蜷尾家(二ナオ)」でのソフトクリーム... 台南で人気の蜷尾家が東京に進出するというニュースを聞いてびっくりした。たしかに台湾でも人気のお店だけど、あの台南の街角でやっている小さなお店のソフトクリームが日本でも、しかも東京で食べられるとは。なんという幸運なのだろうか。 台南のお店はこんな感じ 蜷尾家甘味處のソフトクリームふたたび 蜷...
李製餅家 – ずっしり美味なパイナップルケーキ... ひとくちにパイナップルケーキといっても、食感はクッキーみたいなものから、マフィンみたいなものまで、形は丸型から猫型まで種々様々なものがあるけれど、自分で食べておいしくて、人にあげても喜ばれるものといえば、ここ「李製餅家」のパイナップルケーキかなって思う。 形はオーソドックスな箱形で、見た目に対...
浅草浪花家は「鯛焼き」だけじゃもったいないかき氷の名店... 夏になれば食べたくなるのがかき氷。おしゃれだったり、素材にこだわったりしている「クラフトかき氷」みたいなものも増えてきている。 そのなかで、シンプルな昔ながらなかき氷を出してくれるのが浅草にある「浅草浪花家」だと思う。ここは鯛焼きも絶品なので、アツアツと冷え冷えをどちらも楽しみたい。 浅草浪...
栗の木テラスの新しいモンブラン「モンブラン・ネージュ」を試してみた... 津南から国道をとおって小布施までドライブ。千曲川沿いにすすむこのルートは交通量は少なく、道幅も広くて見晴らしのいいルートを通るすごく気持ちのいいドライブコースだ。僕としては津南から小布施に行くルートの方が見晴らしがよくて気持ちがいい。これが不思議なことに逆ルートだとなんかちょっと雰囲気違うんだよな。...
Seiffener Tippel(ザイフェナー ティッペル)で本場のバームクーヘンを発見... 山小屋な外観 阿蘇をドライブしているときに「バームクーヘン」という文字につられて立ち寄ったお店。そう、僕はバームクーヘンが大好きなのです。 お店はなんていうかかわいいヨーロッパの家という感じで阿蘇にこれは・・と思わなくもないけれど、なかにはいってみるとかなりドイツっぽい感じに作られてい...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください