東京発のクラフトチョコレートのブランド。カカオ豆から余計な添加物やミルクなどを加えず、カカオと砂糖のみという必要最低限の素材でチョコレートを作る“Bean to Bar Chocolate”の専門店。東京にしかお店がないのでお土産にもいいと思う。

銀座にもショップがあって白金にはファクトリーストアがあるのだけど、代々木上原(富ヶ谷)にあるお店はちょっとしたカフェも併設されていて、品揃えも豊富なので訪れてみる価値があると思う。

クラフトチョコレートといえば蔵前にあるサンフランシスコ発の「ダンデライオン・チョコレート」とか有名だし美味しいのだけど、Minimalのチョコレートはカカオ豆や砂糖を荒く砕いているのか、ちょっとさくっとした食感もあったりして独特の美味しさがある。ちょっと高いけれど、とっておきのチョコレートとして買いたい。

山手通り沿いにお店がある
店内

カカオ豆のフレーバーによって、果実のような爽やかな甘みがあるフルーティーとかいくつかの分類があって最初はフルーティーがいいなと思っていたのだけど、あれこれ食べていくとスパイスっぽいセイボリーの複雑さが美味しいなと思えるようになったり、コーヒー豆と同じように原産地による異なる味わいといった嗜好性が出てくる。これは贅沢な趣味だなあって思えるものだ。

ちょっとしたスイーツもある
チョコレートの風味があるここだけのスイーツは試しておきたい

富ヶ谷のお店では試食もできるので自分の好きなフレーバーや原産地のものを探すことができる。そして、チョコレートを使ったスイーツもあったりするのでちょっと駅から遠いけれど、訪れてみるのもいいと思う。自分用にも新しい東京土産としてもおすすめできるものだ。

Minimal – 富ヶ谷本店
住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
時間:11:30-19:00
休み:定休日はなし

Related Post

夏のルスルスはかき氷が美味しいのです。... 菓子工房のルスルスといえば焼き菓子が有名で、鳥のかたちクッキーとかはギフトにもぴったりなスイーツだと思う。 ショップは東麻布と松屋銀座、そして浅草にある。なかでも浅草のお店は古民家をリノベーションしていて雰囲気もいいし好きなところ。 真夏などは土日祝を中心にイートインのスペースが開放され...
プノンペンのセントラルマーケットは観光地です... フランス植民地時代である1930年代に建てられたアール・デコ調の優雅な建物。ドーム状の屋根が特徴でプノンペンの象徴的な場所なのだけど、最近の修復工事ですっかり味気ない感じになっている。なんかこう平坦な色合いにしちゃったな・・という感じ。 改修してぺったりした印象になった建物 中はそん...
豆吉本舗松本店 – 松本のものじゃないけど土産に最適... お店の外観 松本パルコから歩いて数分のところにあり、松本駅からお城まで歩いて行く途中にある蔵のような造りのお店。豆菓子の専門店で、京都にもお店があったのだけど、ここ松本にも支店があり、外見はもうまさにそれっぽい土産物屋さんな感じ。 店内には、さまざまな味付けがされた豆菓子が並んでいて、...
ICE MONSTERでマンゴーかき氷を食べる 今回の旅で最も台北的で観光的な行為といえば、ここICE MONSTER(冰館)でかき氷を食べたこと。ここは日本人、台湾人でにぎわっていました。 場所はMRT板南線 國府紀念館駅駅の近く。誠品書店の隣の駅でタクシーで移動しても100元かからないくらいなので、ちょこっと一緒に行ってみるのがいいかも...
広尾のMAX BRENNER CHOCOLATE BARに甘くないランチが登場していた... ひさびさの広尾のマックスブレナー行ってみたら、甘くないランチが登場していた。しかし、甘いものあってのマックスブレナー。両方楽しんでみた。 アクセス 広尾駅から20秒くらい。明治屋が入っているのと同じ建物にあり、広尾まで来ればアクセスは簡単。とはいえ、広尾という街自体がちょっとマイナーとい...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください