東京発のクラフトチョコレートのブランド。カカオ豆から余計な添加物やミルクなどを加えず、カカオと砂糖のみという必要最低限の素材でチョコレートを作る“Bean to Bar Chocolate”の専門店。東京にしかお店がないのでお土産にもいいと思う。

銀座にもショップがあって白金にはファクトリーストアがあるのだけど、代々木上原(富ヶ谷)にあるお店はちょっとしたカフェも併設されていて、品揃えも豊富なので訪れてみる価値があると思う。

クラフトチョコレートといえば蔵前にあるサンフランシスコ発の「ダンデライオン・チョコレート」とか有名だし美味しいのだけど、Minimalのチョコレートはカカオ豆や砂糖を荒く砕いているのか、ちょっとさくっとした食感もあったりして独特の美味しさがある。ちょっと高いけれど、とっておきのチョコレートとして買いたい。

山手通り沿いにお店がある
店内

カカオ豆のフレーバーによって、果実のような爽やかな甘みがあるフルーティーとかいくつかの分類があって最初はフルーティーがいいなと思っていたのだけど、あれこれ食べていくとスパイスっぽいセイボリーの複雑さが美味しいなと思えるようになったり、コーヒー豆と同じように原産地による異なる味わいといった嗜好性が出てくる。これは贅沢な趣味だなあって思えるものだ。

ちょっとしたスイーツもある
チョコレートの風味があるここだけのスイーツは試しておきたい

富ヶ谷のお店では試食もできるので自分の好きなフレーバーや原産地のものを探すことができる。そして、チョコレートを使ったスイーツもあったりするのでちょっと駅から遠いけれど、訪れてみるのもいいと思う。自分用にも新しい東京土産としてもおすすめできるものだ。

Minimal – 富ヶ谷本店
住所:東京都渋谷区富ヶ谷2-1-9
時間:11:30-19:00
休み:定休日はなし

Related Post

salo cafe(サロカフェ) – 新宿での喧噪を逃れた癒やしカフェ... フィンランド語で「深い森」を意味する「salo(サロ)」の名前がついたカフェ。騒がしい新宿の街のなかにこんなところあるんだっていうくらいゆったりした雰囲気のカフェで気に入っている。 森や木をコンセプトにしていて、店内はアンティークな感じの家具とかで統一されていてヨーロッパのカフェっぽい印象もあ...
豆腐のドーナッツは揚げたてを一気に食べるのが幸せ... 京都に行くとついつい買ってしまうのが、錦市場のなかほどにある「京とうふ 藤野」の豆乳ドーナツ。 お店の横にあるイートインのコーナー「こんなもんじゃ」で出している。ここは、いつも賑わっているのですぐに分かると思う。 店先で揚げたてのものを出してくれるのだけど、これがもうすごい幸せな気分にな...
シェムリアップ オールドマーケット散歩... こういうブラックジョークな光景がわりと好き いまじゃまったく信じられない話だが、シェムリアップで買い物といえば、2000年代初頭くらいまではオールドマーケット、ただ一択だった。 ここにある肉や野菜を屋台で食べ、スイーツを食べ、明日着る地雷柄のTシャツを買って・・といった具合。お土産物も...
蜂大珈琲で阿里山コーヒーの豆を買う... 台北に着いてバスで市内に向かい、ホテルに荷物置いてからまず最初に向かったのは西門にある蜂大珈琲(前回の訪問はこちら)。 今回はカフェとして楽しむのではなく、阿里山珈琲の豆が欲しくて訪れた。ここでは、世界中の豆を取り扱っているのだけど、なかでも阿里山珈琲はこの店でぶっちぎりの高級豆で、前日までに...
江水號の優しいかき氷もまた台南の味... 地元の子に教えてもらったお店。かき氷屋さんなのだけど、この昔ながらの雰囲気は甘味処と呼んだ方がしっくりくる。なんだか優しい感じの雰囲気がすっかり好きになってしまった。 江水號へのアクセス 倒壊寸前と廃墟の中間くらいな雰囲気の西門市場のなかにある。正興街エリアなので、僕としてはとても近くに...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください