ひさびさに台湾料理を食べに行きたいなあと思って訪れたところ。錦糸町の駅前からすぐのところにあって、値段も手頃で食堂みたいなお店だった。お酒飲まずに食事だけとるのでも全然利用できる定食屋という感じ。変なチェーン店行くならここでいいんじゃないかと思う。場所が錦糸町でなければなあ、もっと通えるのに。

「台湾厨房 劉の店」へのアクセス

錦糸町駅の南口を出てビックカメラの横の路地を入ってすぐ。駅から出て1分もかからないところにあるのだが、路地の入口には変な客引きが大量にいるのが面倒くさい。それらを無視してお店に入る必要がある。お店はそれほど広くないが回転速いので少人数であれば問題なく入れると思う。

お店の外観

「台湾厨房 劉の店」について

わりとちゃんとした台湾料理のお店。台鉄名物の「排骨弁当」を食べることもできる(テイクアウトも可能)。結構な量がありそうだったので今回パスしてしまったのだが、いつかお弁当だけでも食べに行ってみたい。レストランのような感じなのだけど、魯肉飯定食だけ食べて帰るみたいな食堂的な利用をしている人もいてかなり気軽に利用できる。台湾の食堂みたいな感じ。

一品それぞれの分量はちょっと多めなので値段もそれなりなのだが、ちゃんと作られているのでかなり美味しい。イカの炒め物とかもイカに細かい細工がしてあり柔らかい食感に感動する。これはうまい。焼きそばについてはわりと普通だったのだが、魚介や肉料理といった一品料理のクオリティはかなり素晴らしいと思う。

鶏肉の炒め物。バジルがきいて絶品。台湾料理っぽい味。
魯肉飯というか贅沢な豚の角煮飯。
このイカの炒め物は上品な感じで美味しかった。イカに細かく包丁で切れ込みが入っていて柔らかい。

メニューがかなりバラエティ多くてあれこれ食べたくなる。錦糸町の中華料理だと東京穆斯林飯店(東京ムスリム飯店)もおもしろいと思うけれど、手頃で美味しいということであれば駅前のこっちのお店もよさそうだ。

台湾厨房 劉の店
住所:東京都墨田区江東橋3丁目12−5
時間:11:30-15:00, 17:00-23:00
休み:なし

Related Post

一平(船橋) – 古きよき庶民的な居酒屋... 千葉にある船橋は、いまもむかしも料理待ち的なところがあって、昔の海岸線である国道14号線の近くは路地が迷路みたいに入り組んでいたり昔の名残が残っている地区がある。 整理された状態よりもこういう混沌とした状態の方が好きな僕としては、好きな街のひとつなのだけど駅前からちょっと外れたところに一平とい...
鼎泰豐の定番小籠包を試してみた 台北の代表的存在のレストランというだけでなく、世界的にも有名な鼎泰豐の小籠包。お店の外はいつも大賑わいでよやくせずにお店にいくと30分くらいは待つことになる。 でも、便利にできてる感じで調剤薬局の順番待ちみたいに受付で名前と引き替えに予約番号をもらって、そこらへん一通り散歩してお店にもどってお...
ナイトバザール(チェンマイ)のフードコートは利用価値大... チェンマイってあまり観光地がたくさんあるわけじゃないので、だいたいはナイトバザールという夜市にやって来ると思う。 この夜市は結構面白くて、僕はモンブランのボールペンを1本100円くらいで買って自分で使ったり、お土産に渡したりしているのだが、どこで買ったか言わなければ、かなり喜んでもらえる。 ...
博多もつ鍋の最高峰「やま中」へ行ってきた。... 福岡空港から大分の中津に行ってから揚げ三昧で食べてきて、ふたたび福岡に戻ってきた。博多駅近くの「プレジデントホテル博多」にチェックインして向かったのは、福岡の赤坂にある博多もつ鍋の「やま中」というお店。東京ではなく、福岡にも赤坂という場所があり、地下鉄だと天神駅の隣にある。「やま中」は地下鉄の赤坂駅...
胡椒餅といえば定番「福州世祖胡椒餅」... 台北初日は夜に到着して、西門のあたりを散歩して阿宗麵線を食べたあと、ホテルまで歩いて戻るなかで台北駅近くの福州世祖胡椒餅で胡椒餅を買ってみた。今回泊まった台北駅すぐ近くの新驛旅店(台北車站一館) からは徒歩ほんの数分といったところ。 台北の夜の街ってなんてことないけれど、こういう風に手軽におい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください