午前中に福岡について、なにをしようかと思ったのだけど大分の中津まで行ってみることにした。特急に乗ると1時間半くらいで移動できるので案外近い。往復で5,000円くらいと安くはないが、それほど高くもない。さらに2枚きっぷや4枚きっぷという割引切符を利用すると割引価格で行けるので福岡に飽きたらちょっと半日くらい旅行してみるのにちょうどいい感じがする。

博多の地下街でお弁当買って乗り込んだのだけど、隣の席の人はしばらく弁当に手をつけずにいて、小倉駅で列車の方向が反転したあと、おもむろにお弁当をひらいて、外の景色を眺めながら食べていたのが印象的。

福岡でてしばらくはあまり面白みのない風景
小倉過ぎると突然田舎になる
中津が近くなると海がみえてくる

たしかに、博多から小倉までは住宅街や工場地帯を通り抜けるので全体的に味気ない風景がつづくのだが、小倉から先は田園が広がったり、遠くに海が見えたりして長閑な風景に変わっていく。どうせお弁当食べるならこの風景見ながらだよなあって、僕は早々に食べ終わったお弁当のことを考えながら外を眺めていた。

車両は佐賀までで乗ったことのある白いかもめと同じタイプがあるのだが、それ以外に専用の青いソニック号というのがあって、これはわりと豪華な感じ。九州の鉄道って色んなバリエーションがあってそして豪華なのがいいな。いつか、ちゃんと鉄道旅をしてみたいと思っている

中津駅では手荷物預かりやロッカー、貸し自転車などがある。ただし、特急列車はそれほど本数がないこともあり、事前に予約しておくのが安全。自由席でも行けなくはないが、指定席の方がいいと思う。小倉駅では進行方向が逆になるので、自分で座席を回転させる必要がある。それに戸惑うのだが、こんなのもまた九州の鉄道旅って感じだな。

のんびりと外を眺めながら旅をするにはいい距離だと思う。

中津駅
帰りは青いソニック号
帰り道、中津の川をわたってきた。また来たいなって思えるいい街だった。

Related Post

黒田官兵衛ゆかりの城、中津城は日本三大水城のひとつ... 福沢諭吉の旧居から自転車にのってすぐのところ。海からの水を堀にめぐらせていて、石垣から飛び出したような天守閣が特徴的な中津城。天守閣に入る時間はなかったのだが、外から眺めてきた。 中津城は1877年の西南戦争で天守閣が焼け落ちてしまったのだが、その後1964年に復元されている。現在は天守閣の維...
京都丹後鉄道「丹後あかまつ号」にも乗ってきた。... 福知山から天橋立まで「丹後あおまつ号」に乗ってやってきた。ここでちょっと天橋立みるのも楽しそうなのだが、先を急ぐ乗り鉄旅ということもあり、駅前に降り立っただけ。でも、ゆったりしていて駅前でレンタサイクル借りてみてまわるのも楽しそうなところだな。 天橋立、駅前だけ 天橋立から日本海にそって西舞鶴...
近鉄特急で大阪から吉野まで(さくらライナーと青の交響曲)。... 大阪から奈良の吉野まで花見に行く。この場合、近鉄の大阪の阿部野橋駅から橿原神宮駅を通り吉野まで直通で行く特急で行くのが便利。花見シーズンだと発売と同時に売り切れることがあるので、今回は発売日になんとか購入できたくらいだ。 吉野へ行く特急は「さくらライナー」と「青の交響曲」という二種類の特急が走...
唐戸市場の「活きいき馬関街」は圧倒的に楽しい海鮮パラダイス。... 門司港から船に乗って対岸の下関までやってきた目的は連絡船の船着き場に隣接している唐戸市場に来るため。ここは観光客にも優しい海鮮市場で一般人には敷居の高い築地なんかと比べても圧倒的に楽しめる。 地元の人にいわせると観光客価格だという人もいるけれど、どれにしようか目移りしてしまうくらいの品揃えや、...
小倉ローカルフード「小倉鉄なべ」の総本店で食べてきた。... 門司港から小倉に戻ってきて、ちょっとお酒でも飲みながらなにかつまむかと、小倉のローカルフードである鉄なべ餃子のお店「小倉鉄なべ」の総本店へ行ってみることにした。ランチタイムをずらしていたこともあってお店は空いていた。ここは、お昼休み泣く通し営業しているのがうれしい。席数も多いので観光客でも入りやすい...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください