午前中に福岡について、なにをしようかと思ったのだけど大分の中津まで行ってみることにした。特急に乗ると1時間半くらいで移動できるので案外近い。往復で5,000円くらいと安くはないが、それほど高くもない。さらに2枚きっぷや4枚きっぷという割引切符を利用すると割引価格で行けるので福岡に飽きたらちょっと半日くらい旅行してみるのにちょうどいい感じがする。

博多の地下街でお弁当買って乗り込んだのだけど、隣の席の人はしばらく弁当に手をつけずにいて、小倉駅で列車の方向が反転したあと、おもむろにお弁当をひらいて、外の景色を眺めながら食べていたのが印象的。

福岡でてしばらくはあまり面白みのない風景
小倉過ぎると突然田舎になる
中津が近くなると海がみえてくる

たしかに、博多から小倉までは住宅街や工場地帯を通り抜けるので全体的に味気ない風景がつづくのだが、小倉から先は田園が広がったり、遠くに海が見えたりして長閑な風景に変わっていく。どうせお弁当食べるならこの風景見ながらだよなあって、僕は早々に食べ終わったお弁当のことを考えながら外を眺めていた。

車両は佐賀までで乗ったことのある白いかもめと同じタイプがあるのだが、それ以外に専用の青いソニック号というのがあって、これはわりと豪華な感じ。九州の鉄道って色んなバリエーションがあってそして豪華なのがいいな。いつか、ちゃんと鉄道旅をしてみたいと思っている

中津駅では手荷物預かりやロッカー、貸し自転車などがある。ただし、特急列車はそれほど本数がないこともあり、事前に予約しておくのが安全。自由席でも行けなくはないが、指定席の方がいいと思う。小倉駅では進行方向が逆になるので、自分で座席を回転させる必要がある。それに戸惑うのだが、こんなのもまた九州の鉄道旅って感じだな。

のんびりと外を眺めながら旅をするにはいい距離だと思う。

中津駅
帰りは青いソニック号
帰り道、中津の川をわたってきた。また来たいなって思えるいい街だった。

Related Post

指宿のたまて箱にのって指宿まで往復してきた乗車記... 結論からいうと、一気に往復で乗るのはよほど好きじゃないと飽きると思う。しかし、片道であればすごく満足感が高いし、大人でも乗ってみると楽しいはず。子供がいればもっと楽しめるのかもしれない。 鹿児島中央から乗り始めれば、住宅街を通り抜けると桜島がみえて、その次には錦江湾の美しい海と並行して走る列車...
割烹 丸清で鱧づくしのランチを堪能する。... 大分の中津といえば、から揚げとともに代表的なのは鱧(はも)料理。中津で採れる鱧は高級品とされていて京都の料亭へと出荷されている。昔どこかの飛行機の機内誌で中津の鱧についての記事を読んでから、いつかは食べてみたいなと思っていた料理なのです。 そして、鱧の旬といえば夏でして、9月とはいえぎりぎりの...
KLIA2から市内まで、市内の交通 以前のクアラルンプール国際空港のLCCターミナルはまず、普通のターミナルまでバスで移動してそこから鉄道とか面倒そうだという話を聞いていたのだが、新しいLCCターミナルであるKLIA2は鉄道が直接乗り入れているので市内までの移動は普通に楽だった。 KLIA2からクアラルンプール市街であるKL C...
ウドンタニからバンコクまで夜行列車に乗っていく... いまとなっては、日本では珍しい夜行列車での旅。でも、夜行列車ほど旅を感じるものはないなと思っている。 途中、通り過ぎる駅にいる人を眺めたりしては、きっとこの場所をもう通ることはないだろうなあと感じたり、窓から眺める家々の明かりは、そこに生活があってご飯を食べたり、本を読んだりしているのかと考え...
中洲クルーズで福岡の夜を堪能 福岡の夜を過ごす。赤坂の「博多もつ鍋 やま中」でもつ鍋を堪能したあと、服についた臭いがすこし気になるところではあるが、地下鉄で中洲川端まで移動してきた。中州の公園ではジャズのフェスをやっていて、人がたくさん集まっている。 そこら辺で売っているビールを飲んでライブを聴いて楽しんでいたのだが、ビー...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください