大分の中津といえば、から揚げとともに代表的なのは鱧(はも)料理。中津で採れる鱧は高級品とされていて京都の料亭へと出荷されている。昔どこかの飛行機の機内誌で中津の鱧についての記事を読んでから、いつかは食べてみたいなと思っていた料理なのです。

そして、鱧の旬といえば夏でして、9月とはいえぎりぎりのタイミングで鱧を堪能することができた。

お店の入口。ちょっと敷居高い。

時間の都合上、平日のランチで訪問できるのは中津駅の北側すぐのところにある「割烹 丸清」というお店。店構えが立派で個室がメインの料亭のような雰囲気に、ちょっと間違えた場所に来てしまった感があったのだけど、お店の人は丁寧に対応してくれたし、ランチの料理は手頃な価格帯で食べられるので安心できる。個室に通されたこともあり、ゆったりとしてしまった。

頼んでみたのは鱧料理を堪能するべく、鱧ミニ膳というランチでは豪華な部類に入る料理。それでも3,000円しないので鱧料理にしてはお手頃ともいえる。丁寧に骨切りした鱧の湯引きや、天ぷらなど贅沢だなあと思える料理を心ゆくまで堪能できた。個室なのでゆっくりと料理を楽しめるのもいい。

これなんだろう・・前菜。
鱧ミニ膳
鱧の天ぷら
鱧の湯引き
そして鱧の刺身!

中津にはから揚げだけではない、伝統的で洗練されたこんな料理もあるのかって思えるいい割烹店だと思う。東京にいると、なかなかお目にかからない鱧だけど、このさっぱりした味わいが美味しいよなあ。いつかまた食べに行きたいなって思えるものだった。

割烹 丸清
住所:大分県中津市東本町2-12
時間:11:00-14:00,17:00-21:30
休み:月曜日

Related Post

越後しなのがわバルで土産土法で地産地消なランチ... ランチのタイミングで十日町の市街地エリアにいたのでキナーレのなかにあるカフェで食事をしてきた。ここは駐車場も広いのと拠点になっているのでトリエンナーレのタイミングで訪れることが多いと思う。 キナーレのなかにあるのは普通のカフェかと思っていたのだが、地産地消ならぬ「土産土法」というキーワードの面...
赤垣屋は川端二条で予約必須の古典居酒屋の名店... 三条 御幸町でGEARの舞台をみたあと、のんびりと商店街のなかを散歩しながら歩いて行き鴨川べりに出てきた。そこからちょっと北にあがったところにある赤垣屋を友人が予約しておいてくれたので訪問。 店内は時代劇に出てくるかのような古めかしい飲み屋で、こんなところにって場所に席が用意してあったりもする...
質の高い十勝ワインはここで手に入る。帯広の「ワインプラザ カワイ」へ行ってきた。... 去年もここで十勝ワインを買ったところ。北海道の十勝地方といえば古くからワイン生産をしているところで、ヴィンテージのワインなどもできてきている。観光客向けには手頃なジュースみたいなワインを出しているけれど、ちゃんとしたワインを飲んでみたいなと思って探し出したところ。 帯広競馬場からそれほど離れて...
間人(まにん)で食べる山形の板そば... 恵比寿駅からちょっと離れたところにある蕎麦屋さん。しゃぶしゃぶもやっているのだけど、ランチでそこまで・・ということで、もっぱら蕎麦を頼むことになる。 ここの蕎麦は山形の板蕎麦で、大ぶりな板に豪快に盛りつけられた蕎麦を、黒豚のつけ汁でいただきます。 このつけ汁が、山形ではあまり見かけないの...
究極の喜多方ラーメン「食堂 なまえ」で食べてきた... 恵比寿にある喜多方ラーメンの坂内で食べるラーメンがわりと好きなのです。ちょっと縮れた太麺と出汁のきいたスープがシンプルで優しい味だなあって思う。 なので、今回の旅で喜多方にやってきたのは本場のラーメンを食べるということ。行ってみたのは「食堂なまえ」というお店。住宅街のなかにある小さなお店で、カ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください