大分の中津といえば、から揚げとともに代表的なのは鱧(はも)料理。中津で採れる鱧は高級品とされていて京都の料亭へと出荷されている。昔どこかの飛行機の機内誌で中津の鱧についての記事を読んでから、いつかは食べてみたいなと思っていた料理なのです。

そして、鱧の旬といえば夏でして、9月とはいえぎりぎりのタイミングで鱧を堪能することができた。

お店の入口。ちょっと敷居高い。

時間の都合上、平日のランチで訪問できるのは中津駅の北側すぐのところにある「割烹 丸清」というお店。店構えが立派で個室がメインの料亭のような雰囲気に、ちょっと間違えた場所に来てしまった感があったのだけど、お店の人は丁寧に対応してくれたし、ランチの料理は手頃な価格帯で食べられるので安心できる。個室に通されたこともあり、ゆったりとしてしまった。

頼んでみたのは鱧料理を堪能するべく、鱧ミニ膳というランチでは豪華な部類に入る料理。それでも3,000円しないので鱧料理にしてはお手頃ともいえる。丁寧に骨切りした鱧の湯引きや、天ぷらなど贅沢だなあと思える料理を心ゆくまで堪能できた。個室なのでゆっくりと料理を楽しめるのもいい。

これなんだろう・・前菜。
鱧ミニ膳
鱧の天ぷら
鱧の湯引き
そして鱧の刺身!

中津にはから揚げだけではない、伝統的で洗練されたこんな料理もあるのかって思えるいい割烹店だと思う。東京にいると、なかなかお目にかからない鱧だけど、このさっぱりした味わいが美味しいよなあ。いつかまた食べに行きたいなって思えるものだった。

割烹 丸清
住所:大分県中津市東本町2-12
時間:11:00-14:00,17:00-21:30
休み:月曜日

Related Post

渋谷の久原でいただく春の味 渋谷と恵比寿と代官山からほど遠い、静かな場所にある和食のお店である久原さん。時代劇に出てくる裏通りの小料理屋というものを、いまの時代にもってきたらこんな感じになるんじゃないかと思うようなところ。 前回の訪問:小料理 久原(渋谷)で優しい和食をたべる 久原へのアクセス 山手線の線路か...
あらきそばの板そばはわかりやすくて美味しい... 前に書いたブログの記事では、一回でいいかなとか書いていたのだけれど、あらきそばに再び来てみた。 今回の旅では友人と一緒で、わかりやすい山形の蕎麦を食べようかなと思って訪れた。 開店してから程なく訪れたのだが、ちょうどお客さんの入れ替わりのタイミングだったみたいで並ぶことなく入れた。 ...
日本海の味を堪能できる「海鮮どんやとびしま」... 酒田での夜は鈴政で江戸前の洗練された寿司をいただいたのだけど、それじゃあ「日本海どーん!」というくらいの産直な海鮮はどこで食べればいいのか?という悩みはここ「海鮮どんやとびしま」に来ればいいんじゃないかと思う。 場所は酒田港内にあって、市街地からすぐ。僕が訪れたのは朝食のため朝7時過ぎだったの...
新橋の穴場的な名店「とんかつ 明石」でカツ丼のランチ... 新橋駅を挟んで、新橋駅前ビルと双璧をなすサラリーマン的な怪しいビルであるニュー新橋ビル。 そのなかでも、もっとも変なところにあるとんかつ屋さん。ニュー新橋ビル自体が結構独特の雰囲気なのに、その4階ともなるとシャッター街みたいになっている。その一画にあるのだが、シャッターだらけのところにとんかつ...
豚丼だけじゃない!定番のとんかつが美味しい「十勝豚肉工房ゆうたく」でランチ。... 帯広へやってきたら、この街のB級グルメである豚丼を食べてみたいというのは旅行者の気持ちとしてわかる。 でも、すごく混んでいて有名店などは1時間以上待ちそうな行列ができている。そこまでして食べたい、または食べる価値があるものだろうかと考えると、そこまでじゃない。僕には肉ノ五右衛門で買った豚肉があ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください