大分の中津はから揚げや鱧以外にも見どころがある街なのです。古くからある城下町で、大河ドラマでも取り上げられた黒田官兵衛のふるさとでもある。いくつか見どころのある場所があるので、食休みがてらというか観に行ってみることにした。

中津の旧市街地のなかにひっそりとある通称「赤壁」と呼ばれる合元寺は、この赤く塗られた壁面がすごく特徴あるお寺となっている。この壁は推察される方もいるとおり、血で染まった壁が落ちなくなったので、赤くしているという話しが残っている。

赤い壁が強烈なインパクトある
それほど大きな寺院ではない

黒田氏が前領主である宇都宮氏を中津城で暗殺したあと、残った敵対勢力である家臣たちがこのお寺を拠点として奮戦して殺害された寺院ということで、鎮魂のための菩薩堂で祀られている。

敷地としてはそれほど大きなお寺ではなくて、住宅街にある趣あるお寺という感じ。境内の階段にすわって庭を眺めたりしていても、昔起きた出来事が想像つかない静かでのんびりとした場所だ。外から眺めるちょっと強烈な赤い壁と、お寺の境内から眺めるのんびりした風景のギャップがある。

境内には刀傷がある柱もあるらしいのだが、見つけられず。いまは田舎で長閑なこの場所でのんびりするのも悪くはない。

歴史を感じる建物
階段に座ってのんびりと庭を眺めたりしていた

赤壁 合元寺
住所:大分県中津市寺町973

Related Post

中津にある福沢諭吉の旧居と記念館を見てきた。... 大分の中津はすごくのんびりとした田舎町なのだけど、いろいろと歴史に縁があるというか、福沢諭吉も19歳まで中津に住んでいたという。住んでいた住居は現存しており、なかに上がることはできないけれど見ることはできる。そして、その隣には福沢諭吉の功績などをまとめた記念館もある。 現存している福沢諭吉の旧...
京都「大徳寺」は個性的な寺院が集まる紅葉も必見のスポット... 悟りの窓で有名な源光庵から少し坂道をくだっていくように20分くらい歩いて行くと森に囲まれた大徳寺のエリアにやってくる。車の通り抜けができない路地は、静かで歩いていて気持ちがいい。いい散歩コースになっている。 京都の大徳寺は敷地内に複数の寺院が集まっている、京都でも屈指の大規模なお寺である。有名...
慈照寺(銀閣寺)の紅葉をひさびさにみてきた... 南禅寺から北につづく哲学の道の最終地点である銀閣寺。北野天満宮からも市バスで数分のところにあるので、京都を西から東に横断してやってきた。 調べてみると銀閣寺、1490年と応仁の乱の後、室町時代の末期につくられていて、繁栄期に作られた金閣寺と比較するとたしかに地味な雰囲気。でも、その控えめながら...
善光寺参りをしてきた。2016年冬編。 松本から長野までやって来て、ここは外せないというところは善光寺参り。 無宗派で有名なお寺だが、その理由は「日本でその後わかれる各宗派ができる以前からあるお寺だから」だという。 長野に来ると、おやき食べつつ来ているお寺で、のんびりしたところだなとか思っていたのだが、そんな古いお寺だったのか...
博多の屋台「松っちゃん」で観光客気分を味わう。... 自分ひとりの旅だったら、博多の屋台は一杯だけ飲んで雰囲気味わって終わりにしただろうなあ。台湾の夜市みたいなもので、観光客がひしめきあってああだこうだするところかなって思う。でも、川沿いに建つ屋台の通り道や椅子に座って賑やかにやっているお客さんをみると、なんだかすごく楽しそう。 ということで、今...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください