大分の中津はすごくのんびりとした田舎町なのだけど、いろいろと歴史に縁があるというか、福沢諭吉も19歳まで中津に住んでいたという。住んでいた住居は現存しており、なかに上がることはできないけれど見ることはできる。そして、その隣には福沢諭吉の功績などをまとめた記念館もある。

現存している福沢諭吉の旧居は16歳のときに移り住んだもので、1歳から住んでいた家は取り壊されている。たぶん、かなり質素な家だったのではないかと思う。いま残っている旧居も、それほど大きなものではなくて、質素なものだった。でも、この小さな家で福沢諭吉が育って世界に旅立っていったということを思うと歴史のロマンみたいなものがあるなあって思う。

福沢諭吉が少年時代を過ごした旧居
思いのほか質素な家だった

記念館はそれほど大きなものではなくて、年表を中心に福沢諭吉の功績をまとめたものになっている。人物を知るというより、こんなことやあんなことをやっていたのかとおさらいする感じだなあ。先に記念館行ってから旧居を眺めると思うところが違うかもしれない。

とくに興味があって行ったわけではないのだが、意外にもおもしろいところだったと思う。そして、トイレがきれいだったのでちょっとした休憩にもいいかと。

福澤諭吉旧居・福澤記念館
住所:大分県中津市留守居町586
時間:9:00-16:30
休み:12月31日

Related Post

市原湖畔美術館で「ロマネコンティ・ピクニック」をみてきた... 市原湖畔美術館 市原湖畔美術館で開催されているEAT&ART TAROの「ロマネコンティ・ピクニック-美味しいの探し方-」という展覧会をみに行ってきた。 市原湖畔美術館といえば、去年の「いちはらアートミックス」の会場だったのだけど、駐車場が高くてスルーしたところ。 しかし...
金沢21世紀美術館の無料エリアを散策してきた... 早朝に大阪を出て快速電車で福知山まで、そこから列車を乗り継いで夜には金沢までやってきた。すごい非日常で旅行している感じがある。乗り鉄旅、移動ばかりだけど、その移動自体が楽しい。 金沢駅では駅前のアパホテルに泊まっていて(やはり翌朝早いので)、チェックインしてたらすっかり夜になってしまった。金沢...
割烹 丸清で鱧づくしのランチを堪能する。... 大分の中津といえば、から揚げとともに代表的なのは鱧(はも)料理。中津で採れる鱧は高級品とされていて京都の料亭へと出荷されている。昔どこかの飛行機の機内誌で中津の鱧についての記事を読んでから、いつかは食べてみたいなと思っていた料理なのです。 そして、鱧の旬といえば夏でして、9月とはいえぎりぎりの...
オスカー・ニーマイヤー展をみてきた... 清澄白河の東京都現代美術館に行って、オスカー・ニーマイヤー展をみてきた。 建築家の回顧展ってどんな風な展示になるんだろうと思っていたのだが、模型があったりインタビュー映像があったりと結構盛りだくさんで面白い内容だった。 とくに、インタビュー映像は貴重なんじゃないだろうか。ニテロイ現代美術...
ワタリウム美術館「ここより北へ」展覧会をみてきた... 北青山のワタリウム美術館でやっている石川直樹と奈良美智の写真展をみてきた。カメラマンである石川直樹さんの作品は楽しみだし、奈良美智さんの写真もときたま絵の展覧会でみかけていて、独特な視点があるなって気になっていたのでまとめて観られるのはいいなと。 会期が5月24日まで延長したこともあって、ぎり...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください