大分の中津はすごくのんびりとした田舎町なのだけど、いろいろと歴史に縁があるというか、福沢諭吉も19歳まで中津に住んでいたという。住んでいた住居は現存しており、なかに上がることはできないけれど見ることはできる。そして、その隣には福沢諭吉の功績などをまとめた記念館もある。

現存している福沢諭吉の旧居は16歳のときに移り住んだもので、1歳から住んでいた家は取り壊されている。たぶん、かなり質素な家だったのではないかと思う。いま残っている旧居も、それほど大きなものではなくて、質素なものだった。でも、この小さな家で福沢諭吉が育って世界に旅立っていったということを思うと歴史のロマンみたいなものがあるなあって思う。

福沢諭吉が少年時代を過ごした旧居
思いのほか質素な家だった

記念館はそれほど大きなものではなくて、年表を中心に福沢諭吉の功績をまとめたものになっている。人物を知るというより、こんなことやあんなことをやっていたのかとおさらいする感じだなあ。先に記念館行ってから旧居を眺めると思うところが違うかもしれない。

とくに興味があって行ったわけではないのだが、意外にもおもしろいところだったと思う。そして、トイレがきれいだったのでちょっとした休憩にもいいかと。

福澤諭吉旧居・福澤記念館
住所:大分県中津市留守居町586
時間:9:00-16:30
休み:12月31日

Related Post

【移転】海賊船 ファンキータイガーカリビアンで焼きカレーランチ... 門司港でランチといえばいくつか有名どころはあったのだが、今回はグループでの旅行ということもあり、門司港界隈では定番過ぎる定番みたいなお店に行くことになった。 門司港に接岸している船がレストランになっているのだが、船自体は航行することができず常に接岸している状態。海賊船という店名がちょっと皮肉に...
松本市美術館のメアリー・ブレア展と草間彌生の常設展... 今回の信州への旅では、サイトウキネンフェスティバルを聴きに来るために松本へ来たのだけど、いつも立ち寄っている松本市美術館でメアリー・ブレア展をやっていたので、ちょっと観てきた。 松本市美術館は駐車場が建物横に併設されていてアクセスも便利だし、なにより常設展が面白い。日本国内の地方美術館でもトッ...
六本木でやっていたスヌーピー展をみてきた... ふるいチャーリー・ブラウンの人形 2013年10月12日(土)~ 2014年1月5日(日)の期間、六本木の森アーツセンターで開催されていた、「スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること」というピーナッツのコミック原画展をみてきた。 このブログがアップされる頃にはとっくに終...
「からあげ屋 からいち」は定番でから揚げ以外のメニューもある... 合元寺でのんびりして、ふたたび食べ歩きを開始。お寺からほど近いところにあるから揚げ店に行ってみることにした。ここはお弁当屋さんみたいな感じでいわゆる「観光客が想像するから揚げ店」という感じがする。店内はテーブル付きのイートイン席があって、いままでのお店に比べると比較的広々としている。 お店の...
フランク・ゲーリー展 “I Have an Idea”をみてきた... 21_21 DESIGN SIGHT もう本当にぎりぎりのタイミングでなんとか観に行くことができた。 まわりでも評判の高かったこのイベント。見る人によってその「いいところ」というのが違っているのがまた興味深い。 僕としては、この“I Have an Idea”展においては、フラン...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください