福沢諭吉の旧居から自転車にのってすぐのところ。海からの水を堀にめぐらせていて、石垣から飛び出したような天守閣が特徴的な中津城。天守閣に入る時間はなかったのだが、外から眺めてきた。

中津城は1877年の西南戦争で天守閣が焼け落ちてしまったのだが、その後1964年に復元されている。現在は天守閣の維持費を捻出するのが困難になったことから、なぜか埼玉県の企業が天守閣を所有しているらしい。財政難てあちこちで起きているのだな。

日本三大水城「中津城」
明治時代に建てられた鳥居。まるで1年前とかそれくらいのようにもみえる。

ここは高松城、今治城とならぶ日本三大水城として知られている。この天守閣が石垣の上にせりだしている構造とかすごく斬新でかっこいい。城内には神社もあるのだが、城の入口にある鳥居が建てられたのだが明治時代と掘られていて、なんだかすごく時代を感じてしまう。100年くらい古いものなのになんだかそのときの様子が目に浮かぶというか、不思議な感じだ。

のんびりしたいいところにあるので、次にきたときには内部の見学もしたいなと思う。日本のお城めぐりというのもなかなかおもしろい旅のスタイルかもしれないな。

中津城
住所:大分県中津市二ノ丁本丸
時間:9:00-17:00
休み:なし

Related Post

博多の屋台「松っちゃん」で観光客気分を味わう。... 自分ひとりの旅だったら、博多の屋台は一杯だけ飲んで雰囲気味わって終わりにしただろうなあ。台湾の夜市みたいなもので、観光客がひしめきあってああだこうだするところかなって思う。でも、川沿いに建つ屋台の通り道や椅子に座って賑やかにやっているお客さんをみると、なんだかすごく楽しそう。 ということで、今...
博多にしかない味「博多らーめん ShinShin」を味わう。... 小倉の街を当てもなく散歩してから福岡に戻ってきた。飛行機の時間までまだすこし余裕があったので、今回の旅でまだ食べていないご当地グルメである博多ラーメンを食べようかと思う。ちょっと前に、博多華丸さんが新しい博多とんこつラーメンの味はShinShinというお店がいい!というようなことをいっていて、店名か...
割烹 丸清で鱧づくしのランチを堪能する。... 大分の中津といえば、から揚げとともに代表的なのは鱧(はも)料理。中津で採れる鱧は高級品とされていて京都の料亭へと出荷されている。昔どこかの飛行機の機内誌で中津の鱧についての記事を読んでから、いつかは食べてみたいなと思っていた料理なのです。 そして、鱧の旬といえば夏でして、9月とはいえぎりぎりの...
「からあげ屋 からいち」は定番でから揚げ以外のメニューもある... 合元寺でのんびりして、ふたたび食べ歩きを開始。お寺からほど近いところにあるから揚げ店に行ってみることにした。ここはお弁当屋さんみたいな感じでいわゆる「観光客が想像するから揚げ店」という感じがする。店内はテーブル付きのイートイン席があって、いままでのお店に比べると比較的広々としている。 お店の...
中津にある福沢諭吉の旧居と記念館を見てきた。... 大分の中津はすごくのんびりとした田舎町なのだけど、いろいろと歴史に縁があるというか、福沢諭吉も19歳まで中津に住んでいたという。住んでいた住居は現存しており、なかに上がることはできないけれど見ることはできる。そして、その隣には福沢諭吉の功績などをまとめた記念館もある。 現存している福沢諭吉の旧...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください