中津城もみたし、そろそろ福岡に戻ろうかと思ったのだが帰りの特急までまだすこし時間があったので、中津駅の反対側にある「あげ処 ぶんごや」に行ってみることにした。国道沿いにある平屋建てプレハブの集合体みたいな場所があって、歩いて行くには結構遠い、自転車で行くにはぎりぎりのところ。

中津の人たちは駅の北側の旧市街よりも、車で移動しやすい南側に中心街が移ってきているのか、こちらのお店はひっきりなしにから揚げを買いに来る人たちで賑わっていた。どの地方もこんな感じで車での移動がメインになってしまい、似たような街の雰囲気になってしまうのかなあとちょっと寂しい。

お店の外観、顔はめのパネルが気になる。。
こんな雑誌あったのか

とはいえ、こちらの「あげ処 ぶんごや」はあの旧市街にあるから揚げの聖地である「豊国畜産 ぶんごや」の直営店なのです。テイクアウトが中心ではあるけれど、すみっこのベンチでちょっと食べることは可能なので、ここで食べてきた。本店のぶんごやと同様に新鮮な鶏肉をおりじなるの醤油だれにつけこんでいて絶品の味わい。とくに、こちらのお店では本店で食べられなかった「せせり」のから揚げがあったので食べてみたのだが、ジューシーな脂のうまみがぎゅっとつまっていて、これは美味しい。

定番のモモ肉から揚げ
そして、これがうまい!「せせりのから揚げ」

中津を観光している際にはあまり立ち寄る場所ではないかもしれないけれど、本店でみつからなかった部位はこっちのお店であったりするので、から揚げへの愛情や興味があれば試しにきてみる価値はある。それにしても、どこのお店も独自性があっておもしろく、そして美味しかったなあ。

あげ処 ぶんごや
大分県中津市上宮永2-146-1
10:30~19:30
月曜日(祝日の際は営業、翌火曜日休み)

Related Post

バンコクのMKレストランでタイスキ スクンビットのターミナル21をはじめとして、結構あちこちにあるタイスキレストランの有名店。 このお店って九州を中心に日本にも出店をしていて、同行者は「これって日本のレストランですよね」といっていた。が、ちがいます。タイ資本のレストランなのです。しかも、かなりタイでメジャーなレストランなのです。...
「プレジデントホテル博多」は博多駅徒歩圏内で静かなエリアにあるいいホテルだった... 今回の旅で泊まったホテル。福岡市の中心街は天神エリアということもあり、あっち側に宿をとってしまいがちなのだが、博多駅からの徒歩圏だと比較的手頃なビジネスホテルが多くあり、そしてビジネス街ということもありちょっと裏通りに行くと静かなのがいいエリアだ。なんならホテルに荷物を預けておくにも便利なところ。...
再發號肉粽 – ちまきの概念が変わるくらいうまい... 台南をふらついていて、帆布バッグ屋巡りも終わったのでなにか食べもの・・というときにGoogle Mapで検索してみつけたお店。ちまきの写真がおいしそうだったので、それにつられて来てみたのだが、この判断は間違っていなかった。 場所は台南の市街地の中心部にほど近いところで、帆布バッグの廣富號(廣富...
中津にある福沢諭吉の旧居と記念館を見てきた。... 大分の中津はすごくのんびりとした田舎町なのだけど、いろいろと歴史に縁があるというか、福沢諭吉も19歳まで中津に住んでいたという。住んでいた住居は現存しており、なかに上がることはできないけれど見ることはできる。そして、その隣には福沢諭吉の功績などをまとめた記念館もある。 現存している福沢諭吉の旧...
何度来ても満足度が高い「長白小館」の酸菜白肉鍋を食す。... 台南から台北へと新幹線で移動してきて大安森林公園駅近くにある台北でいつも泊まる「丹迪旅店 Dandy Hotel」にチェックイン。そして、台北でも偶然に同じ日程で旅行している友人と合流することになった。全然違う街からやってきて台北で合流するというのも不思議なものだ。 友人は初めての台北というこ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください