門司港駅の端から昔の貨物船の一部を再利用して観光トロッコ列車を走らせているのだが、これにちょっと乗ってみることにした。片道10分くらいで、古い貨車に屋根をつけた列車は自転車くらいの速度で関門海峡の手前にある関門海峡めかり駅まで10分程度の運行をしている。

運行しているのはだいたい3月から11月くらいまでの土日祝日、春休みシーズン、GW、夏休み期間は平日も運行しているので期間はサイトで確認してみてほしい。チケットは団体客のみが予約できて、個人客は駅で購入するのだが、9月の週末は8割がた満席になるくらいの人気だった。途中駅からは乗れない可能性もありそう。10:00-16:00くらいの間に40分間隔程度で走っている。

ディーゼル車で運行している
すごい遅い

座席について、門司港から乗る場合は進行方向の左側が海側になってこちら側は視界が開けていて気持ちがいいのだが、逆側はひたすら山なので、進行方向左側を確保するのがいいと思う。関門海峡めかり駅の手前でトンネルに入るのだけど、トンネルに入ったときに屋根にこのあたりで採れる魚の絵が浮かび上がる演出も意外ときれいで楽しい。

座席は門司港から乗る場合、進行方向左側がおすすめ、関門大橋がよくみえます。
トンネルに入ると屋根にはホログラムが浮かび上がる
門司港からの終点は関門海峡めかり駅

関門海峡めかり駅まで行くと関門大橋のたもとまで来るのでついでに観に行ってみるのもいいかもしれない。また、ゆっくり走る10分なので、めかり駅からは海沿いにのんびりと散歩しながら門司港まで戻ってくるのもありだなあって思う。観光列車が好きならば一度は乗ってみていいかと思う。

門司港レトロ観光列車 トロッコ【潮風号】
運行:例年3月-11月(春休みシーズン、GW、夏休みシーズンは平日も運行)

Related Post

小倉ローカルフード「小倉鉄なべ」の総本店で食べてきた。... 門司港から小倉に戻ってきて、ちょっとお酒でも飲みながらなにかつまむかと、小倉のローカルフードである鉄なべ餃子のお店「小倉鉄なべ」の総本店へ行ってみることにした。ランチタイムをずらしていたこともあってお店は空いていた。ここは、お昼休み泣く通し営業しているのがうれしい。席数も多いので観光客でも入りやすい...
指宿のたまて箱にのって指宿まで往復してきた乗車記... 結論からいうと、一気に往復で乗るのはよほど好きじゃないと飽きると思う。しかし、片道であればすごく満足感が高いし、大人でも乗ってみると楽しいはず。子供がいればもっと楽しめるのかもしれない。 鹿児島中央から乗り始めれば、住宅街を通り抜けると桜島がみえて、その次には錦江湾の美しい海と並行して走る列車...
【移転】海賊船 ファンキータイガーカリビアンで焼きカレーランチ... 門司港でランチといえばいくつか有名どころはあったのだが、今回はグループでの旅行ということもあり、門司港界隈では定番過ぎる定番みたいなお店に行くことになった。 門司港に接岸している船がレストランになっているのだが、船自体は航行することができず常に接岸している状態。海賊船という店名がちょっと皮肉に...
中津にある通称「赤壁」なお寺、合元寺に行ってきた。... 大分の中津はから揚げや鱧以外にも見どころがある街なのです。古くからある城下町で、大河ドラマでも取り上げられた黒田官兵衛のふるさとでもある。いくつか見どころのある場所があるので、食休みがてらというか観に行ってみることにした。 中津の旧市街地のなかにひっそりとある通称「赤壁」と呼ばれる合元寺は、こ...
門司港から下関まで渡船で渡ってみた。5分間の絶景クルーズが楽しめる。... 香港のスターフェリーや尾道の渡船に匹敵するくらい気持ちがいい、ちょっとしたクルーズが楽しめる路線だなあって思った。門司港駅をおりると広場があって、そこから向かい側にある下関まで連絡船が出ている。 旅情ある門司港駅 関門連絡船の乗り場は門司港駅前の広場にある 人のみの移動なので船...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください