門司港でランチといえばいくつか有名どころはあったのだが、今回はグループでの旅行ということもあり、門司港界隈では定番過ぎる定番みたいなお店に行くことになった。

門司港に接岸している船がレストランになっているのだが、船自体は航行することができず常に接岸している状態。海賊船という店名がちょっと皮肉に思えてしまう。そして、動かない船は老朽化もはやく、いまでは陸地に移転したとのこと。

お店の外観

ここは芸人のロバート秋山さんの父親がやっているお店として有名で、使える資産はすべて惜しみなく出しているのが潔い。ここを訪れた芸人の写真や、なんならオリジナルメニューまであって地方によくある芸能人がやっているお店というものが究極的に突き詰めたらこうなるという感じがある。たぶん、このスタンスは陸地に上がったいまでも変わっていないかと。

入口
これが焼きカレー

おすすめであり定番のメニューは焼きカレーのランチ。そうだよな、カレー好きは多いだろうし、これを出しておけば大丈夫という最大公約数を狙ったところに、このお店の強みがあると思う。観光地で地産地消とかではなく、芸能人のお店ってこうではなくては、ということもあり正直料理についてはどこでも食べられる普通のものだとは思う。でも、店内のふりきったおかしさみたいなものはある意味必見かもしれない。興味があれば。

おもしろい体験ではあったけれど、自分で旅行するなら選ばないだろうなあ・・とも思う。

ファンキータイガーカリビアン(現在は「ファンキータイガーアジト」に改名して移転

Related Post

康楽街牛肉湯は新農街散策の合間に寄ってみるのがおすすめ... 前回に台南へ来たときにはタイミングがあわず食べられなかった牛肉湯の名店のひとつ。この店ならではの野菜の旨みを感じるスープが美味しい。 康楽街牛肉湯へのアクセス 新農街の北側にある。新農街の中心部にある交差点を北の方へ2分くらい歩いたところ。この新農街は夜に来た方が雰囲気があってきれいなの...
水戸であんこう尽くし!「郷土料理 山翠」であんこう料理... 冬の茨城まで来たら気になるのは鮟鱇(あんこう)料理。あんこうの本場は水戸よりも海側の大洗の方なのだけど、水戸にも名店と呼ばれるところはあって山翠はなかでも地元料理の人気店になっている。 できれば予約をした方が安全だとは思うが、今回は早めに訪れたら予約なしで入れたのは幸運だった。帰りがけにはお店...
阜杭豆漿は台北朝食にとってのbillsみたいな存在... ものすごい手際のいいカウンターのおばちゃんたち 友人から「台北で朝食っていったらここだよ。え、まだいったことないの?」と熱烈なオススメをされたので、行ってみることにした。 場所はMRT善導寺駅から歩いて数分というところ。華山市場というところの2階にある。 僕が訪れたときは火曜日の...
いつも賑わっている「双連文記花枝羹」でB級グルメを堪能する... MRT雙連駅の近くにあって、マンゴーかき氷で日本人に有名な冰讃(ピンザン)の筋違いの路地にある軽食B級グルメのお店。 たまたま通りかかったら、ここだけ朝から賑わっていたので、よくわからないままに地元のおっちゃんに混じって食べてみました。 お店は限りなく屋台に近い形態ではあるものの、かろう...
阿宗麵線はやはり何度食べてもうまい... 蜂大珈琲で阿里山珈琲の豆を買うために西門まで来たのだが、夕食がてらになに食べようかと思ったら、やはり阿宗麵線は外せないよなあってことで食べてきた。 立ち食いスタイルなので落ち着かないのだが、そんなこと構わないってくらいうまいのだからしょうがないよね。深みのある鰹だしのスープは絶品だし、少し黒酢を入...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください