※2019年4月追記:すでに閉店したとの連絡いただきました。残念。。
※2019年5月追記:どうやらリニューアルオープンした模様です。きれいなったみたい。
※2019年6月追記:先日台南いったら閉店していました。。

秋の台南旅行。成田から高雄まではいつものタイガーエア。このエアラインのおかげでずいぶんと台南が近くなったと思う。

空港ついてそのまま高雄から台南まで鉄道で移動。ホテルに荷物をあずけたらもう夕方になっていた。それでも朝、家をでて夕方に台南にいるというのは感動する。なんでかわからないが、戻ってきたという感覚がある。

夕食はホテルから散歩して、 肉伯火雞肉飯へいってみることにした。ちまきで有名な「再發號(再発号)肉粽」の近くにあるお店。軒先までテーブルが出ていてローカルな雰囲気がいい感じだ。こういうところ来ると旅行に来ているなって思う。

お店の外観

台湾といえば魯肉飯が有名なのだけど、台湾南部の嘉義という街を中心に鶏肉をつかった雞肉飯というのもあって、これもまたシンプルで素朴な感じが美味しい。高雄で食べた小林雞肉飯の雞肉飯が好きなのだけど、ここ肉伯火雞肉飯のはもっとシンプルで肉の味を活かした素朴な感じがまた美味しいなって思える。後で知ったのだけど、肉伯火雞肉飯は鶏肉ではなくて七面鳥の肉をつかった雞肉飯らしい。それでこの肉の味わいが出てくるのか。

肉伯火雞肉飯の雞肉飯は七面鳥の肉をつかっている

そして、つけあわせのスープというか味噌汁が具だくさんでこれもまたうまいのです。こういうご飯があるから台南に来たくなるんだよなあ・・って思ってしまう味だった。はじめて食べるのに懐かしさを感じる美味しさだ。

肉伯火雞肉飯
住所:台南市中西區公園路52號
時間:10:30-20:00
休み:不定休

Related Post

世界豆漿大王で朝食 台湾で朝食といえば豆漿。あたたかくて酸味がある豆乳はひんやりした朝には最適だし、なによりあたたかい気持ちになる美味しさ。 わりとホテルの近所でみかけたお店で食べたりすることが多かったのだけど(何故なら朝は眠いから)、今回はちょっと有名なところにいってみた。 MRT雙連駅から徒歩数分のとこ...
今回の旅での台南小吃グルメまとめ 今回の台南旅ではよく食べたなあ。行ったお店の数をカウントしたら29軒も行っていた。そりゃ途中で「おれなにやってんだろ」って自問自答するよな。 しかし、台南でよくみかける小吃というスタイルは一品あたりの量が少なく、たとえばお茶碗一杯のごはんとかそんな感じ。 日本だと、たこやきとか焼きそばが...
唐戸市場の「活きいき馬関街」は圧倒的に楽しい海鮮パラダイス。... 門司港から船に乗って対岸の下関までやってきた目的は連絡船の船着き場に隣接している唐戸市場に来るため。ここは観光客にも優しい海鮮市場で一般人には敷居の高い築地なんかと比べても圧倒的に楽しめる。 地元の人にいわせると観光客価格だという人もいるけれど、どれにしようか目移りしてしまうくらいの品揃えや、...
阿村牛肉湯は保安路にある牛肉湯の名店... 小さな飲食店がひしめいていて、そのどれもが名店である保安路にある屋台のようなお店。茂雄蝦仁肉圓の向かい側にあるので、食べ歩きしてみたりするのも楽しい。 台南といえば牛肉湯というくらいに色んなお店があるのだが、そのなかでも阿村牛肉湯は名店のひとつ。店名に1968年とあるのだがもう50年以上の歴史...
金仙魚丸分店もまた迪化街らしい小吃のお店... 台北で最も古い街である迪化街。ここには色んな小吃のお店があって食べ歩くのが楽しい。朝からやっている分早くしまるお店が多い。なので、ここは朝食にはうってつけの街。民樂旗魚米粉湯の隣にあって気になっていたお店にも行ってみることにした。 一緒にいる人からは「お前、朝食から食べ歩くとか正気か」と思われ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください