台南の朝ははやい。たとえ夜中までお酒のんでマッサージにいったとしても朝5時半には起きて朝食にいきたい。

目指すのはもちろん「六千牛肉湯」だ。季節をかえて何度かいってみてわかったのだが、1月とか冬場は人が少なくて、今回みたいな9月とかは朝からすごい並んでいる。やはり冬の朝は台南の人も遅くなるということか(とはいえ、だいたいの日本人にはあたたかい季節なのだが)。

お店はいつも賑わっている
ということで牛肉湯。これは大椀。

今回の旅は9月、なのですごい並んでいた。とはいえ15分くらいで着席してお目当ての牛肉湯を食べる。わりといろいろなところで牛肉湯を食べてみたけれど、六千牛肉湯は抜群に美味しい。スープにレアな牛肉がつかっているだけというシンプルさもまた朝から牛肉がいけてしまうポイントだと思う。

僕としてはやはり大盛りを頼んでみて赤身の牛肉の美味しさを心ゆくまで味わいたいなって思ってしまう。何度来ても飽きることがない美味しさです。

六千牛肉湯
住所:台南市中西區海安路一段63號
時間:5:00-8:00(売り切れ次第終了)

Related Post

新しい蔵前カルチャーの拠点、Nui.はホステルだけど、ラウンジ利用も楽しいのです。... ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。 Nui.へのアクセス 浅草線の蔵前...
民楽旗魚米粉湯での朝食ふたたび 前回の土日台北旅では、ホテルに荷物を置いて迪化街へ向かったのだが、このルートは意外と効率がよかったので今回の旅でも朝は迪化街に向かうことにする。 以前の訪問:民楽旗魚米粉湯で台北の地元感ある朝食 前回もそうだけど、金曜日の夜まで日本にいて、週末の朝食を友人と台北の屋台みたいな店で食べると...
小林雞肉飯は高雄まで食べに来る価値がある... 台南に住んでいる人に教えてもらったお店。雞肉飯は台湾南部の嘉義という街が発祥で、僕としては魯肉飯よりもさっぱりとしていて美味しいと思ったし、これから日本でも流行りそうな感じがしている。 小林雞肉飯は高雄の市街地のなかでもちょっと離れたところにあり、あまり観光客が行くようなエリアではなさそうだけ...
台南式な茶碗蒸し富盛號碗粿に行ってみた。... 数ある台南小吃のなかでも歴史がある一品、碗粿(ワーグイ)の名店である富盛號碗粿は1947年創業の老舗だ。ここも永楽市場を通る国華街の通りにあっていつも賑わっている。 碗粿とはライスプディングとも訳されるがお米をすりつぶして、茶碗蒸しのようにした料理で、具材には豚肉や海老、椎茸などが入っている。...
浅草の老舗喫茶店「銀座ブラジル」でモーニングを楽しんできた... 浅草にあるけど銀座。支店というけど銀座にある本店はつぶれてしまったのでいまではここが実質本店。 銀座だけどブラジル、いやむしろ「銀座×ブラジル」ということなのだろうか。 店名はもはや「浅草ブラジル」でもいいような気がしてしまうが、それだとサンバカーニバルと勘違いされそうだからやはり「銀座...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください