台南といえば牛肉が美味しくて、この街ならではのローカルフードとしての牛肉湯がすごく好きなのです。

牛肉湯といえば海安路にある「六千牛肉湯」は台南グルメでの最高峰のひとつだと思うのだが、それと並ぶくらい美味しいといわれている安平の文章牛肉湯にも行ってみることができた。

安平の中心地から1キロくらい。大通り沿いに何店舗か牛肉湯のお店が並んでいるのだが、文章牛肉湯は行列が絶えない人気店なのでわりとあっさりと見つけることができる。

お店は結構行列している

注文方法はオーダーシートに書いて店員さんに渡す方式でわかりやすい。ここでは定番としては牛肉湯は外せない。できれば牛肉湯(大)を頼んで心ゆくまで肉を味わいたい。もうひとつ、ごはんは牛肉飯にアップグレードして食べることをおすすめしたい。この牛肉飯は魯肉飯の牛肉版みたいな感じで肉のうまみとタレがご飯によくあうのです。絶品。

牛肉湯と牛肉飯

牛肉湯も六千牛肉湯に負けず劣らず、柔らかくレアな牛肉は旨みが強くて、肉を食べているなあって実感できる美味しさだ。ちょっと街中から離れているのだが営業時間は長いので僕ならタクシー乗ってでも通いたくなる味だと思う。さすが、このグルメな台南でも行列ができるお店なだけあるというところ。

文章牛肉湯
住所:台南市安平區安平路300號
時間:基本は24 時間営業(月 0:00-20:00, 火 10:00-24:00)
休み:不定休

Related Post

台南グルメの逸品、周氏蝦捲は安定の美味しさ... 台南グルメにハマるきっかけになったようなお店なのに、市街地から離れた立地もあり全然行けていなかったところ。ひさびさに訪れてみたけれど、やはりここの料理は美味しい。僕にとっては変わらずに、台南グルメのなかでも最も美味しいもののひとつだと思う。 前回の訪問:周氏蝦捲老店は台南グルメの頂点かもしれな...
台北で最も古い麺料理店のひとつ「賣麺炎仔」での朝食もおすすめ... 迪化街のさらに北側にあって、小学校の裏手の通りにひっそりとあるお店。交通量もそれほど多くないのだけど、この一画だけはバイクが並んでいてにぎわっている。賣麺炎仔は台北でもっとも古い麺料理店のひとつで、もともとは屋台だったのがいまは小吃店になっている。 入口にせりだすようにあるカウンターのテーブル...
台南らしい古い建物にある僾果鮮のフレッシュジュースは格別な味... 台湾で売っている台南のガイドブックの表紙にも使われている建物にあるお店。前から気になっていていつか行ってみようと思っていたのだが、ようやく訪れてみることにした。 オーガニックフードを扱うお店で看板にある「旭峯號」とは違う名前のお店だったのがちょっと意外。 僾果鮮へのアクセス 国鉄台南駅から...
駁二藝術特區(Pier­2 Art Center)と誠品駁二店は休日の散歩にぴったりの場所だ。... 鹽埕埔から海の方に歩いていくと高雄の港に出てくる。このあたりは駁二藝術特區(Pier­2 Art Center)といって、古い港湾設備や倉庫街を改装したアートスポットになっている。トラムが走っていたり、倉庫の一部がカフェになったりしていて賑やかな感じ。ウォールアートやオブジェもあちこちに点在していて...
神農街の「友友」の日本スタイルなかき氷... 無聊郎懷舊冰品冷飲とは異なり、こちらはちゃんと生き残っています。神農街のなかほどにある交差点のところに屋台みたいなかき氷店があるのです。日本でよく見かけるかき氷ののれんが飾ってあったりして、まさにお祭りにある屋台みたいだ。 かき氷のフレーバーもレモンとかイチゴとか日本でもよくある感じ。まわりで...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください