9月の台南ってこんなに暑いのかっていうくらいに暑い。東京の真夏をさらに息苦しくしたくらいの湿度と暑さがある。昼間はあまり外を出歩きたくないなって思うくらいだ。

神農街に来てみたがあまりの暑さに目についたお店に入ってみることにした。古めかしい製氷機みたいな機械が動いていて老舗なのかと思ったら、4年くらいだという。レトロな感じで復刻したお店という感じかな。

お店の外観

古き良きって感じのアイスもあったけれど、すこし休みたかったので店内で食べることにする。その場合は、普通に盛り付けられたアイスになるのだが、これがグラニテみたいな感じのシャリッとした氷の食感がこの暑い昼下がりに生き返るくらい美味しい。

レモンとかシトラス系のフレーバーにしたので、酸味もありこのアイスは好きな味だ。ジェラートみたいなこってりさではなく、かき氷とアイスの中間みたいなデザートという感じ。

グラニテみたいな感じ
テイクアウトも可能。いいお店だったのになあ。

新しい台南の味だなあなんて思っていたのだが、しばらくしたら閉店してしまっていた。たぶん古くからあるスタイルのアイスだと思うので他を探してみるしかないかなあと思っている。

無聊郎懷舊冰品冷飲

Related Post

ICE MONSTERはマンゴーかき氷だけじゃなく美味しい... 長白小館に行って白菜鍋を心ゆくまで堪能した。そのあとデザートということで、同じ國父紀念館駅エリアにあるICE MONSTERへひさびさに行くことにした。やはり、ここのかき氷は美味しい。オープン当初の混雑もだいぶ落ち着いてきていてそれほど並ぶこともない。 過去の訪問:ICE MONSTERでマン...
台南小吃グルメを食べつくす!厳選の6軒(ランチ小腹編)... 小吃(シャオチー)とは、店や屋台で食べる中華の一品料理のことで、台南にはこの小吃のお店がそれこそ星の数ほど無数にある。小吃こそ台南が誇る食文化だと思う。 前日の投稿で朝食編を紹介したので、今度はランチや「ちょっと小腹空いたな」というときにおすすめしたいところを僕が行ったところのなかから選んで厳...
Le Café Ban Vat Sene はルアンパバンでもっとも居心地いいカフェ... 今回のルアンパバン旅で一番の発見だったのは、このカフェを見つけたことだなって思う。フレンチコロニアルな建物は雰囲気あるし、デザートは美味しいし、なにより朝から深夜まで営業時間が長いのがいい。 托鉢をみたあとに朝食をとるのもいいし、夜寝る前に少しここでクールダウンして一日の旅を振り返るのもまたい...
台南グルメの逸品、周氏蝦捲は安定の美味しさ... 台南グルメにハマるきっかけになったようなお店なのに、市街地から離れた立地もあり全然行けていなかったところ。ひさびさに訪れてみたけれど、やはりここの料理は美味しい。僕にとっては変わらずに、台南グルメのなかでも最も美味しいもののひとつだと思う。 前回の訪問:周氏蝦捲老店は台南グルメの頂点かもしれな...
小島屋製菓店の志ん子餅はお土産に最適... 志ん子餅という和菓子。外側の皮はコシがあってモチモチしている。中の餡子は甘さ控えめで上品な感じ。 白い宝石みたいに美しい見た目もいいな。なにより地元十日町のコシヒカリの上新粉を使った餅は絶品。甘いものがそんな得意じゃなくても、いくらでも食べられる。 このお土産。越後妻有のお土産として有名...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください