近くまで通りかかっていたけれど、なかなか再訪問していなかった寮國咖啡にふたたびやってきた。大通りから入ってすぐ手前にある黃氏蝦仁肉圓とか、そのちょっと先にある甘單珈琲館までは来ていたのだけど。なかなかこの路地まで入ってなかったなあと来てみることにした。

お店の外観。コーヒースタンドです。

なんと約三年ぶりの訪問。ここに来てラオスにコーヒーあるのかと知って、そして結構美味しいなと思ったので、ルアンプラバン行ったとき、サフランコーヒーでラオス産のシングルオリジンのコーヒーを飲んでみたのだった。あれは美味しかった。現地ならではだなあって思う。

普通にコーヒーはさっぱりと軽くて美味しい

寮國咖啡では日本語ができるおじさんがいるのでオーダーには困らない。イートイン的なスペースもあって路地を抜ける風が気持ちいい。店の前にあるベンチに座ったりしながら濃いめにいれたラオス産のコーヒーを飲む、のんびりとした時間はなんとも台南らしい時間だなって思う。

道南館とか気合入ったロースタリーで飲む絶品のコーヒーもいいけれど、こんな路地裏で飲むカジュアルながらも丁寧なコーヒーというのもいいものだ。

ひさびさにやってきたけど、はじめての台南でもここでひと休みする時間って、台南らしさを味わえていいんじゃないかなあ・・って思う。

寮國咖啡 Laos Coffee & Tea
住所:台南市中山路79巷60號
時間:9:00~17:30
休み:日曜日

Related Post

【閉店】東巧鴨肉羹は台南の地元に愛された人気店... このお店も無聊郎懷舊冰品冷飲と同じくブログを公開するまでに閉店してしまったお店。台南に住んでいる人に連れて行ってもらったところで、赤嵌樓の近くにあり行列の絶えないお店だった。 日本語でも「羹(あつもの)」という名前があるが、これは台湾ではとろみのあるスープ料理であり、東巧鴨肉羹はアヒル肉をつか...
efishでのんびりした時間を過ごす。 京都の繁華街から少しはずれたところ、鴨川沿いにあるカフェ。前から気になっていたところにようやく訪れることができた。 夜に来たのだが、行くならば昼もよさそうだなあ・・というところ。地元に根付いた感じがする、ゆったりとした居心地のいい空間だった。 efishへのアクセス 京阪の京都五条...
台北のバービーカフェに行ってきた 店員さん 台北でバービーカフェがオープンしたという話は聞いていて、どこにあるのかなと思っていたのだが、Po_iでシャツを作って、忠孝復興のあたりを歩いていたら偶然に発見してしまったので入ってみた。 オープン当初はかなりの賑わいだという話だったのだが、僕が行ったとき(18:00くらい)は...
天文館むじゃきで本場であり元祖の「白くま」を食べてきた... 鹿児島市内の中心地は鹿児島中央駅ではなく、天文館というエリアになっている。ここは仙台の国分町みたいなところで、アーケードの商店街のまわりに歓楽街やら飲食店が密集しているところ。 観光客にとってはこの天文館のなかでは「むじゃき」というレストラン兼カフェで食べる「白くま」というかき氷が有名。ここが...
新しい蔵前カルチャーの拠点、Nui.はホステルだけど、ラウンジ利用も楽しいのです。... ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。 Nui.へのアクセス 浅草線の蔵前...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください