もともと台南の町中には現代アートの作品が無造作に置かれていたり、ウォールアートがあったりしていたのだが、それらのいくつかをまとめて展示するスペースが旧市街の南側に「藍曬圖文創園區」としてできた。

向かい側は台南でもっとも高級なホテルであるシルクプレス台南があるし、横は新光三越の大きなデパートだし、日本から来るツアーはこのあたりに泊まることが多そうな感じがするエリアだ。

入口
これ、前に神農街の方にあったやつじゃないかな。。
夜でもにぎわっている

入口にある舊藍晒圖という作品はたぶん、もともとは新農街にあったやつではないかと思う。ここに移設してきたような感じがする。写真映えするスポットでもあるし、色んな人で賑わっている。朝よりも夕方以降の方が賑わいが多い。

古い日本家屋をリノベーションした建物がいくつか並んでいて、なかにはギャラリーがあったり、お土産物店があったりする。品揃え的には林百貨と似たような感じだがもう少しカジュアルなものが多いかなという印象。

あちこちにフォトスポットがある
休憩スポット
新光三越が目の前にある
ポーチとかかってみた

台南といえばというお店あるLa yoo 來喔とか、地元の職人さんがつくっている革のバッグなどもあったりして、ショッピングエリアとしても見どころがあり、自分用の旅の思い出に買いたくなるものが多い。古い建物と現代アートの組み合わせってよく見かけるようになったけれど、台南でみる風景はさらにのどかさもあったりしていい風景だなあって思った。

市街地のちょっと南端だが、訪れるなら夕方以降がいいと思う。

藍曬圖文創園區
住所:台南市南區西門路一段689巷

Related Post

ワタリウム美術館「ここより北へ」展覧会をみてきた... 北青山のワタリウム美術館でやっている石川直樹と奈良美智の写真展をみてきた。カメラマンである石川直樹さんの作品は楽しみだし、奈良美智さんの写真もときたま絵の展覧会でみかけていて、独特な視点があるなって気になっていたのでまとめて観られるのはいいなと。 会期が5月24日まで延長したこともあって、ぎり...
PMQ 元創方で新しい”メイドイン香港”をさがす... ラマ島の旅から戻ってきて、前から気になっていたPMQへ行ってみることにする。 中環からは、かの有名な世界一長いエスカレーターに乗っていき、終点付近で降りてソーホー界隈の細い道をあがっていくと古い建物をリノベーションしたPMQに到着。 19世紀末につくられた古い建物は、古くは孫文も通ったビ...
潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...
中之条ビエンナーレ2015 – 暮坂エリア編... 六合エリアからの通りすがりに通るエリア。前回の訪問でも「印象が薄い」って書いていたけれど、今年の訪問でもやっぱり印象が薄い。でも、途中で立ち寄ったときに食べた「そば処 くれさか」の蕎麦は絶品。 六合から中之条方面へ抜けるときに通る道すがらで、見どころのポイントは十二みます、花楽の里、暮坂高原の...
TOKYO DESIGN WEEK 2016をみてきた すごい久々にTOKYO DESIGN WEEKへ行ってみることにした。何年ぶりだろうか。外苑の絵画館の前にひろがる芝生の広場が会場になっている。普通に散歩したって気持ちのよい秋の日曜日、素晴らしく晴れた午後に訪れた。 外苑の銀杏並木はまだ緑 最近、地方でも開催されるようになったアートイ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください