もともと台南の町中には現代アートの作品が無造作に置かれていたり、ウォールアートがあったりしていたのだが、それらのいくつかをまとめて展示するスペースが旧市街の南側に「藍曬圖文創園區」としてできた。

向かい側は台南でもっとも高級なホテルであるシルクプレス台南があるし、横は新光三越の大きなデパートだし、日本から来るツアーはこのあたりに泊まることが多そうな感じがするエリアだ。

入口
これ、前に神農街の方にあったやつじゃないかな。。
夜でもにぎわっている

入口にある舊藍晒圖という作品はたぶん、もともとは新農街にあったやつではないかと思う。ここに移設してきたような感じがする。写真映えするスポットでもあるし、色んな人で賑わっている。朝よりも夕方以降の方が賑わいが多い。

古い日本家屋をリノベーションした建物がいくつか並んでいて、なかにはギャラリーがあったり、お土産物店があったりする。品揃え的には林百貨と似たような感じだがもう少しカジュアルなものが多いかなという印象。

あちこちにフォトスポットがある
休憩スポット
新光三越が目の前にある
ポーチとかかってみた

台南といえばというお店あるLa yoo 來喔とか、地元の職人さんがつくっている革のバッグなどもあったりして、ショッピングエリアとしても見どころがあり、自分用の旅の思い出に買いたくなるものが多い。古い建物と現代アートの組み合わせってよく見かけるようになったけれど、台南でみる風景はさらにのどかさもあったりしていい風景だなあって思った。

市街地のちょっと南端だが、訪れるなら夕方以降がいいと思う。

藍曬圖文創園區
住所:台南市南區西門路一段689巷

Related Post

花見山はやっぱり桃源郷だと思う 今年のお花見はかなり充実している。千鳥ヶ淵で花見をして(桜ほとんど咲いてなくてインド大使館でビリヤニ食べたけれど)、目黒川に沿ってお花見散歩をして(これは豪華だった)、さらには浅草の隅田公園に行って、幕張のさくら広場ではまるであの世みたいな不思議な桜の光景を眺めていた。 そして、わずか一週間ほ...
伝統の森での蚕祭りに参加してきた はじめてカンボジアに来たのはもうかなり前で、そのときはアンコールワットを見ては感動し、回廊に銃撃戦の跡をみつけては戦慄し、ばらばらに壊れた遺跡のなかでガジュマルの樹木に驚愕し、という感じでものすごい体験だったなといまでも思い出す。 でも、それと同時に「もう、ここ来ることはないだろうなあ」ってこ...
「蔡記米糕」は赤嵌樓近くにあって手軽な台南小吃として美味しい。... 永樂米糕で米糕を食べて、やっぱり米糕って色んな味が複雑に絡み合って美味しいなあって再発見したこともあり、他のお店でも食べてみることにした。 台南の中心街であり観光でも訪れる赤嵌樓の近くに石精臼點心城という色んな食堂が集まっているフードコートみたいなところがあるのだが、そこに蔡記米糕という地元の...
西門路「無名愛玉氷」ここの愛玉氷のために台南へ来たい。... 台南の地元の人に教えてもらった朝だけやっている愛玉氷のお店。ただの屋台なのだが、これがびっくりするくらい美味しい。いままで食べたどの愛玉氷よりも美味しくて絶品だ。単なる屋台と侮ってはいけない。僕のなかでは台南での朝食のデザートはここでしめるというのが定番になった。 無名愛玉氷は、西門路と宮後路...
秋の庄内映画村オープンセットを訪れてみた... 庄内映画村への旅ふたたび。初夏に来てみて、電線のない里山の風景ってこんなに美しいものなのかと感動をしたのだが、秋もまたきれいですよっていう話を聞いたので、またもや来てみた。 庄内映画村のオープンセットまでの道のりは、カーナビだと違うところへ連れて行かれしまう可能性があるため、公式ブログ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください