もともと台南の町中には現代アートの作品が無造作に置かれていたり、ウォールアートがあったりしていたのだが、それらのいくつかをまとめて展示するスペースが旧市街の南側に「藍曬圖文創園區」としてできた。

向かい側は台南でもっとも高級なホテルであるシルクプレス台南があるし、横は新光三越の大きなデパートだし、日本から来るツアーはこのあたりに泊まることが多そうな感じがするエリアだ。

入口
これ、前に神農街の方にあったやつじゃないかな。。
夜でもにぎわっている

入口にある舊藍晒圖という作品はたぶん、もともとは新農街にあったやつではないかと思う。ここに移設してきたような感じがする。写真映えするスポットでもあるし、色んな人で賑わっている。朝よりも夕方以降の方が賑わいが多い。

古い日本家屋をリノベーションした建物がいくつか並んでいて、なかにはギャラリーがあったり、お土産物店があったりする。品揃え的には林百貨と似たような感じだがもう少しカジュアルなものが多いかなという印象。

あちこちにフォトスポットがある
休憩スポット
新光三越が目の前にある
ポーチとかかってみた

台南といえばというお店あるLa yoo 來喔とか、地元の職人さんがつくっている革のバッグなどもあったりして、ショッピングエリアとしても見どころがあり、自分用の旅の思い出に買いたくなるものが多い。古い建物と現代アートの組み合わせってよく見かけるようになったけれど、台南でみる風景はさらにのどかさもあったりしていい風景だなあって思った。

市街地のちょっと南端だが、訪れるなら夕方以降がいいと思う。

藍曬圖文創園區
住所:台南市南區西門路一段689巷

Related Post

ルアンパバンから夕陽をながめるならメコン川岸がおすすめ... ルアンパバンって夕陽がきれいな町でメコン川のかなたに沈んでいく夕陽とか、だんだんと紫色にそまっていく古い町並みとかをみるのがいい。ああ・・こうやって時間は流れているんだなって思ったりする。 ガイドブックでは旧市街の真ん中にあるプーシーの丘に登って眺めるのをおすすめされるのだけど、もはや大混雑過...
庄内映画村で日本の原風景につつまれる... 今回の旅のラストは庄内映画村。最近は藤沢周平の作品を読むことが多く、藤沢作品が映画化されたときにオープンセットのロケ地として使われていることもあり、ずっと気になっていたところ。 庄内映画村のサイトにも書いてあるけれど、カーナビに従うと違うところに連れて行かれてしまうので注意が必要です。...
台湾式ハンバーガー「阿松割包」で手軽な食事... 台南の旧市街に残る地元グルメの有名店がひしめきあう永楽市場にある人気のお店。この國華街の通り沿いには台南でも最も賑やかで美味しいお店が集まっているところで、どこに行こうか迷ってしまう。 向かい側には台湾版茶碗蒸しのような「富盛號碗粿」があるし、その隣には「金得春捲」もある。斜め向かいくらいには...
アートアクアリウム 2013 ナイトアクアリウムを観てきた... 今年も日本橋のCOREDO室町でやっているアートアクアリウムを観てきた。夏といえば涼しげな金魚なのだが、これは金魚をプロジェクションマッピングやちょっと変わったライティングなどで展示している期間限定の水族館といったところ。でも、クラブみたいで面白い。実際にDJ入れてイベントをすることもあるみたい。...
水戸の偕楽園で梅を愛でて、ゆるキャラに絶句する... 鹿島から国道を北上して水戸までやってきた。ちょうど梅が咲いている時期だったこともあり、偕楽園へ行ってみることにする。都市にある公園ではセントラルパークに次ぐ敷地で、岡山の後楽園、金沢の兼六園とともに日本三大名園として有名。 偕楽園へのアクセス 梅の時期には常磐線が特急などもふくめて目の前にある偕...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください