数ある台南小吃のなかでも歴史がある一品、碗粿(ワーグイ)の名店である富盛號碗粿は1947年創業の老舗だ。ここも永楽市場を通る国華街の通りにあっていつも賑わっている。

碗粿とはライスプディングとも訳されるがお米をすりつぶして、茶碗蒸しのようにした料理で、具材には豚肉や海老、椎茸などが入っている。上には甘辛いタレがかかっていて、好みでニンニクやわさびをトッピングするのだが、このわさびが意外と美味しく味をしめてくれる。

お店の外観
店内わりと狭い
これが碗粿

一品はかなり小さいのですぐに食べきってしまえるくらい。食べ方はケーキのように四等分の切り込みをいれてお椀からすくい上げて食べるのが定番のスタイルらしい。

基本的には持ち帰りなので、店内はイートインみたいな感じなのだが、不思議な見た目には関係なく日本っぽい美味しさがあるので、この古き良き台南小吃を食べてみてもらいたい。

 

富盛號碗粿(フーシェンハオワーグイ)
住所:台南市中西区西門路二段333巷8號
時間:7:00-17:30
休み:木曜日

Related Post

阿田水果でのおすすめは夜にフルーツの盛り合わせ... よくあるフルーツ店なのだけど、改装されておしゃれな雰囲気。1962年の創業で老舗の部類に入るお店だ。このあたりは冰鄉とか義成水果店や裕成水果行などフルーツ店が多くある激戦区になっている。夜のシメのデザートはこのあたりに来れば問題なし。 阿田水果へのアクセス 新美街の端っこの方、民生路との交差点に...
Rot Sawoei(チェンマイ)雲南料理風な麺料理店... ライスもの 北部タイって、間にラオスをはさんではいるものの、中国の雲南省まではそれほど離れた距離にあるわけではなく、山の方にトレッキングとかすると中国の少数民族と似たような文化圏なんだなと感じることがある。 チェンマイ旧市街にあるRot Sawoeiで提供されている土鍋料理は、そんなも...
盛園絲瓜小籠湯包のヘチマ小籠包は必食のおいしさ... 杭州小籠湯包のすぐ近くにあって、中正記念堂と東門の間あたりにある小籠包のレストラン。 お店の名前にもなっている「絲瓜(ヘチマ)」の小籠包は、独特の風味がすごい美味しい。 いままで、ヘチマの小籠包ってなんかこうえぐみを感じるところがあったのだけど、ここの小籠包はえぐみすらも風味といえるんじ...
Companhia do Garfo – コパカバーナでビュッフェスタイルの手軽な食堂... アトランティカ通り沿いにあるカフェみたいなレストラン。今回宿泊していた、アウグストスホテルからすぐのところにあって、一度訪れてみた。 店内はファーストフード店みたいな作りになっていて、席に着くとドリンクのオーダーとってくれる。食事については奥にあるブッフェのコーナーからどうぞって感じで、ブラジ...
時代を越えた定番の朝食、イノダコーヒ 本店で京の朝食セットを食べてきた... もうとっくにブログでも紹介しているかと思っていた京都での朝食の定番。イノダコーヒに行ってきた。そうか、ここに来ていたのはブログを始める前だったのか。ずいぶんと長いこと来ていなかったのだな。 イノダコーヒの本店は朝7時から営業していて、ここのモーニングは京都での朝食として定番になっていると思う。...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください