台南の台所である永楽市場があり、そして美味しい小吃の食堂がそろっている国華街の通りは、何度来ても新しい発見がある。朝には阿松割包を食べたのだけど、今度はここでラップサンドみたいなものを食べてみることにした。

阿松割包の向かい側あたりにある金得春捲は行列の絶えない地元の人気店だ。だいたいは持ち帰りみたいなのだが、店内で食べることもできる。

お店の外観、春捲キャラがかわいい

インドのドーサみたいな薄皮の生地のなかにはキャベツや豚肉、干しエビみたいなものなどが挟み込まれていてちょっとベトナムのバインミーのようでもある。そこにピーナッツと砂糖のソースがかかっていて、この甘さが斬新な感覚があり、日本人には好みが分かれそう。僕はわりと好き。

これが台南式ラップサンド

見た目以上にボリュームがあって食べ応えがある一品だな。結構おなかいっぱいになる。こういうお店がバインミー屋みたいに東京にもあればいいのにと思ってしまった。手軽な台南式ファーストフードという感じ。

金得春捲 Jinde Spring Rolls
住所:台南市中西區民族路三段19號
時間:7:00-17:00
休み:月4日、不定休

Related Post

台南グルメの米糕を食べるなら「原大菜市排骨酥湯」もおすすめ... 台南グルメのひとつに米糕(ミーガオ)という料理があり、これは台湾式の「おこわ」みたいな感じ。もち米を蒸してそこに豚肉とか椎茸とか粽に使いそうな具材や、甘めに漬けたキュウリなどを盛り付けた小さなどんぶりは見た目よりもお腹がいっぱいになる。 台南で食べたのは赤崁樓からほど近い落成米糕のものだけだっ...
矮仔成蝦仁飯で究極のエビ飯 台南はグルメの街で小吃と呼ばれるレストランというか食堂が数多くある。本当に沢山あるのです。 そんななかで、1922年の日本統治時代から生き残っている老舗中の老舗であり名店なのが矮仔成蝦仁飯という海安路にある小吃。出汁で炊いたご飯にエビをのせた蝦仁飯が看板メニュー。九州の味を思わせる甘めの味噌汁...
【閉店】正興珈琲館カフェ編 2019年5月末:ホテル、カフェともに閉店したとのこと。2012年4月1日のオープンから7年間、台南の旧市街を牽引してきた存在だと思っているのでなんとも残念。 今回も正興咖啡館に宿泊したのだけど、ここは宿としてだけではなくカフェとしてもとても居心地のいい場所なので、泊まってなくてもおすすめでき...
毛豆咖啡は楽しく居心地のいいカフェ... 台南にある小さなカフェ。通りを歩いていたら小さな看板があって入ってみたところ。女の子ふたりでやっている手作り感ある楽しいカフェだった。居心地よくておすすめ。 毛豆咖啡へのアクセス 国鉄台南駅から徒歩圏内。駅から正面にのびている成功路を歩いて行き、進行方向右手に大観音亭という寺院が出てきた...
【閉店】東巧鴨肉羹は台南の地元に愛された人気店... このお店も無聊郎懷舊冰品冷飲と同じくブログを公開するまでに閉店してしまったお店。台南に住んでいる人に連れて行ってもらったところで、赤嵌樓の近くにあり行列の絶えないお店だった。 日本語でも「羹(あつもの)」という名前があるが、これは台湾ではとろみのあるスープ料理であり、東巧鴨肉羹はアヒル肉をつか...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください