台南の小吃銀座(またはメッカ)な永楽市場のある国華街の通り沿い。午前中、ここに来るときには猛烈な空腹状態でやってくるのがいい。今回の旅での永楽市場近辺での小吃のシメはこここも前から気になっていた永樂牛肉湯に来てみた。

米糕肉圓、牛肉湯と永楽の名前がついている三兄弟的な店の並び。どれも台南らしいちょっとしたご飯という感じで屋台みたいな椅子に腰掛けて市場を眺めながら食べる食事もまた楽しく美味しい。

お店の外観
店先に座って通りを眺めるのも楽しい

永楽牛肉湯は通常の赤身の牛肉湯のほかに部位別と、全部入りの総合という複数のメニュー構成になっていて、ちょっと気になったので総合牛肉湯で贅沢してみた(とはいえ金額的には小吃レベル、安い)。目の前で赤身肉の塊から細切れをつくり、ホルモンを細断してスープにくぐらせて作っている。

これが総合牛肉湯

総合牛肉湯は赤身肉意外にミディアムレアなレバーとかも入っていて、これは牛肉のすべてを楽しめる肉好きにはたまらない一品だな。六千牛肉湯の赤身肉ラバーな感じもいいけれど、こちらの盛りだくさん食べくらべ系な牛肉湯もまた食べていて色んな美味しさを味わえる。これは確かに総合で豪華な牛肉湯だ。

この永楽市場界隈の小吃はどこにいっても絶品だなと改めて感じた一品。目の前で作り上げる牛肉湯は食べ応えもあって、台南で牛肉湯を食べるといえば定番にしてもいいくらいだなって思った。

永樂牛肉湯
住所:台南市中西區國華街3段175號
時間:02:00-13:00
休み:火曜日

Related Post

台南アートと食べ歩きの旅。 成田から高雄までタイガーエアの直行便が出たことで、LCCという選択肢が出たことで俄然行くようになった台南の街。ここのところ行っている旅先のなかでも最も好きな街だと言い切れる。それにしても、改めて振り返ってみると結構行っているよな。 過去の台南旅 2013-09: 台南・台北旅行 2014-...
台南来たら度小月担仔麺に来るべし ガイドブックでもサイトでも、とりあえず台南に来たら度小月の担仔麺を食べるべし。みたいなことが書いてあって、日本人も多く訪れる台南の名店。僕も前回の訪問から再訪。 ここの料理は台北でも食べることができるようになったけれど、それでもやはり本店の雰囲気で食べる方がいいなあ・・と思う。 というこ...
矮仔成蝦仁飯で究極のエビ飯 台南はグルメの街で小吃と呼ばれるレストランというか食堂が数多くある。本当に沢山あるのです。 そんななかで、1922年の日本統治時代から生き残っている老舗中の老舗であり名店なのが矮仔成蝦仁飯という海安路にある小吃。出汁で炊いたご飯にエビをのせた蝦仁飯が看板メニュー。九州の味を思わせる甘めの味噌汁...
台南小吃旅シーズン2 2016年の3月、ひさびさに台南を旅してすっかり気に入ってしまう(詳しくは「台南小吃グルメを食べ歩く散歩旅(2016年3月) 」にて)。そして、その2ヶ月後にはやくもまた来てしまう。タイガーエアというLCCが味方してくれているとはいえ、まあ結構な頻度だよなって自分でも思う。 でも、台南という街...
泰成水果行でフルーツざんまい 台南で今回泊まっている正興珈琲館の斜め向かいにあって、夜になると営業をはじめている果実店がある。 前に来たときは夜は疲れちゃっていたのだが、気になっていたので今回は寄ってみた。どうも、台湾の人たちって締めに甘いものとかスイーツ系を嗜むんじゃないかと思うのだが、ここもそうしたお店のひとつで、店先...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください