六千牛肉湯の向かい側にあってこちらも人気の台南小吃である矮仔成蝦仁飯へ久々に行ってきた。海が近い台南では小エビが沢山採れるみたいで、黄氏蝦仁肉圓に入っている小エビとかも美味しいものなあ。

ということで久々に海安路にある矮仔成蝦仁飯。看板メニューである蝦仁飯は出汁が効いた炊き込みご飯の上にエビが載っている感じでこれが美味しいのです。ちょっと甘めの味付けがまた台南らしいというか旨みが効いている。

お店の外観
これが台南での定番「蝦仁飯」

どちらかというとみんな朝食に食べるのか、ちょっと時間をずらすと空いているのもいいところだ。通りまでせり出したテーブルに座ってご飯を食べていると台南に来たなあって感じがすごく強い。

ご飯に困ったらここに来て食べておけば間違えがないというお店のひとつだなって思う。

矮仔成蝦仁飯
住所:台南市中西區海安路一段66號
時間:7:00-19:30
休み:不定休

Related Post

康楽街牛肉湯は新農街散策の合間に寄ってみるのがおすすめ... 前回に台南へ来たときにはタイミングがあわず食べられなかった牛肉湯の名店のひとつ。この店ならではの野菜の旨みを感じるスープが美味しい。 康楽街牛肉湯へのアクセス 新農街の北側にある。新農街の中心部にある交差点を北の方へ2分くらい歩いたところ。この新農街は夜に来た方が雰囲気があってきれいなの...
富貴冰淇淋 (Rich Gelato)にふたたび行ってきた。... 2018年の年始にはふたたび台南の旅をしてきた。2017年9月からまだ間もなくて、国鉄の台南駅につくとなんだか「帰ってきた」感覚がある。地元みたいだが、旅先なんだよな。国鉄の台南駅からはのんびりとあるいて今回の宿泊先である來了(LaiLe)まで。荷物を置いてさっそく米街から散歩に出ることにした。 ...
黃氏蝦仁肉圓のバーワンはここでしか食べられない絶品の味... 台南が発祥の肉圓(バーワン)という不思議な食べ物があることを知って、食べ歩いてみている。 バーワンとはお米とサツマイモの粉を混ぜた生地で、なかに具材をいれて蒸したり揚げたりするものなのだが、台南の肉圓は蒸されているものがメインになっている。 料理の発想としては小籠包と同じものだと思うのだ...
久しぶりに「寮國咖啡」でラオス産のコーヒーを味わってきた... 近くまで通りかかっていたけれど、なかなか再訪問していなかった寮國咖啡にふたたびやってきた。大通りから入ってすぐ手前にある黃氏蝦仁肉圓とか、そのちょっと先にある甘單珈琲館までは来ていたのだけど。なかなかこの路地まで入ってなかったなあと来てみることにした。 お店の外観。コーヒースタンドです。 ...
落成米糕で食べる台南の米糕 台南名物のひとつである「米糕」という料理。それにしても、台南って街の規模としてはそれほど大きくないのにこのグルメの充実度はなんなんだ!って思う。 「米糕」とはそのままの字を訳すとお米のケーキということになる。しかし、実物はというと粽と丼の中間のような存在。蒸したもち米の上に豚肉とか田麩(でんぶ...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
51star1star1star1star1star

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください