もう去年のことになるのだが、浅草の酉の市に行ってきた。昨年は三の酉まであったのだが、僕が行ったのは二の酉のタイミング。ひさびさに訪れたが、すごい熱気で楽しかった。夜市っていいよね。

酉の市

浅草の酉の市に行くには最寄り駅は日比谷線の入谷駅になる。ここから徒歩10分くらい。帰りは浅草まで歩いたのだが20分以上かかったので、ここは断然、入谷駅をおすすめしたい。または押上あたりまでバスとか。

酉の市のときのお寺は参拝するのも数時間くらいかかりそうな感じなので、今回はパスして雰囲気だけを楽しむことにする。それだけでも、充分楽しめるので行ってみる価値はあると思う。

お寺の入口ではお寺の人がものすごいやる気なさげな表情で、まるで家電製品にはたきをかけるかのようにパタパタとお祓いをしている。これは・・一見の価値がある。

酉の市

お寺の境内は提灯が壁のように置かれていて真昼のよう。

これ、江戸時代からこうだとしたらずいぶんと迫力のある市だったのだろうな。境内の脇から熊手を売るお店が軒を連ねていて、ここを巡るのは酉の市のハイライト。自分で買わなかったとしても、あれこれ見てまわるのが楽しい。

酉の市

酉の市

一通り観て終わったら、屋台で食事というのがここのスタイルじゃないかと。

僕はおでん屋さんに入ったのだが、それ以外にも立ち飲み処とか縁日の屋台とかが沢山出てきているので目移りしてしまう。ここでベビーカステラ食べるのが好きなんだよなあ。

酉の市

そんなこんなで、外にずっといるとすっかり身体も冷えてしまうので、普段以上に暖かい服装で参拝に来ることをおすすめします。

酉の寺 長國寺
住所:東京都台東区千束3-19-6

Related Post

ヨシカミ浅草店 – 古き伝統的な洋食... 僕にとって、浅草とは洋食の街だなあ・・と思っていて、フジキッチン、モンブランに並ぶ有名店であるヨシカミの浅草店(もう一店舗はなんと羽田空港にある)。 場所はつくばエクスプレス浅草駅にほど近いところにあって、浅草観光にも便利じゃないかと思う。人力車のお兄さんが「ここはむちゃくちゃ混んでい...
清澄白河での朝食はオールプレス エスプレッソがおすすめ... ニュージーランドからやってきたコーヒー豆の焙煎をふくめたアンテナショップ的な存在。ニュージーランドつながりでいうと神楽坂のMojo Coffeeを思い出すのだが、こちらのオールプレスも食事含めてバリスタが丁寧にいれたエスプレッソとか美しいデザインがかかれたフラットホワイトを飲むことができる。 ...
上野桜木あたりの名物店「おしおりーぶ」でオリーブラテを飲んだり、オリーブオイルを買ってみたりする... 谷根千のなか、もっとも不便なエリアなんじゃないかというあたり。「上野桜木あたり」という不思議なネーミングの複合施設がある。この一画に残された昭和初期の古民家をリノベーションしたモールが上野桜木あたりという場所になっている。 塩とオリーブの専門店である「おしおりーぶ」はこのなかでもとびきり面白い...
中之条ビエンナーレ2015 – 六合エリア編... 2年前に引き続き中之条ビエンナーレの旅。今年は越後妻有の大地の芸術祭に加えて、中之条のビエンナーレもあるという6年に一度の忙しい年。 前回の中之条ビエンナーレのときにはブログをはじめていたのでこちらにて(中之条ビエンナーレ2013)。 2年ぶりの中之条は変わらずきれいな田舎だった。とくに...
大地の芸術祭 2015 – 川西エリア編 新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭の川西エリア編。ここは信濃川の西岸にあたるエリアで河岸段丘が一望できるところ。 このエリアでは有名過ぎるくらいな、ジェームス・タレルの光の館。そして、ナカゴ・グリーンパークがあるのだが、このあたりはみたことがあるので今回...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください