もう去年のことになるのだが、浅草の酉の市に行ってきた。昨年は三の酉まであったのだが、僕が行ったのは二の酉のタイミング。ひさびさに訪れたが、すごい熱気で楽しかった。夜市っていいよね。

酉の市

浅草の酉の市に行くには最寄り駅は日比谷線の入谷駅になる。ここから徒歩10分くらい。帰りは浅草まで歩いたのだが20分以上かかったので、ここは断然、入谷駅をおすすめしたい。または押上あたりまでバスとか。

酉の市のときのお寺は参拝するのも数時間くらいかかりそうな感じなので、今回はパスして雰囲気だけを楽しむことにする。それだけでも、充分楽しめるので行ってみる価値はあると思う。

お寺の入口ではお寺の人がものすごいやる気なさげな表情で、まるで家電製品にはたきをかけるかのようにパタパタとお祓いをしている。これは・・一見の価値がある。

酉の市

お寺の境内は提灯が壁のように置かれていて真昼のよう。

これ、江戸時代からこうだとしたらずいぶんと迫力のある市だったのだろうな。境内の脇から熊手を売るお店が軒を連ねていて、ここを巡るのは酉の市のハイライト。自分で買わなかったとしても、あれこれ見てまわるのが楽しい。

酉の市

酉の市

一通り観て終わったら、屋台で食事というのがここのスタイルじゃないかと。

僕はおでん屋さんに入ったのだが、それ以外にも立ち飲み処とか縁日の屋台とかが沢山出てきているので目移りしてしまう。ここでベビーカステラ食べるのが好きなんだよなあ。

酉の市

そんなこんなで、外にずっといるとすっかり身体も冷えてしまうので、普段以上に暖かい服装で参拝に来ることをおすすめします。

酉の寺 長國寺
住所:東京都台東区千束3-19-6

Related Post

饒河街観光夜市は面白かった 以前に行った士林夜市はいまいちだったのだが、ほかにやることもないのと「銀河観光夜市は面白いから行ってみ」という友人の提案もあり、ちょっと行ってみた。 MRT後山埤駅で降りて、五分埔を通り抜けながらのんびりとアクセス。20:00前くらいかなあ・・に着いたのだけど、週末だったこともありすっかりお祭...
いちはらアート×ミックス2014「内田未来楽校」編... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。何回かに分けていった旅の記録をまとめていくことにする。 上総牛久駅で鑑賞パスポートをゲットして、まず向かったのは「内田未来楽校」というスポット。 廃校をリノベーションして作品の展示施設にしている。中之条でみたビエンナーレ...
大地の芸術祭 2015 – 川西エリア編 新潟の越後妻有で3年に一度開催されているアートトリエンナーレ、大地の芸術祭の川西エリア編。ここは信濃川の西岸にあたるエリアで河岸段丘が一望できるところ。 このエリアでは有名過ぎるくらいな、ジェームス・タレルの光の館。そして、ナカゴ・グリーンパークがあるのだが、このあたりはみたことがあるので今回...
ふく手羽 佐賀 – 佐賀まちなかバル1軒目... 11月の連休に大雨の唐津から戻ってきた。で、佐賀市内では「佐賀市街なかバル」というイベントをやっていて、当日券で3,500円で5枚チケット(5軒巡れる)という食べ歩きができるので、ちょっと参加してみた。 佐賀駅の観光案内所でチケットを購入して、地図を眺めながらまずたどり着いたのは、「ふく手羽」...
味噌坐 玉響(湯島)これぞ居酒屋っていう雰囲気... 上野にこんなお洒落で雰囲気ある居酒屋あったのかって思ってしまった。外国人を連れてきたらすごい喜びそう。西麻布や、有楽町にある有名なお店より全然美味しいし、値段も手頃なのがいい。 カウンター席だと炊事場にいる店主が黙々と仕事をこなしていく様をみているのもいいし、奥の座敷は江戸時代の居酒屋ってこん...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください