1953年に創業して60年以上の歴史をもつ高雄でも屈指の老舗の老江紅茶牛奶。高雄市内にいくつか支店があるのだが、本店は美麗島駅のすぐ近くにあって六合夜市からも脇道に少し入ったくらいの好立地、そしてさらに24時間営業という驚異的な利便性の高さだ。

ここなら深夜に高雄についても、この近くに泊まっていれば軽食や抜群に美味しいミルクティーを味わうことができる。今回泊まっているGreet Inn 喜迎旅店からは歩いて10分くらいなので、近いかどうか判断がわかれるとは思うけれど、高雄はわりと夜がはやいお店が多いので、深夜にこの宿についていたらまずは高雄最初の食事として訪れてもいいかと思う。

お店の外観。ティースタンドって感じ。
こだわりのミルクティー

お店は小さくて軒下にテーブル席が置かれている、ほとんどの人は持ち帰りなのでお店の混雑に反してテーブル席はわりと空いている。軽食とお茶がメニューにあるのだが、小林雛肉飯でごはんは済ませてしまったので宿までのんびりミルクティーでも飲んで帰るかと定番の紅茶牛奶を頼んでみた。MとLのどっちにする?と聞かれたのだが、僕の感覚としてはMサイズでもだいぶ巨大だ。

ミルクティーは紅茶に牛乳というシンプルな組み合わせ。甘さは調整できるのだが、チャイみたいに少し甘さが強い方が台湾らしく美味しく飲めるかもしれない。タピオカ入りとかいろんなお茶があるなかで昔ながらのシンプルな味を守っているという感じがあっていいよなあ。老江紅茶牛奶のミルクティー飲みながら六合夜市を散歩するのは楽しいと思う。

六合夜市

老江紅茶牛奶
住所:高雄市新興區南台路51號
時間:24時間
休み:無休

Related Post

台南スタイルのビアガーデン、總趕官の廟の前でビールを飲む... 小杜意麺で食事してビール飲みたいなと思って向かったのは路地裏にある總趕官の廟前にある広場。地元の人に夜はここがビアガーデンみたいな感じになると聞いていたのです。 車の通り抜けもままならないような路地裏の小さな広場が夏まつり会場みたいになってビアガーデンになっているのはなんだか楽しくなってしまう...
雙全紅茶(スワンチェンホンチャ)は台湾産の紅茶にこだわる専門スタンド... すごい分かりづらいところにあるのだが、台湾産の紅茶にこだわったお店があるというので行ってみた。路地裏にあるお店はイートインスペースみたいな小さな場所しかないお店。 メニューは紅茶のみというシンプルすぎるラインナップなのだが、一杯ずつ丁寧にいれられた紅茶を楽しむことができる。いわばサードウェーブ...
米糕城で高雄の米糕もあじわってみる... 台南を中心とした台湾南部が発祥である米糕のお店が高雄にもあったので、立ち寄ってみることにした。本場は台南だと思うけれど、ここのお店の米糕は美味しかった。 米糕城へのアクセス MRTオレンジラインで終点のひとつ手前、鹽埕埔駅のすぐ近く。小西門燉肉飯からは歩いて30秒ほどでついてしまうので腹...
台南牛肉の最高峰「文章牛肉湯」では牛肉湯(大)と牛肉飯のセットが最強。... 台南といえば牛肉が美味しくて、この街ならではのローカルフードとしての牛肉湯がすごく好きなのです。 牛肉湯といえば海安路にある「六千牛肉湯」は台南グルメでの最高峰のひとつだと思うのだが、それと並ぶくらい美味しいといわれている安平の文章牛肉湯にも行ってみることができた。 安平の中心地から1キ...
古民家をリノベーションしたカフェで本格的な中国茶を楽しめる「青玄茶荘」で過ごす午後... 浅草から蔵前まで隅田川の右岸を散歩していたら偶然にみつけたお店。古い古民家というか商店をリノベーションした感じのところで、入口に小さな看板が出ている。 どうやら中国茶が楽しめるカフェみたいだと思ったら、ちゃんと本格的なところですごく楽しい時間を過ごすことができた。まだオープンしてそれほど間がな...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください