2017年9月は九州旅行をした翌週に台南へ行ってきた。台南駅についたときの感覚は九州旅行したときよりも親近感がわく感覚があるのが自分でも不思議なのだが、それだけこの街が好きってことなのだろうな。

ルートはいつものごとく、成田からタイガーエアで高雄まで飛んで、高雄から台南までは国鉄で移動する。ちょっとレトロな高雄駅はまもなく改修工事が完了して新しい駅舎になるみたいで便利になると楽しみなようでもあり、このホームでお弁当買って行くのが変わるのかと寂しくもある。

まもなくリニューアルされる国鉄高雄駅
かわいいカラーリングのティースタンド
この地上ホームもまもなく見納めかあ

台南について、今回の宿である正興咖啡館に荷物を置いたらさっそく夕食の食べ歩き。素朴な味がいい感じの肉伯火雞肉飯を食べて、上海華都小吃で小籠包を食べて、奉茶でお土産買って、そこからTCRC Barの予約をすませていったん宿に荷物置いたあとふたたびカクテルを楽しみ、ラストは信安按摩でマッサージをして充実した初日が終了。

夕方の風景
夕暮れの正興街
一瞬日本かと思う風景
肉伯火雞肉飯の雞肉飯は七面鳥の肉をつかっている
上海華都小吃の小籠包
夜の台南
壁一面の酒瓶にテンションあがる

翌朝も早朝に起きて六千牛肉湯からはじまり林家魚皮へと向かうのだけど、台南での街歩きはなるべく路地裏を通るようにしている。表通りはほかの台湾の街と変わらないのだが、そこから一歩入ると車も通り抜けないような路地裏が張り巡らされていて、ちょっと迷いながら、まわりみちしながらでも路地裏を通るのが楽しい。何度も来ている街だし、それほど次を急ぐ旅でもない。なんなら食休みがてら少し歩いた方がいいくだなって思いながら散歩しつつ街を歩いている。

明け方の台南
ということで牛肉湯。これは大椀。

車もろくに通らない路地裏ではフレンドリーな猫に遭遇したり、寝ぼけた犬とすれ違ったり、開けはなたれたドアから台南の生活が垣間見えたりしてどこを歩いても絵になるし、飽きることがない。この路地裏の街歩きもまた台南の魅力だよなって思う。

路地裏の猫

そんな感じでどこをどう通り抜けたか永楽市場までやってきたので阿松割包で台湾式ハンバーガーを食べて、米街にある鳳冰果舖でフルーツを堪能。ここのこだわりある美しいフルーツがすごく好きだ。

この日は久々に安平の方に行くことにして安平樹屋というガジュマルに覆われた建物がある場所へと行ってみた。アンコール遺跡のタプロームみたいに神秘的な感じもあり、台南にこんなところもあるのかと驚いた。ここはフォトジェニックだ。

鳳冰果舖
安平樹屋
安平老街
それにしても暑かった

そして、安平からちょっとずつ台南旧市街へと戻ってみることにする。六千牛肉湯と並ぶ有名店である文章牛肉湯でランチをして、Elate 依蕾特 布丁奶酪で台南発のプリンを店先で食べる。そして、レトロな雰囲気の瑞比冰淇淋でアイスを食べてひんやりしたら新農街まで行って無聊郎懷舊冰品冷飲でグラニテみたいなアイスを食べたり、友友でかき氷を食べたり。とにかく、この旅でいった9月の台南はものすごい暑さでアイスが美味しすぎる。

文章牛肉湯
瑞比冰淇淋

永楽市場あたりまで戻ってきたので、永樂米糕で小腹をみたして、林百貨でお土産買ったり、合成帆布行で自分用にポーチを買ったり。そこから路地裏にはいって、ひさしぶりに寮國咖啡でラオスのコーヒーを味わった。廟がある小さな広場近くのこの路地もまた台南らしい雰囲気があるなあって思う。

神農街
台南といえばこの風景
あちこちに廟がある
PARIPARI APARTMENT

そして、台南にできた新しいスポットであるParipari apt.でひと休みしたあとは、蔡記米糕でふたたび米糕を食べくらべ。どちらもうまいので甲乙つけがたいな。そして、藍曬圖文創園區で台南の現代アートにふれたりここでもお土産ものを探したりした。

すっかり夜もおそくなり、宿の向かいにある老舗フルーツ店である泰成水果店で二日目のシメをして寝た。

林百貨
林百貨での戦利品
合成帆布でかったもの
夕方の台南
そして夜の台南

ところで、今回とまった正興咖啡館は僕が台南ではじめて泊まった宿であり、台南が好きになるきっかけをくれた場所なのだけど、2019年5月末で閉店してしまっていた。この宿のテラスから眺めた台南の下町の風景や、屋根伝いに歩く猫の散歩道とか、すごく好きだったのだがもう見ることができないなんて寂しいなあ。なによりテラスで飲むビールは最高に美味しかった。

正興珈琲館
正興街

台南の朝食といえば、なにを選ぶか悩ましいのだがこの日は包成羊肉からスタート。羊肉というか山羊肉なのだが、臭みがなくここのスープは本当に美味しい。牛肉湯だけではない台南の味だと思う。

そしてふたたび永楽街。金得春捲から富盛號碗粿に行き、やっぱり牛肉湯食べたいなあと永樂牛肉湯。さすがに沢山食べたなって感じがあるのだが、どれも抜群に美味しい。永楽街で朝食のすべてを済ませられるくらいバリエーション豊富にお店が集まっている。

グッドモーニング、台南
猫の多い街、台南

裏道をたどっていたら矮仔成蝦仁飯の近くまでやって来たのでついでにエビ飯食べて小腹をみたし、西市場に戻って誠舖でコーヒーのんだり、わりと適当にぷらぷらと当てもなく台南を歩きまわる。そして、孔子廟を散歩してもうすぐできそうな台南現代美術館の建設現場を眺めたりしていた。まだまだ台南も変わりそうだ。

孔子廟
孔子廟街

孔子廟の向かい側にある通りにある保哥黑輪でインスタント麺の台南B級グルメを食べたのだが、これインスタント麺と侮れない美味しさがある。だまされたと思って食べてみて欲しいくらいだ。街角でみつけたレトロな雰囲気の蜜桃香でちょっと休んだあとは赤嵌樓の近くて台南に住んでいる知り合いと合流。おすすめという東巧鴨肉羹を食べてそのあとははじめてのんだ冬瓜茶を義豐阿川冬瓜茶であじわう。十八卯茶屋でお茶をしてわかれたあとは夕食に小杜意麵を食べて、前から気になっていた廟の前のビアガーデンである松仔腳燒烤でビール飲みながら台南の夜を過ごす。なんだかとても充実してあっという間に1日が終わってしまう。

途中でみたお祭りの準備、なんだこれ。
そして夜の台南
ここの風景好きだなあ
おやすみ台南

台南最終日は阿憨鹹粥の近くにある西羅殿牛肉湯で牛肉湯を食べた後、宿に戻る前に教えてもらった西門路 無名愛玉氷で愛玉子のデザートを食べる。ここで愛玉子に対する印象が変わるくらい美味しいデザートを食べることができた。台南すごい。

朝の永楽市場
裏通りでみかけた廟
こういう路地裏が好きだ
西羅殿牛肉湯の総合牛肉湯、そしておまけについてくる肉燥飯。

僕のスタンスとしては夕方まで台南にいると名残惜しくて寂しくなるので昼のうちに高雄まで移動してしまう。以前の旅でみつけたGreet Inn 喜迎旅店に今回も泊まり、鹽埕埔にあるタピオカティーの老舗「双妃奶茶」を飲んだり、昭和にタイムスリップしたかのような小堤咖啡でコーヒーを飲んだりして過ごす。台南と比べると断然大都会な高雄だけど、いいところは沢山あるよな。ちょっとずつ印象が変わってくる。

鹽埕埔
昭和にタイムスリップしたみたい
倉庫をリノベーションしたカフェもある
そして夕暮れの愛河

高雄の港近くにある現代アートのスポットである駁二藝術特區を散歩したり誠品生活で買いものしたりして、近くにある高雄屈指の人気グルメ店である港園牛肉館で汁なしの牛肉麺。牛肉麺って大味な印象だったが、ここのは美味しかった。そして、高雄でもっとも好きなお店のひとつである小林雞肉飯に行き、老江紅茶牛奶でミルクティーを買って六合夜市を散歩して宿までもどる。寝る前に101足體養生會館でマッサージしたせいか、翌朝の目覚めがよくて、ひさびさに空港に行く前に興隆居で朝食を食べる時間を作ることができて食べてきたのだが、やっぱりここの朝食は美味しい。台北の阜杭豆漿までとはいわないまでも、高雄では定番だと思う。

六合夜市
興隆居の本店

今回の旅もまたあちこち歩きまわり、あれこれ食べたなあ。でも、なによりも台南の路地裏を歩いているこの瞬間が旅をしているなあって思えるときだった。だから台南好きなんだよなあって改めて思える旅だったと思う。

この旅のまとめ:台南路地裏の散歩旅。(2017年9月)

Related Post

潮岬と橋杭岩:紀伊半島をぐるりとまわる... 潮岬灯台 アドベンチャーワールドでパンダを堪能したあと、紀伊半島をぐるっとまわって尾鷲までドライブ。 僕としては房総半島をぐるっとするくらいのイメージだったのだが、全然違った。紀伊半島、すごいでかい。 そして、数年前の台風被害の復旧のためかトラックがすごい走っているのであまり快適...
永樂牛肉湯の豪華な総合牛肉湯を食す。... 台南の小吃銀座(またはメッカ)な永楽市場のある国華街の通り沿い。午前中、ここに来るときには猛烈な空腹状態でやってくるのがいい。今回の旅での永楽市場近辺での小吃のシメはこここも前から気になっていた永樂牛肉湯に来てみた。 米糕、肉圓、牛肉湯と永楽の名前がついている三兄弟的な店の並び。どれも台南らし...
台南小吃グルメを食べつくす!厳選の6軒(朝食編)... 小吃(シャオチー)とは、店や屋台で食べる中華の一品料理のことで、台南にはこの小吃のお店がそれこそ星の数ほど無数にある。小吃こそ台南が誇る食文化だと思う。 お店は朝から深夜までさまざまあるのだが、そのなかで僕が自分で行ってみて、ここは朝食に来るのがいいなと思ったところを選んで紹介してみる。早朝が...
瀬戸内国際芸術祭2013(夏開催の豊島編)... 直島~犬島と移動してきて、さらに豊島への船旅。犬島から豊島の家浦港までは高速艇で30分ほどの航路となる。 豊島では家浦港から歩いて数分のところにある横尾美術館みてから、町内バスで豊島美術館へ移動。そこから唐櫃港までは徒歩で10分くらい山を下っていった。小豆島へ渡るフェリーの時間まで時間があった...
「義豐阿川冬瓜茶」にて冬瓜茶というものを味わう。... 赤嵌樓のすぐ近く、東巧鴨肉羹の隣にあるこちらも地元で人気のお店とのこと。冬瓜のお茶ってどんなのだろうかと思ったら、お茶というジャンルではないがフルーツジュースみたいな感覚ではすごい美味しかった。 祀典武廟の向かい側にあるので観光にも便利なところ。いままでも、前を通りかかっていつも行列しているお...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください