今回泊まっているGreet Inn 喜迎旅店の斜め向かい側くらいにあって歩いて1分もしないところにある興隆居は高雄での朝食の定番となっている。だいたい、高雄発のフライトって早朝のことがほとんどで朝起きられず興隆居で肉まんをテイクアウトで買って歩きながら食べるくらいだったのだが、ひさしぶりに朝の目ざめもよく余裕をもった時間にホテルを出られたので食事をしてみることにした。前回の興隆居はこちら

興隆居(本店)へのアクセス

MRTオレンジライン市議會駅から徒歩数分というところ。Greet Innからだと徒歩1分くらい。朝食の時間帯しか営業していなくて、とくに8:00-9:00はお店の外まで混雑しているのでわかると思う。5時半くらいでも10人程度の行列ができている。この列は肉まんである湯包のできあがりに左右されている模様。列が長くても、一気にはけるときがある。

興隆居の本店

興隆居(本店)について

高雄ではトップクラスに人気のお店なので、お店の外まで列が続くことがある。左側の列は湯包と書いてあり、こちらは肉まんのオーダー専用の列。なので、まずはこちらに並んでおくのがおすすめ。ここで、肉まん受取、そのままお店の奥で他のものもオーダーすることができる。有名なのは肉汁があふれんばかりのボリュームな肉まんの湯包と、油條を挟み込んだ焼餅。今回は焼餅っていうのかな、はキャベツを入った焼き肉まんみたいなものにしてみた。あとは台湾おにぎり。

朝食セット

どれも見た目は小ぶりなのだが、思った以上にボリュームがあり、おにぎりはあとで食べたくらい。野菜が多めの肉まんは大きな餃子のようでもあり、ジューシーで美味しいと思う。午前3時からやっている人気店なので、高雄に泊まったときには頑張って早起きして食べる価値がある。

興隆居
住所:高雄市前金區六合二路186號
時間:3:00-11:00
休み:月

Related Post

台南の新しいアートスポット「藍曬圖文創園區」... もともと台南の町中には現代アートの作品が無造作に置かれていたり、ウォールアートがあったりしていたのだが、それらのいくつかをまとめて展示するスペースが旧市街の南側に「藍曬圖文創園區」としてできた。 向かい側は台南でもっとも高級なホテルであるシルクプレス台南があるし、横は新光三越の大きなデパートだ...
新しい蔵前カルチャーの拠点、Nui.はホステルだけど、ラウンジ利用も楽しいのです。... ちょっと前までは古びた下町だった蔵前がおもしろくなりはじめている。その熱量の中心地みたいな存在になっているのがNuiというゲストハウス兼ラウンジなんじゃないかと思っている。隅田川に近い裏通りにある古い建物に集まってくる人たちは旅行者も含めておもしろい。 Nui.へのアクセス 浅草線の蔵前...
【閉店】Mojo Coffee(神楽坂)でゆったりとした朝の時間を過ごす... サードウェーブコーヒーの波にのって、ニュージーランドからひっそりとやってきた(ように思える)モジョコーヒーというブランド。 日本拠点兼店舗兼カフェは神楽坂の裏通り、赤城神社の脇をぬけたもともとは印刷工場だったと思われるところをリノベーションして、ひっそりとやっている。 なんで、こんな人通...
西門路「無名愛玉氷」ここの愛玉氷のために台南へ来たい。... 台南の地元の人に教えてもらった朝だけやっている愛玉氷のお店。ただの屋台なのだが、これがびっくりするくらい美味しい。いままで食べたどの愛玉氷よりも美味しくて絶品だ。単なる屋台と侮ってはいけない。僕のなかでは台南での朝食のデザートはここでしめるというのが定番になった。 無名愛玉氷は、西門路と宮後路...
クメールスタイルのサンドイッチで朝食のすすめ... 屋台で炭火焼きで作られている ミーケウシェムリアップで食べるクイトゥとともにカンボジアでおすすめしたい朝食スタイル。 ローカルフードの代表ともいえるフランスパンで作られたサンドイッチ。 仏領インドシナ時代に持ち込まれたフランスパンはこの地にしっかり根付いていて、出来たてのパンを使...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
41star1star1star1stargray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください