もうだいぶ古い話だけど、ブログとは個人の旅行の記録なので残しておくことにする。9月は上旬に福岡旅行、中旬に台南に行き、そして下旬ぎりぎりのタイミングで中之条ビエンナーレの開催期間に間に合って2年ぶりの中之条への旅。

もう何度も来ているのだが新しい発見があり、そして色んなアートイベントあるけれど、中之条ビエンナーレの手作り感ある雰囲気がとても好きだ。

六合の赤岩集落
あちこちに作品が置いてある
すごくよく手入れされた村だと思う
集落の中心にあるのは湯本家

まずは東京からもっとも遠い中之条の六合エリアから旅をはじめる。このあたりはかなり山深い。とくに、アートが展示されている赤岩地区は山と同居しているような閉ざされた世界という雰囲気がある。六合の集落も国道から大きな橋を渡って川の反対側へ行ったところにあるのだが、この橋がないと相当行くのに苦労しそうな場所だ。実際、むかしは高野長英が逃れてきてここに隠れていたこともあるみたいだ。交通機関もない時代によくここまでたどり着けたなって思ってしまう。

集落の入口あたりにある公民館兼公衆浴場の駐車場に車をとめて、集落のなかに点在する作品をみてまわる。秋も本格的な空気で蕎麦の花がきれいだったなあ。

いろいろな作品が展示されている
古い植物標本とか貴重な展示もある
この作品がとてもきれいだったな
もう片側
そして表には完全体
秋の空に映えている

このあたりはふるくは養蚕が盛んだったこともあり、蚕をモチーフにした作品が多いのだが、そんななかで今回「湯本家」にあった「空」という作品はすごく美しいもので印象に残った。

蔵の中に鹿のようなものが立体的に配置されていて、それがいくつかのパターンとなっている。外には空に向かうように完全体の鹿のオブジェが置いてある。最初はこれみて、立体的なアバクロのロゴみたいだなとか思っていたのだが、見に行った日の秋の空もふくめて不思議な立体感があり、蔵の中の展示とあわせてみると、いろんな意味を考えてしまう。

六合という日本の集落の中でも閉ざされた世界のひとつの古い家で眺める風景は原始の世界まで思いを馳せてしまうようなもので、自然のもっている強さを感じる作品が多かった。

湯本家の他にも展示はあちこちにある
ちょっと高台にある展示
養蚕をモチーフにしているような作品
美しい風景も六合のいいところだ
のどかな風景

Related Post

北アルプス三蔵呑み歩き 2017に行ってきた。... 例年と同じく今年も北アルプス三蔵呑み歩きに行ってきた。信濃大町に宿(駅前の竹乃家が多い)をとっておくことが多いのだけど、今回は松本に泊まって電車で向かった。 イベントの開催にあわせて13:00過ぎに松本駅を出る臨時電車が出るのが便利。でも、これが普通に通学の帰宅ラッシュとかぶっていて、結構な混...
「中之条ビエンナーレ2017」の旅【中之条編】... 中之条ビエンナーレの旅、ラストに訪れたのはもっとも街中にある中之条エリア。いままでだとJR中之条駅と役所があるエリアに作品が集中していたのだけど、今回は新しく地元の小学校や少し離れたエリアにも作品があり展示が充実していた。 中之条エリアでは、JR駅の横にある展示スペースは直前にあった台風の影響...
土曜日の小旅行「冬のちばらき。いちご、あんこう、アート編」... まだまだ春が遠いなあという2月半ばくらい。ちょっとだけ春を先取りしてくるかと週末に出かけてみることにした。今回の行き先を決めた目的は水戸芸術館でやっている石川直樹の個展「この星の光の地図を写す」を見に行くというのあって茨城方面へ。茨城というと地味で旅行先としてあまり選ばないところだが、なかなかに楽し...
アンコール遺跡巡り(バンテアイ・スレイ 編)... 今回のアンコール遺跡巡りのなかで、僕にとって新たな発見だったのはバンテイアイ・スレイに対する印象。 ずっと前に来たときは、バイクタクシーの後ろに乗って砂埃だらけの道やら、道中は盗賊が出るとかいわれてびくびくしながらなんとかやってきた。 それなのに、バンテイアイ・スレイはすごい小さな遺跡で...
中之条ビエンナーレをみて、四万温泉でのんびりする秋... 季節はいつの間にか秋。とはいえ、紅葉まではまだ時間のある初秋の中之条を旅してきた。 今回の旅の目的は2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観るということ。越後妻有や瀬戸内とも異なる、とても小さなアートイベントだけど、その分みんなが手作りでやっている暖かいイベントだなあって感じられる、...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください