六合から沢渡へと途中「くれさか」で早めのランチを食べたりして峠道を通ってやってきた。この峠道がビエンナーレでもっとも運転が面倒なところかなあ。他はそれほど狭い道はなくて、越後妻有と比べても車で移動しやすいアートイベントだと思う。

沢渡は古い製材所をつかった展示スペースのほか、旧沢田小学校という廃校を使ったスペースの展示がおもしろかった。このエリアはほどよくひらけていて田舎ののどかさがあり好きなエリアだ。そしてここの展示は自然についていろんな確度から考えさせられる展示が多かったかなあと思う。空気の色がみえるような美しい展示や、廃棄物をつかった展示などよくも悪くもという感じ。

そして、もうひとつ。ランチは食べたばかりだったのだけど、バインミーの屋台が出ていたのでおやつとしてバインミー食べてみたのだが、これがすごく美味しかった。

春は桜がきれいな場所なんだろうなあって思ってまた来たくなる
廃棄物と教室
風景の切り取り

元素記号
そしてバインミーがうまかった

Related Post

中之条ビエンナーレをみて、四万温泉でのんびりする秋... 季節はいつの間にか秋。とはいえ、紅葉まではまだ時間のある初秋の中之条を旅してきた。 今回の旅の目的は2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ」を観るということ。越後妻有や瀬戸内とも異なる、とても小さなアートイベントだけど、その分みんなが手作りでやっている暖かいイベントだなあって感じられる、...
大地の芸術祭 2015 – 松代エリア編 「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」 大地の芸術祭でみてまわった松代編。僕としては今回のトリエンナーレのなかで最も好きなエリアだし、最も印象に残ったエリア。 なにがすごかったって、スマイルズがやった「新潟産ハートを射抜くお米のスープ 300円」という作品。 スープストッ...
最後にみた「再構築」の風景、越後妻有「大地の芸術祭」... 今回の旅でもっともみたかったものを観に行く。使われなくなった小屋をリノベーションしたこの作品は2006年にうまれて、それから冬の間は雪囲いで保護されて、夏はまわりの風景をうつしだしてきて、越後妻有の作品群のなかでも最も有名なもののひとつになっている。 思っているよりだいぶ小さな小屋は遠くからみ...
大地の芸術祭2013に行ってきた 大地の芸術祭って越後妻有トリエンナーレと同じ名称で3年に一回開催されるものだと思っていたのだけど、芸術祭は規模は少し小さくしているものの毎年やっていて、新しい作品の追加とかがないだけみたい。 ということを、津南のひまわりを観に行くついでに立ち寄ってみて初めて知った。 僕が好きなのは「たく...
大地の芸術祭 2015 – 中里エリア編 再構築 越後妻有の大地の芸術祭 アートトリエンナーレ。中里エリアについて。このエリアは十日町と津南の間にあって、区分が難しい。十日町エリアで書いた「再構築」という作品は中里エリアの方がよかったかもしれない。僕が泊まったベルナティオも中里エリアにある。比較的狭いエリアだけれど、いろいろ詰まった...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください