中之条ビエンナーレの旅2日目。地酒の宿中村屋でゆっくりと朝食を食べてチェックアウトして四万温泉をあとに向かうのは山を越えたところにある伊参エリア。四万温泉から伊参に抜けるルートは途中でゆるやかな山道に入るのだけど、稲刈りが終わったあとの棚田、あぜ道にさいているコスモスとか日本の秋がどーんとここに残っている感じがある。なんだかすごくのどかで日本の秋って美しいなあと思える風景だ。

伊参はアートや映画のロケ地としてはやくから活動していて、ビエンナーレの作品も豊富にある。古い小学校がそのまま映画スタジオになった伊参スタジオ公園には今回、体育館に大きな作品があってそれが印象に残るものだった。大きな絵に伊参の風景が描かれていて、その手前に沢山のオルガンが並んでいる。一定の間隔でそのオルガンが音を鳴らすのだけど、その不思議な和音の違いが風の流れのように美しくてすごく不思議な空間だった。

のどかな伊参の風景
日本の秋という感じがする
伊参映画スタジオ公演
眠る人
今回、もっとも美しいと思った作品
このオルガンが勝手になるのです

このあたりは廃校が多いのだが、それが新しく活用されていて、遊具やワイヤーで作られた球体のなかに幾何学模様のリフレクターみたいなものがあり、なかにはいって空を見上げてみると思わぬところが映り込んでいたりして美しく面白い。

また、ほかの場所では大量のボタンが作り上げる道がありこの作品は「時間を辿る」というのだけど、光の加減や外からの風でボタンが揺らぐうごきが見ていて癒やされるというか、こんなにきれいなものがあるのかって発見がある。現代アートのおもしろさがつまった体験する作品だなあって思う。見るだけではなくて、その場にいって体験することで感じるアートが沢山あるのがいい展示エリアだったな。

なんか妖精みたいでかわいい
やたらと明るい部屋があった
足下には作品がある

時間を辿る
ボタンでできている

Related Post

安曇野ちひろ美術館へ行ってきた いわさきちひろの専門美術館である、安曇野ちひろ美術館に行ってきた。 信濃大町から松本へ向かう道の途中にあるので、立ち寄りしやすいと思う。この周辺は安曇野アートラインとかいう場所で美術館が点在しているのだが、美しい庭園に囲まれたちひろ美術館はランドマーク的な存在。 僕が訪れたときは、ちょっ...
いちはらアート×ミックス2014「あそうばらの谷」編... 2014年春に行われていた「いちはらアート×ミックス」で訪れたところ。小湊鐵道の養老渓谷駅近くに車を停めて、そこから10分くらい歩いたところにある。 ここは普段は・・・なにしているところなのだろう。恒常的に存在しているような感じがするのだが。ここにあった大巻伸嗣の「おおきな家」という作品は撮影...
京都市美術館でやっていた伊藤若沖展をみてきた。「生誕300年 若冲の京都 KYOTOの若冲」... ちょうど市バスに乗っていたとき、車内のチラシで若沖展をやっていること知った。伊藤若沖は京都生まれの京都育ちだし、この街でみる若沖の作品もまた楽しそうだなと、とくに予定もなかったので行ってみることにする。結構行き当たりばったりの旅なのです。 京都市美術館について 京都市美術館は平安神宮のすぐそばに...
アートアクアリウム 2014ナイトアクアリウムをみてきた... 去年に続いて今年もアートアクアリウムを観てきた。 去年も来ているのに、開催場所のことをすっかり忘れてコレド日本橋に行ってしまったのだが、正しくはコレド室町となる。 普段来なれない場所にくるとこうなるわけです・・・。 しかし、平日のアートアクアリウムは空いていてゆっくり鑑賞できるのが...
中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください