中之条ビエンナーレの旅2日目。地酒の宿中村屋でゆっくりと朝食を食べてチェックアウトして四万温泉をあとに向かうのは山を越えたところにある伊参エリア。四万温泉から伊参に抜けるルートは途中でゆるやかな山道に入るのだけど、稲刈りが終わったあとの棚田、あぜ道にさいているコスモスとか日本の秋がどーんとここに残っている感じがある。なんだかすごくのどかで日本の秋って美しいなあと思える風景だ。

伊参はアートや映画のロケ地としてはやくから活動していて、ビエンナーレの作品も豊富にある。古い小学校がそのまま映画スタジオになった伊参スタジオ公園には今回、体育館に大きな作品があってそれが印象に残るものだった。大きな絵に伊参の風景が描かれていて、その手前に沢山のオルガンが並んでいる。一定の間隔でそのオルガンが音を鳴らすのだけど、その不思議な和音の違いが風の流れのように美しくてすごく不思議な空間だった。

のどかな伊参の風景
日本の秋という感じがする
伊参映画スタジオ公演
眠る人
今回、もっとも美しいと思った作品
このオルガンが勝手になるのです

このあたりは廃校が多いのだが、それが新しく活用されていて、遊具やワイヤーで作られた球体のなかに幾何学模様のリフレクターみたいなものがあり、なかにはいって空を見上げてみると思わぬところが映り込んでいたりして美しく面白い。

また、ほかの場所では大量のボタンが作り上げる道がありこの作品は「時間を辿る」というのだけど、光の加減や外からの風でボタンが揺らぐうごきが見ていて癒やされるというか、こんなにきれいなものがあるのかって発見がある。現代アートのおもしろさがつまった体験する作品だなあって思う。見るだけではなくて、その場にいって体験することで感じるアートが沢山あるのがいい展示エリアだったな。

なんか妖精みたいでかわいい
やたらと明るい部屋があった
足下には作品がある

時間を辿る
ボタンでできている

Related Post

【閉館】フォーエバー現代美術館とNORTHSHORE kyoto gion museum店... 祇園にある歌舞練場に草間彌生のコレクションを展示した現代美術の美術館ができたと聞いたときにはおどろいた。2019年2月には建物の賃借契約が終了するということで閉館したらしいのだが、これは本当に残念だ。 草間彌生の初期の作品から現代にいたるまで、わりと脈略なくいろんなジャンルを一気に楽しめる美術...
「YÔKAÏNOSHIMA」 シャルル・フレジェ展をみてきた... 銀座のメゾンエルメスでやっているシャルル・フレジェの写真展をみてきた。 去年に表参道のルイ・ヴィトンでみた「フォンダシオン ルイ・ヴィトン 建築展」もそうだけど、高級ブランドが店舗内にギャラリーを設けてアートを支援していくというのはすごくよい仕組みだと思う。 銀座エルメスのギャラリーも天...
越後妻有の作品「再構築 Restructure」をみる... ポチョムキンでのんびりしたあと、行ってみたのは十日町の当間高原にある「再構築 Restructure」という作品。 草原のなかに隠れるようにして建つ小さな小屋なので、カーナビでのアクセスの場合には近くにあるリゾートホテルのベルナティオを目印にするといいと思う。 再構築 2...
六本木でやっていたスヌーピー展をみてきた... ふるいチャーリー・ブラウンの人形 2013年10月12日(土)~ 2014年1月5日(日)の期間、六本木の森アーツセンターで開催されていた、「スヌーピー展 しあわせはきみをもっと知ること」というピーナッツのコミック原画展をみてきた。 このブログがアップされる頃にはとっくに終...
水戸芸術館で開催していた石川直樹個展「この星の光の地図を写す」を観てきた。... 今回の旅における大きな目的のひとつは、水戸でやっている石川直樹の個展を観にいくこと。ちょっと意外だったのは初の大規模個展ということだ。登山家や探検家として有名になった人だけど、僕が思う印象は人を撮るカメラマンという感じ。 グラビア写真を撮るということではないけれど、各地を旅していきながら人を撮...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください