中之条ビエンナーレの旅、ラストに訪れたのはもっとも街中にある中之条エリア。いままでだとJR中之条駅と役所があるエリアに作品が集中していたのだけど、今回は新しく地元の小学校や少し離れたエリアにも作品があり展示が充実していた。

中之条エリアでは、JR駅の横にある展示スペースは直前にあった台風の影響で公開が中止になっていたこともあり、中之条役場の近くの方が盛り上がっていた。TSUMUJIに車をとめて旧廣盛酒造の工場跡につくられたエリアに行ってみる。

中之条で新しい展示会場になった古い小学校
木造校舎が味わい深い

今回の展示は身近にある素材をつかって光や風の具合でみえる世界がかわる作品が気になる。伊参にあった「時間を辿る」もそうだし、ここにある作品でも僕には似たような世界観のものがあり、ちょっとした風景だけど現代アートのフィルターを通して世界をみるような感覚がある。

そして、今回のビエンナーレのガイドブックで表紙にもなっていたインスタレーションもここに展示されていて、宮沢賢治の本に出てくるようだと思いながら眺めていた。これはぱっと見はとても美しいけれど、ほかにもあるよなっていわれるとそうかもしれない。

中之条の街中から離れたところに新しく増えた展示会場は、ここもやはり廃校をリノベーションしたものらしく、広々とした校庭がある。天気がよかったこともあり、この場所は最高に気持ちがよかった。校庭から先には吾妻の街並みが一望できて、うしろには里山の風景。この場所はよかったなあ。

中之条ビエンナーレのメイン会場のひとつでもあり、いろいろな作品を一気に見られるのはいいところだと思う。

街中にある学校は地元の博物館になっていた。ここも会場。

Related Post

越後妻有のポチョムキンは居心地のいい公園のような場所... 2016年の夏は日本国内の小旅行をしてきていた。8月は一年ぶりに越後妻有への旅。去年は大地の芸術祭で賑わっていたけれど、それ以外の年も新しい作品はないけれど、展示を楽しむことができるのです。 まず向かったのはポチョムキンという作品。大地の芸術祭ではここもずいぶん古くからある作品。2003年とい...
最後の教室 – ちょっと恐くて幻想的な世界観... 越後妻有で開催されている大地の芸術祭でオープンしている美術館。このあたりの定番である廃校を再利用した建物にさまざまな作品やインスタレーションが展示されている。 入場料金は芸術祭のパスポートを利用しない場合は1回500円。 駐車場を降りると、建物から「どんっ、どんっ」と心臓の鼓動みたいな音...
ワタリウム美術館「ここより北へ」展覧会をみてきた... 北青山のワタリウム美術館でやっている石川直樹と奈良美智の写真展をみてきた。カメラマンである石川直樹さんの作品は楽しみだし、奈良美智さんの写真もときたま絵の展覧会でみかけていて、独特な視点があるなって気になっていたのでまとめて観られるのはいいなと。 会期が5月24日まで延長したこともあって、ぎり...
駁二藝術特區(Pier­2 Art Center)と誠品駁二店は休日の散歩にぴったりの場所だ。... 鹽埕埔から海の方に歩いていくと高雄の港に出てくる。このあたりは駁二藝術特區(Pier­2 Art Center)といって、古い港湾設備や倉庫街を改装したアートスポットになっている。トラムが走っていたり、倉庫の一部がカフェになったりしていて賑やかな感じ。ウォールアートやオブジェもあちこちに点在していて...
中之条ビエンナーレ2015 – 伊参エリア編... 中之条ビエンナーレで巡る里山の旅。四万温泉の東側にある伊参エリア編。この辺りは、伊参スタジオが有名なところだけど、今回は新たな廃校が増えていたのが、ビエンナーレとしてはいいのだろうけれど、地域としてはどうなんだろうって思うところ。 旧伊参小学校 旧伊参小学校にあった作品。なんかぞわぞ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください