中之条ビエンナーレの旅、ラストに訪れたのはもっとも街中にある中之条エリア。いままでだとJR中之条駅と役所があるエリアに作品が集中していたのだけど、今回は新しく地元の小学校や少し離れたエリアにも作品があり展示が充実していた。

中之条エリアでは、JR駅の横にある展示スペースは直前にあった台風の影響で公開が中止になっていたこともあり、中之条役場の近くの方が盛り上がっていた。TSUMUJIに車をとめて旧廣盛酒造の工場跡につくられたエリアに行ってみる。

中之条で新しい展示会場になった古い小学校
木造校舎が味わい深い

今回の展示は身近にある素材をつかって光や風の具合でみえる世界がかわる作品が気になる。伊参にあった「時間を辿る」もそうだし、ここにある作品でも僕には似たような世界観のものがあり、ちょっとした風景だけど現代アートのフィルターを通して世界をみるような感覚がある。

そして、今回のビエンナーレのガイドブックで表紙にもなっていたインスタレーションもここに展示されていて、宮沢賢治の本に出てくるようだと思いながら眺めていた。これはぱっと見はとても美しいけれど、ほかにもあるよなっていわれるとそうかもしれない。

中之条の街中から離れたところに新しく増えた展示会場は、ここもやはり廃校をリノベーションしたものらしく、広々とした校庭がある。天気がよかったこともあり、この場所は最高に気持ちがよかった。校庭から先には吾妻の街並みが一望できて、うしろには里山の風景。この場所はよかったなあ。

中之条ビエンナーレのメイン会場のひとつでもあり、いろいろな作品を一気に見られるのはいいところだと思う。

街中にある学校は地元の博物館になっていた。ここも会場。

Related Post

世界で二番目に美しい地下鉄駅、美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightは必見のアート... 高雄で最大の見どころのひとつであり、必見なのは美麗島駅の光之穹頂 The Dome of Lightだと思う。「Bootsn All」が2011年に"15 of the Most Beautiful Subway Stops in the World(世界でもっとも美しい地下鉄駅トップ15)"の二番...
オスカー・ニーマイヤー展をみてきた... 清澄白河の東京都現代美術館に行って、オスカー・ニーマイヤー展をみてきた。 建築家の回顧展ってどんな風な展示になるんだろうと思っていたのだが、模型があったりインタビュー映像があったりと結構盛りだくさんで面白い内容だった。 とくに、インタビュー映像は貴重なんじゃないだろうか。ニテロイ現代美術...
サイゴン中央郵便局は定番観光コース... 外観 ホーチミン シティは、わりかし観光スポットが多い街で、僕もあれこれまわったこともある。 そのなかで、あまり時間がない今回の旅でどこか厳選して巡るとすればベンタイン市場と、この優雅な建物のサイゴン中央郵便局かなって思う。 ちなみに、中央郵便局の向かい側にはサイゴン大聖堂という...
津南の「出逢い DEAI」をみてきた 2012年の大地の芸術祭でつくられた津南にある「出逢い DEAI」という作品が、限定公開されるというので訪れてみた。古い古民家をリノベーションして、外壁をペイントしたり、なかには流木を用いたオブジェがつくられたりしている。 ここは普段はコミュニティハウスとしても利用されているらしく、人が生活し...
中之条ビエンナーレ2013(伊参編) 世の中では芸術の秋みたいなので、僕は中之条ビエンナーレを観に行ってきた。六合~暮坂~沢渡~四万温泉と移動して、民宿中村屋で一泊。翌朝は伊参エリアからスタート。 ちょっと小雨が降る天候だったのだが、山深い伊参ではそれが幻想的な雰囲気を作っている。朝イチで行ったので、まだあまり人もいない。 ...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください