以前に友人が行っていて軽井沢を一望できる別荘地のなかにあるカフェがすごいというので行ってみることにした。残念ながら2018年11月5日で閉店してしまっているのだけど、記録は残しておくことにします。

軽井沢の街中から林道を通り抜けて、こんな大きな別荘があるのかと驚くようなところを通り過ぎてようやく辿りついたのは標高1,000mを越えた山のなかにあるカフェ。駐車場は10台くらいしか停められないのだが、ぎりぎりなんとか隙間に潜り込むようにとめてお店に入ることができた。

カフェの外観
眺望が素晴らしい
席から軽井沢を一望できる

斜面に対して建っていることもありちょっと不思議な構造。色々とルールがあるのだが、もはや閉店したのでそれもいいかと。いま思えば本来とは違ってきたお店の形態だったんだろうな。とはいえ不思議なのはコンセプト。魔女の見習いがやっているというコンセプトなのだけど、店員さんには魔女感はまったくなくて近所のバイトっす、みたいな感じだった。なんで魔女がコンセプトだったのかはいまでも分からない。

ドリンク、料理ともに対したものはないので、ちょっと冷えた日にあたたかい飲み物を飲みながら絶景を眺めるような感じなのかと思う。ランチに行くと絶望したと思う。

お店のコンセプトは魔女が見習いでやっているという内容。らしい。
ドリンク類は普通、眺望がいいカフェです
紅葉が美しい季節にきてよかった

ただ、本当に景色は圧倒的に美しい。紅葉シーズンのピークに近いタイミングだったこともあり、まさに錦繍という言葉がぴったり来るような風景で、遠くに軽井沢の町を一望できる。紅葉も赤色だけで燃えるような赤から深紅まで様々な重なりがあり、そして黄色も同じくトーンが異なるものが折り重なるように存在している。とにかく気持ちのいい場所で、時間をわすれてゆっくりしたいなと思ってしまう。

山に別荘をもつ人たちの気持ちがわかるような場所だったなあ。なかなか行きづらい場所だったり、フードのサービスがほぼないので、ただの展望台のようになってきていたが、それでもここまできれいな展望台はそうそうなかったと思う。

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください