いつかは来てみたいと思っていた冬の日本海、そして酒田の街にやってきた。池袋から出ている深夜バスに乗れば朝に着くだろうと思って乗ったのだが、ものすごい豪雪で山形道の休憩ポイントで降りたときにびっくりした。夏にはあんなにのどかな風景なのに、こんなにも厳しい気候になるのかと。

そして、酒田の街も一面の銀世界でさらにはバスの到着がなんと2時間近くも遅れてついた。日本のバスでそんなに遅れることってあるのかと驚き、そして信じられないくらい疲れた。もうこのルートのバスには二度と乗りたくない・・と絶望しながらもなんとか終着地点の酒田港まで辿りついた。

冬の海鮮市場とびしま
遅い時間についたので誰もいない。。
刺身定食にありつけたが、夏とは大きな違いはなかった。。

そして、ここで「海鮮どんや とびしま」での朝食を食べることにしたのだが、すでに朝食時間が終わりかけているところをなんとかお願いして食事をさせてもらった感じ。なので、刺身定食くらいしか食べることができなかった。

夏と比べてどのような変化があるのかなって思ったのだが、大きな変化はあまりないかもしれない。というか、夏の方が豊かなんかなあと思いながら遅めの朝食を食べたのだった。

かなり楽しみにしてやってきた冬の酒田旅、しかしながら疲労の出足です。

さかた海鮮市場
住所:山形県酒田市船場町2丁目5-10
時間:7:00-19:00(海鮮どんや とびしま)、8:00-18:00(さかた海鮮市場)
休み:1月1日

Related Post

川龍村の端記茶樓でクレソン飲茶料理をついに食べてきた。... 香港旅の二日目にして旅の最終日は早起きして郊外へと向かう。前回の旅でも訪れた川龍村なのだけど、クレソンの飲茶料理が売り切れていて食べられなかったため、今度こそはと早起きして行ってみた。 地下鉄の始発から終点まで乗る。朝の地下鉄は空いていた。 MTR荃灣線を始発の中環から終点の荃灣まで乗...
阿憨鹹粥の虱目魚肚粥は台南で最高の朝食のひとつ... 台湾でよくみかける魚である「虱目魚」。サバヒーと呼ばれる魚で鯖の仲間かと思ったら全然違うらしい。ミルクフィッシュと呼ばれる白身の魚で熱帯から亜熱帯にかけて生息する魚であるということ。でも、味も大きさも鯖に似ていると思う。 阿憨鹹粥はサバヒーを使ったお粥をだすお店で、地元でも名店のひとつ。ガイド...
山形/庄内への小旅行 週末を利用して、山形でさくらんぼ狩りをして、そのあと庄内への小旅行という旅に出てきた。 今回旅をしてみて感じたのだが、同じ山形県のなかでも内陸の山形と海沿いの庄内は別の文化圏だなと思うくらいに違うところだったので、あえてわけてみている。 つつましやかな山形と、自然の恵みが豊かな庄内という...
お多幸で「関東おでん」と「とうめし」を食べてきた... 冬とはいわずいつでも食べたいのが「おでん」。そうなのです、僕はおでんが好きなのです。口に喋ったときの語感も好き。 東京でのおでんは色々あるけれど、値段も手頃で老舗の安定感ということでいえばお多幸ってことになる。 日本橋の本店は予約を受け付けてくれないけれど、そのかわりに少人数であれば急な...
海鮮どんやとびしま – 旬の味覚をあじわう贅沢な朝食がおすすめ... 鈴政と同様に、酒田における必須の食事処。酒田に来たからには!ここは外せないと思う。 前回のときと同様に、朝イチで行ってみた。今回は、鶴岡からアクセスしたので結構遠かったなあ・・車で30分弱といったところ。車でのアクセスは列車とは異なり、単なる移動というかイオンがあったりドラッグストアがあったり...

Feature

Summary
Review Date
Author Rating
31star1star1stargraygray

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください