2017年の年末に、冬の酒田へ行き、そしてそこから新潟まで日本海側を鉄道で移動する旅をしてきた。東京から酒田までは夜行バスを利用してみたが、僕にとってはいままでの旅の移動でもトップクラスにしんどかった。

まず、バスにトイレがなかったので途中で休憩をするのだが、小さいパーキングエリアにとまるのでトイレが埋まっていて休憩時間に間に合わなさそうになったりする。そして、雪のために到着が3時間近く遅れてしまい、これならば始発の新幹線でくればよかったと思ってしまった。もっと冬の酒田の街歩きをしていればよかった。

深夜バスの旅。雪のパーキングエリア。
雪の酒田
イカ釣り漁船がいた

なんとか酒田港に隣接する「海鮮どんや とびしま」でぎりぎり刺身定食にありつけて朝食を食べる。冬の庄内は地吹雪が吹きあれ大変な旅のスタートだ。その後、山居倉庫まで歩いて行って一度は見たかった雪の山居倉庫の風景を眺める。ここは新緑の頃もいいけれど、静かな雪の風景もまた味わい深いな。

山居倉庫
山居倉庫も雪に覆われている
山居倉庫といえばっていう風景

今回の旅はバスと鉄道での移動なので、お酒が飲めるのがうれしい。ということで山居倉庫に併設されている酒田夢の倶楽で庄内の日本酒を楽しみ、ちょっとほろ酔い気分で「こい勢」へと向かう。こい勢はランチでもディナーと同じくお任せ握りがあるので、迷わずオーダーして昼からお寿司を堪能する。白子とか冬の味覚を味わえて本当に満足だ。今年の冬は早めに寒くなりそして雪が多いらしい。でも、日本海っていうイメージ通りでしょ?って聞かれる。まあ、そうだな。でも、寒い。

酒田夢の倶楽では地元の日本酒があれこれ試飲できる
こい勢で寿司。白子、これは冬ならではなの味覚だよなあ

その後、酒田出発の時間まで時間があるので、オランダせんべいの工場見学をしてせんべい焼き体験をする。醤油味が定番で美味しい。焼きたてもまたいいものだ。酒田駅まで戻って清水製パンでサンドイッチなどを買って「きらきらうえつ」に乗って日本海側を新潟まで鉄道で移動する。夕暮れ時の日本海は幻想的ですらあり、旅をしているなあって思う。海沿いにまで家があって不思議な感じがするな。

酒田駅
そして、きらきらうえつ
やがて列車は日本海沿いを走ります

新潟に到着して、駅前でクラフトビールを飲み夕食は本日二食目の寿司である寿司安にてお任せ握り。冷凍物は使わないというこだわりで、名物のカステラは和食の域を超えている。こい勢と比較してしまうのだが、ここも美味しい寿司店だな。シメには新潟ラーメンを食べて満腹でホテルに戻る。

寿司安
そして、名物の寿司屋のカステラ

宿泊は新潟のホテルオークラ。設備は古いけれど立派なロビーには格式を感じる。でもまあ、駅から遠いのが弱点だよな。翌朝は駅まで30分くらいはかけて歩いて行った。ここから長岡駅まで移動して、ぽんしゅ館で新潟の日本酒を楽しみ、そして駅から少し歩いたところにある小嶋屋にてへぎそばを食べる。へぎそばに関しては十日町の由屋が断トツに美味しくて、あれを知ってしまうと長岡小嶋屋はちょっと物足りないなって思える。

信濃川沿いに建つホテルオークラ新潟
長岡銘品の館 ぽんしゅ館

そんなこんなしていると夕方になり帰宅の時間。長岡から新幹線で東京に戻った。年末のちょっとした小旅行、出だしの夜行バスのしんどさは半端なかったが、なんとかこなしていくことができたなっていう旅だった。

この旅の記録:冬の日本海。寿司を堪能する旅。(2017年12月)

Related Post

伝統の森での滞在 伝統の森の敷地 今回の旅行では、カンボジアまできて食べ歩きしている感がある(否定はしない)。 しかし、シェムリアップ郊外で運営されている伝統の森というところでの滞在は印象深いものだった。 伝統の森に行く手段としてもっとも一般的なのはシェムリアップでトゥクトゥクを手配して向かうとい...
いちはらアート×ミックス2014に行ってきた... 2014年の春に市原で行われていたアートフェスティバルに行ってきた。 比較的行きやすいエリアだったこともあり、期間中に何回か来てみたのだが、春といっても菜の花の季節から、初夏にかけていろいろな色合いのなかでみられたのは面白かった。 桜の季節はその花のすごさに圧倒される 菜の花を...
中之条ビエンナーレ2013の歩き方 芸術の秋ですよ。なにかきれいなものをみてくるかということで、群馬の中之条エリアで2年ごとに開催されている「中之条ビエンナーレ2013」を観てきた。2年前に観に来たときよりも規模が大きくなってきてはいるけれど、それでも他のアートイベントと比べると手作りで地元の人も楽しんでいるような雰囲気で、いいイベン...
小豆島への旅と瀬戸内国際芸術祭2013夏編... 豊島から小豆島の土庄港までフェリーで移動して、はじめての小豆島への上陸。いままで通ってきた島と比べてだいぶ大きな島だなあとう印象。実際、携帯ショップがあったりチェーン店があったりと普通の街という感じだった。 小豆島ではレンタカーを借りて行動することにしていたので、まずはレンタカーの受け取り。今...
伝統の森滞在ふたたび カンボジアで機織りをやっているNGOの組織があって、それが結構面白くて僕も少しだけそこに関わっている。僕自身はたいしたことはしていないのだが・・・。(前回の訪問はこちら) 自家製のレモンと蜂蜜のドリンク 今回はバンテアイスレイから伝統の森までわりと近いこともあり、ランチを食べるがてら立...

Feature

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください